授密歌

   『授密歌』釈義

『授密歌」伝説は唐に李道子が遺伝。4字の八句を指して、心喻空境、言のせいで既存義、入念に毛を無限に、深くて広い。拳道真理ができる、そのなり。

無形無ゾウ、全身透空。自然は物、西山懸磬。

虎吼猿うう、清水純泉。翻江播海に力を尽くして、性立命。

訳文:無形無象

釈義:これは太極拳の境界の修行に反映して、体の上でもイメージが、この像は無兆し、すなわちある動態の形成、全ては逢縁で自然発生、自然消滅、所要時間は使わない時も必要としないかは、自然消滅、しなくてもお知らせ何からから、どこへ行くにも知らないようなイメージではなく木一般不動。

この一句「(対応虎吼猿鳴」。道教は虎、本当に人カンフー体内、陽の気虎吼つまり本当に陽発動;猿、人心猿鳴つまり心の声。心寂で性現は、すなわちひらめきの声にも、ガスと陽生で、いわゆる「心令ガス旗を」。真意生発本当に陽は、セット、自然無形無)ように。

訳文:全体透空

釈義:全身力点退尽くし、望の形のない物や、触れなければ、他人の力を支えて、どこへ行っても、感じることができない障害!もし掌に触れる胸、背中が支えて遠くの感がない限り、出力、甚だしきに至っては頭の中を攻撃しようとして、足もとに無重力は、松の極空極虚の境。

この一句「泉(対応清ハティン」。泉、人体内の唾液を竜は陰精も本当に本当にと陰水、泉清は本当に陰が、川は、人体の脈絡の通路、ハティンで畅则泉清は、体の自然な空。

訳文:自然べき物

釈義:これはきわめて深い境地の曲は能力に伸ばし、例え違う環境にも対応する生活の能力。人に道を尋ねて攻撃、肢体各所と触れ合う部位を生む相応変化自分、随を相手にしなければならない、私は頭を使う必要はない、完全無意中の自然の発生の。

この一句「(対応翻江播海」。江は体内の明後日ひどい、海は先天原始自性、翻江播海は比喩明後日返先天、竜虎交差割別名一体のシーン、別名負の陰と陽者を抱えて、縁はランダム、任運自在だから、自然)べき物!

訳文:西山懸磬

釈義:磬を実物を中空、あたかも人身、撃の声伝六合。たとえ私のせいでノックアウト虚神ほか。修身若虚、修養風土、太極大道自在なり!無形無対象:無は無のイメージ。全透空、無物自然顕空。自然は物、物はここから、西山懸磬に神は九天雲!

この一句を「絶対的立命対応」。性命所属属陰陽に力を尽くして、性の命で自然を立てる。「易》曰:穷理尽性ほど命。か性かは、あさっての意識;性本性で、本性天城、命は命;穷理尽性は以降の処理の日は先天性、いわゆる明心でその性命を見て、自然に立!自然な)法理だけ。

総釈:無形無対象:無は無のイメージ。全透空、無物自然顕空。自然は物、物はここから、西山懸磬に神は九天雲!三豊先師謂:オーバーホールを神気歩行者打ち解けて、それの動きは、太極拳の動、神とガス2ない縁も、この静、太極の静、神とガスも自成型一緻。


  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • 太極拳技撃論
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理