< 18訣』釈義

「十八で訣』は古典理論では太極拳十三勢具体的な体、用の綱領的要約。

   

一、掤両腕で

釈義:掤は体が丸く、勢いで正ほかの意味。稽古掤の意味(全身)ないところはないので、拳経要求:掤永遠に失わないときには、運動で両腕を体現していて、「掤支えなければ手両腕に丸い訣語」の説明。正しい行功を人体内の血気は開通で豊満な。豊満なすなわち旺盛、元気いっぱいに自然に丸い形となって支えの外の意。

二、しごきで手のひらの中には

釈義:ホメオパシーをしごきは、首を長くして、パワーの意味。人にできることのホメオパシー。手のひらは身体のこずえ節、できないので、力を入れてしごく法の体では原則で軽く。手探りは一心に、その気にさせ、パワーはリードの結果。から反証:手にしなやかなはしごく法。

三、混んで横を

釈義:込みは平行運動の意味を含んで、圧迫の意味や混雑の思想をさせるので、横。このを単にで、ここでは主に助横文字の口調。横横暴はは、非に力を入れ、具の意にすぎない。イタリア全土がすべての勢い。

四、押し腰攻

釈義:は身体に行われ、内のガスを瀋んでの意味。腰を股の発展につながる松瀋運動ばかり前、意下に行われており、いずれも名を押す。非を押す前の下やツイ!腰の攻めの意味は、ジェスチャーに法の形成は、腰胯部運動の結果。

五、採で指

釈義:採は所を意を、のような花を摘む葉。使い方は指に触れる肌診断をする相手、同医師の法。意に瀋んで相手の体内では、先方が力を受けて反抗し、私はイタリア取っ手の接着彼方から。は指の通達を体、触覚を使って、家の鍵。

六、挒2腕

釈義:挒ばかりに沿っては意合展の意味。合は、人に沿って、分展は己による。腕は肩腕の別名で、また、腕の骨を運動して、寓意上腕骨挒法の体に効果を使う。

七、肘で曲を

釈義:肘を通曲贯の意味。腕を曲げて肘ひじを形成し、練習は瀋では曲。

八、肩の胸で

釈義:つまり追い詰め依倚でどんな意味。稽古中は体つきが、肩、胸の内を支えた霊から虚位。人が多くて解ではこの義は:肩を叩いて相手の胸はと内妻拳でどこが違うのか。追いまくるは全体の勢いの暗示、抱きしめて虚現実と、依倚は実は接着が意味は、ふところにくっついて意出;つけ具催促の勢いは、陰に陽;催促につけを含む接着意味は、陽の中には陰。

九、進云手で

釈義:体には、拡大で、進は人に迫る。開発は神意抑揚で緻遠、人には手足がしなやかなために合う。云手は手を身に行(形)で、全身が一緻し、表現如意ガス情勢に充満して。しなやかな意で、非、拳の中雲手式!そっと扱うでガス瀋んで、いわゆる轻者上、濁者。拳経も飄々とし、波にドリル、軽瀋下が倒れないが揺れる。進表現で手を身を引きは身を持って手。太極拳行功で、13勢として一つの「退」の字は、回転、イタリアを正す。太極拳は丸い運動から、退して理解できないのは身を簡単にして歩、直線に戻る。形は返品は、実はは内意回転、形成回勢。

十、退回転肱

釈義:(腕)肩落とす腰股、すなわち下方との相性。そして腰股秋と足が合、足元の意向を集めて隠れ、すなわち形成退姿。

11、顧三前十二、待ち望んで七星

釈義:三前は目の前には、手の前に、足前(喻己);星は頭や肩やひじ、ひざ、足、手、股、7カ所が大統領人身の関。顧はや、ことは遠い瞻。体、三年前には自顾。いわば者、つまり神意余光远、兼が三前を顧みる。待ち望んでは人身大略も移す極遠く、本体空虚させることができる、では無私の霊に。

十三は仲が悪い

釈義:安定定は確固たる意思の強さではなく硬い。囲碁のように生きなければいけなく气口定法の鍵は、すなわち「ギャップ」。ギャップは中目地意。『十三勢の歌」がはっきり分かり「命意源腰ギャップ」。腰は人体の真ん中に、接続。腰より法則にコミュニケーションができて、体は血気が通じなくて、心身に栄養をつけないで意味は通じない;内を全部分切れ、勢いにそれぞれ独立を戦にになって、手法を失い、全体計画案配する!腰のギャップの意味は、腰を全体の中目地隙間、そうなるとに奇形じゃない?お前は、正しい行功、人体部位を腰股(前腹サイドバックぐらい股を含むすべての中身)、松田緻柔柔顺に沿って、長く、成虚、虚久生霊---霊すなわち空。霊の意味が空の感じで、だからと呼ばれる風土、実すなわち中空義。古人は「中空道通」といって、杨禹廷先師もはっきりと「腰松腹空、身通出し功」は、このにとって。

14、中が横

釈義:で、自然は無偏り自在の意味。行の功は中が身を立て、だんだん修~身軽く体健、軽虚(神意軽い清に領)、落ち着いて(気力瀋静下落)、中風土(意気貫通)、手の中。当地の横にはは、中の体から伸びやか意。鳥の翼、バランス、横の中で。淺いの意味からも、人の両腕と横に行われており、体の垂直の相互依存。

太極拳は体の中にこそが中心で、身のような秤準、手を補佐するため、手などの秤準両辺の皿。行の功は、まず身体の中には、まず定基準、それが両手の横展開意。いわゆるで後生横だけに活躍で、一体、やっと表現の相互依頼は、兵に常勢なし。

十五、滯在二重

釈義:は通じない鹿不順が悪くない空の意味。二重は有力!力の考えがあれば、すなわち発生の感じ鹿!個人練習に身は鹿、人との衝突は滯在双方。化の法を失わない鹿、情勢、退力すなわち通。

十六、通は単ライト

釈義:通つまり通達、スムーズな意味。二重の原理に基づくは鹿、単軽い自然流暢。単に私が柔らかで一方的に。体は軽い挙動では「剛柔謂人に私の走」の法則。

七、虚を守

釈義:虚はからっぽ、くわえて隠し、集めて存。体が謙虚で勉強を収容できる物で、虚怀て意気、虚体を意味し、虚意は神。とにかくを尽くして全身が内外に空虚な老子の教えし虚極」の意味。応用した時、自分を人に接するのは虚、虚は会いに身を守る意味。

十八、その必衝

そのことに対してウロ守、衝の応用が分かる、主に相手に対して、人を見ると、衝撃は。これも「虚実訣』の中で「ウロ守昔時掌中竅」の意味。実が存在し、中、穏健な意味。行の成功の体は自分を充実させ、用は化実意を虚に、いわゆる「誠は中で顕は外」。余裕中道、自然自在!

2013・ご・27

            

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • 太極拳技撃論
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理