陈鑫太極拳の経典の十三篇白話解(8)

第12編  太極拳纏法精論

原文:太極拳も纏法。進纏纏纏、退、左右、上下纏纏纏、内外に、大きさで、順逆纏、すなわちすなわち巻いたから、つまり進すなわち纏。各各ていない。もし各各非陰陽互いにその根も。

白話訳文:太極拳は運行規則ほど運動。運動の中で進むほども後退に向け、上下伸縮、内外の変換は、大きさの幅、逆方向に沿ってすべての形体も体現にまつわること;応用により導入には、できるほど、取引は纏纏が入って、決して輸入取引には、巻き絡みつくようには、太極陰陽互いにその根の原理。

原文:世間を知らず、皆曰ソフト手で、外とのの様子も、若以神韻論の;取っ組み合うの跡、剛柔を使って、ある中、非久はその道とはできないその遺産チェ、両肩軃の下で、両ひじが瀋み、秀処女なら、誰肆もし虎は山を下りて。

白話訳文:世の人は知らない太極拳陰陽の変化の原理を見て、太極拳はソフト手、これはオーラの表現から気配、なら神韻によると、臨場敵時、剛と柔を一緒に使ってもキッチリ応用が最初ではなく、なければ長い太極拳理に探究者、得ることができないの真意が含まれて。両肩が垂れて、両ひじ瀋下しないよう、静に嫁入りの娘に生人、動作時には猛虎撲食。

原文:手すなわち考量と物としてのお知らせその重さ。ボクシングの道、吾の心の中の匙加減だが、彼の進退緩急、我が素練の臨の精神は、無形のものも、無形のトレードオフ権有形の兆候は、宜軽い宜重で、両手で考え、あるそれ斯れを妙手。

白話訳文:手が秤量物体の分銅(権)と秤竿(衡)ので、彼を探して意。しかし太極拳のカンフー、人は心の中にトレードオフ:相手のための進退の缓急轻重、応用普段私の精神を練習し、指揮肢体ランダムべきで変化し、これは形のない衡器。はかりで計る有形無形の現象で、軽くは重くて、両手を感じ吟味変化に応用して、また同じであるが、本当の拳道好手。

付:太極拳纏口は決して糸法

動けば生陽静生の陰、じっと参照して互いに根、やっぱり知ってリングに趣を転々と勝手に見え無邪気。

白話訳文:人の体は、動きを陽生、不動は陰生ので、お互いに陰陽話題を根本に。太極の妙を全の円の上に、すなわち陰陽相生循環て道理を感じる、感じることができる体の運行の融通がきく、達成することができる話題もできる合は自然法則の自然運行のぞく天機の境界。

陰陽無始また終わらない;往来屈伸する化学;その中のメッセージ本当に透徹する、丸い転勝手に運混沌状態。

白話訳文:陰陽の変化も終わっていないから、拳法を習得するやの屈伸往来も隠れ家天地陰陽造化間万物の神妙機に、いれば見えるのうちのニュースで「キー、気軽なの運用の先天的な自然に元気を自分の心身を。

ひとしきり清聞えて来るのファン、连続閉ざすさけるライスで、かれて三味さっき亮、霊境一面はガラス。

白話訳文:拳法を習得するの認識はしばらくしばらく愚かわかる。これは「天地開闢時活気の自然道、本当の道理は絶えず連続の味が何度も何度も明こそわかる、わかる後にやっと知っていて、虚霊の境界は真実普段は自然の存在。

五言古体

原文:(太極)かない境元。大道天地日月長出産運行を無限に万物、永。太極拳か陰陽がせいせいしてやまない、つまりこの理源。

原文:(成功)端は結蟻誠。成功したいなれば蟻搬送物、七巓八起、

原文:(勉強中)三年園を窺わず。意を得ず意を用いるないことも。

原文:(だけ)一誌神結。人心が散乱して、一誌は神散。神はカンフー易成凝。

原文:(入門)はそれから一時。勉強するなら入門を探し、ときとき師。

原文:(悟後)は宜訪問高明。積体意識がなければならないと友朋相互検証、師弟間格差が大きく、証明できないほど小さな大悟検査。

原文:(形意)/循ルール。形体のルールを守らなければならない気持ち運動は至る所に。

原文:(自己)一線啓霊明。循ルール行功日が経つにつれて、全身が1家の時、自然の勘が出。

原文:(仏理)1階の深い一層。さらにはさらにごとの道理。

原文:(陰陽)幾重にも意無限。陰陽変化ごとに1つのレベルも斬新なものがある。

原文:(体つきまで)開合。身体の動きを開くごとに動的合。

原文:(虚実)渡して開閉相。形体の開閉は気持ちの虚実を支配する。気持ちの開閉は形体の虚実表現。両者の循環に承。

原文:(日)の導入も勝。行功日が経つにつれて、偶然の妙悟十分に引き込まれ厚积薄发、犬が西向きや尾は東。

原文:(始覚)工乗りかかった船。悟見天機心神憧れ。練習しないと、体は自身が決定。

原文:(順序)勤実習に加えて励ます。まめに行を怠ける、猶須鞭。

原文:(だんだん)の日には蒸し蒸し。日が経つにつれて技精カンフー境が深い。(木人案、练習日が経つにつれて、偶然に会う場所景勝の地、順序を勤修、時々鞭撻を励まし、才能に近づく太極本当に境。修行の道その難しいことから、非具の大きい知恵のことを深くその)。

原文:(街道)がいったんバリアフリー。心妙悟日時积久で知って本来:障害はみな心、心は消えない純障害、無形のように、自然の融通がきく。

原文:(機発)といった悟宇宙!妙明さの機に発して無心、無心に自然ことがないことは心静自然体心寂神は、空が空の境をする場合は、私の体の大道自在!

(木人案:いい功至が自然に運行は無兆し、老子大道無為に沿って、目的、仏無所で生への心の要旨と同じ、練習者なら忘れ忘れ物は、難しくない境界に入る。注:括弧の中のは訳者足を付ける、後5字を原文。

第十三篇   心发微やすい伏羲太極図説

原文:この図は伏羲氏についても。世は現れないから、または謂希夷について。は周子亦未の見ても、お前は自作太極図、観任道逊の詩を見たり。诗云:太極で分1サイクロン、両儀四象五行全。先天八卦浑沦具、万物は何嘗出この丸い!また雲:造化根源文字祖、図に太極自然日、当時早見週、費鑽研作正伝。夫は謂八卦浑沦文学祖は、この図を知る伏羲し面非希夷明なり。

白話訳文:太極図は上古先に王伏羲氏描き下ろしだが、世の中には明らかな記載は希夷さん陈抟創絵の。この図周敦颐さえも会ったことがないので、彼は自分が太極図伝世描画。私たちが見て任道逊の首の詩を知ることができる誰が作者。詩は次の通り:ばか鈍い義は太極中から分けて陰陽、それでも回転相生一気に絶えず、依然として一体丸い。その二つの四象五行が集積し、また先天八卦図と相性の浑元無間、世の中の万物の成長も出せないこの丸い範囲。その2:ジュエリは万物の根源造化理数。文字の祖先の伏羲を創造する。彼が描かれた絵を表現した太極大道の自然の天地。もし私は早く見週文王が彼に忠告を無駄にしない時間で演算明後日八卦ました。以上の先天八卦を指摘しました(伏羲に作)と文字の始祖という点は十分に証明する図は、数千年後の陈抟に絵。訳文:その1界者:太極も。中で分けて白黒者:も陰陽。黒は、少し白者、陰中陽も。白は、少し暗い者は、陽の中阴も。陰陽を交互に寄りかかって、話題は、緻密に活発で、醍醐味自然。

白話訳文:この図は外圏は太極。中間は白か黒のは陰陽、黒に分かれ、陰に陽、白の中の黒点は陽の陰。図中の陰陽交相互べき話題に、相互に表現しても詳細は活発で、醍醐味自然に生まれ。

原文:その圏外左方自震一陽調教から乾の三陽、いわゆる起震で暦はあたりまでは、于乾。右は巽一陰調教~坤の三陰、いわば巽で暦カン艮までは、于坤。その間四正四隅で、陰陽の純雑に従った位側は、太極を含む陰陽、陰陽の八卦の妙を含む。アレンジもしない。淺見じゃ近く識者と哉!模写伏羲が出てきて、人間の耳を。

白話訳文:圏外左(下)側の南東から震位まで順行真南乾位、中間を東方は位や東北位、右(上)方から南西巽位まで順行真北坤位、中間を西洋カン位や北西艮位。この中間四正(東西南北)4隅(南東、西南、東北、西北)によって、陰陽の変化に従って、方向定位の自然の中に、即ち、太極拳、陰陽を含んで、陰陽の中に含まれる八卦の妙機は、わざと手配の必要がない。この中の玄妙だけは口耳の学の人を知ることができるの!伏羲が自然の法則は、このパターンを表現し、教化百姓。

原文:予算について究観この図は、陰陽の御浑沦にほかならない太極でも離れないように太極者、本先天の易も。

白話訳文私はかつて(作者)研究この図、思うそれの陰陽抱き合って分、分で合、本当に浑元一体も隙を狙って、しかもその変化は太極犬が西向きや尾は東、変化の形体は離れない太極の本来--つまり伏羲先天の易経。

原文:観周子太極図は、陰陽が著しく、蓋の太極の所を、非太極の隣る者、あさっての易も実。

白話訳文再見:周敦颐の太極図で、陰陽の区別は明らかに、彼が語るのは太極のとしてではなく、太極に寄りかかっての大道の原理を造り、文王明後日発明の易か。

原文しかし明後日の理を含む先天ので、明後日から発明先天の妙。明には道の浑沦は、先天で日弗違、太極体立も、明な道の著しいは、明後日で奉天時、太極で行り!

白話訳文:しかし先天が含まれてあさって明後日の道理を説明することができます先天の玄妙な道理をわかることができる;大道浑元が自然に沿って、先天ごく自然で、太極の本体を生みました。わかる通りから変化の道理、あさってが奉天に時の生発ツイラーに太極の体で運行を始めた。

原文:使徒諸画象遊び、相談諸空玄、週りの意をXi作図荒!だから周子诗云:兀坐書房万機連休、日暖风和靑幽;誰が道を二十年遠いこと、今目だけで頭。

白話訳文:ただ観賞図鑑、空論玄义は、伏羲、周敦颐制作図文の真意は決して知っている。だから周敦颐ある詩は言います:一人で座って書斎に、すべてのものにもない自分の興味は、温風長閑、草エロ幽も、私を軽減できない憂鬱を思い出し、二十年前と論じる人研究太極の大道義か、今殘りの望みがない目ました。

原文:まさか孔子が論太極者の主旨:容がある外にはその間哉?黙して其妙意識は、文明的か、指要方も。

白話訳文:これと孔子論説太極大道髪の先師の奥旨と大道収容万有を見なければ死刑ばかりだが、実行はすべて道外物。これらの道理を玄妙では一人でいる時黙々としか考え、理解だけを期待。

    

先賢遺訓が言葉にならない繁の言葉。その意がある。第一に、大切な話がいくらあっても足りない(繁)、二は重要な話が多くても嫌。しかし事実は:先生は授業道理の更に多くもない嫌(迷惑)繁(くどい)、学生がまた聞いても嫌。ももちろんあることが大切な言葉は、煩雑な繰り返し。

陈鑫诗曰:……振り向いたら怠け者には先覚者といえば、未未入力といえば、私の心の中で、私の心を反覚多い悩み、毎日毎日を忘れて、心はいつ暁……

唯願い修習太極拳者、カンフーといけない、しかも気にしてないのに、いけない裏切られた賢者の技術を伝授する案内の心!

 

 

 

 

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • 太極拳技撃論
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理