陈鑫太極拳の理論の経典の十三篇白話解(7)

第十編   限界     付:歩いて要决争い

限界

原文とは:凡分茅胙土:限界の官分職や、話題は黙語、みんなそれぞれに限界がある、1分を越す一失言要するに界界という人、干渉なり。万事にこんな状況拳!

白話訳文:何が限界?は凡是の国の土地の境、役人の職務配分や、人の言葉はしぐさもそれぞれの限界、挙動組を過ぎて、ミスや言語は自分の界と、他人は他人と関係に影響した。世の中には事はすべてのように、まして拳法?

原文「人の行歩、できるだけ、十分開い二尺5寸、この無理を、非も天然。天然に行が尺2寸歩、約。上体の手と下半身の足趾斉、このつまりは限界。

白話訳文例:人の練習の時や日常の中の進むを二尺5寸、でも、これは無理してたのがない、勝手な連続は、生まれつきの自然なやり方。自然の作り方:勝手に進む、約1尺2寸マダム。手を伸ばしと指の斉、これは手首の限界。

原文:約腕だけ展四、五分、内精半分だけで、脚だけ開いて尺余り、それは身の上に上下左右、循環サイクル全部如意。動かないように越界カバー、将兵本イン;山川地理人情風俗、いちいちた亮は心から、攻撃退守綽が余地。他人に入る界で、至る所によりを防護して、少しは密、すなわち萌え失敗のマシンは、これからも思不出其位君子。

白話訳文:大まかに言えば:腕展開だけは半分、中身の精意も半分だけで、足を開いて1尺も時だけ、ということで、全身を上下左右にも、どこかへ運行、丸い転障害がない、気に入らないところがない。運動をしないから逸脱して自分の境界で、たとえば将兵本国内戦争して、すべての地形人情も明らかに胸(知にカンフー)だから、何か防攻めにあっても、转环の余地がない。他人の境界内に入れば、至る所に気をつけて気になって、少し察しないで、失败の兆しが芽生え、これは聖人教先意思:人徳端正な人の演技は出ないと自分の範囲を超えない位置、すなわち本位。

原文:もともとボクシング保身の計。だからボクシングの時、例えば敵に上達しない。しかしまた恐啓人は争いの心から、前半セットの言うそのルールは、無言で、~後半~して初めて痛快言のセットを、その用の法、然第分かるのは、軽くて!例えばれませんが、命を保つ計画、でも。

白話訳文:拳法を習得するはもともとし体で防衛のため、自分の練習の時、もし相手に、進歩が急速にもおそらく自分が誘発争强アグレッシブな意識して、そこで前半の運動の中で、多くのこだわり法理のルールは、後半から武術を示すで話し、体の方法は、漸次知っていることで、しかも簡単試験!はは、やむを得ない場合は保身護命こそ、応用。

原文:これは人を約拳は勢い、素手で敵を空輸して、非がその前後左右にも。自分で工夫して、何度より良い。根固て枝葉栄、况卫生命の道は、これがうまい。

白話訳文:ほぼこの拳は素手で何気なく運動勢子ではなく、本当に敵は全身で相伴4。自分拳势何度练習、多ければ多いほど、いわゆる下手な鉄砲も数打てばあたる、大樹の根が深いように注ぎ、枝葉自然繁栄、まして養生護命の方法は太極拳の良い!

原文まず:学者が難しくても。彼は獲負け碁の打ちよさできない時は、毛髪を効の念に分け、吾意を得ず意を用いるの功。針は渡、学者勉哉。

白話訳文:勉強する人にもかかわらず工夫での练習に至っては、どんな種類の場所に達することがどんな種類の境界は、くれぐれも保有の期待効果も考えて、甚だしきに至っては分散した意を得ず意を用いるのカンフー。私は言うのは劫難の針を過ごすことを学んで、拳の人は勤勉向上ですね!

付:争い歩くコツ

原文:二人分、それぞれの負けん気の心。お互い押し合いを非常に九厘地位だけ余一厘と、勝負全その厘地位。彼が先に占めて、私は失败して、私は先に占めて、彼も失敗。カバー力を得ない勢いを得て、全係はここに、この2人俱到追い詰められても。

白話訳文二人が対陣取っ組み合う中、それぞれを抱いて勝利の思想。お互い相手押し合いを十分に移行主客ところ厘の境界の時、勝負はこの厘の地位。相手がこの厘位置、私は失败して、私はもし占めて、敵敗。勢いを得るためかどうかは、地位を占めるかどうか。それはお互いが詰まり所を得て、この地に自然に勝利を得た。

原文:此际者が、このようなのか?曰:まず上流によると。上流によると聞いてどうですか?頂精領略と気力へ、手で相手の上に、体をやや前に迫る勢いを得ない侵略の彼方、力が高い迅発、機貴神速、遅れは失敗して、迅速にすぐに勢いを得て、勢いは手の前破竹難しくないと。

白話訳文このときどうするべきですか?答えは:必ず優位。どうすればこの場合の優勢ですか?も精神的領から体内の気力、手にしない力が少し上に少し、少し高くては相手にさせる。体の上下一緻少し前の侵略に追い込む。敵は勢いを得ることができないさせる。この作り方は神速疾走、心を一緒に、体が動いて、少し遅れは相手の機会、私ならば速やかに勢いを得て、力を得た後でさえあれば手を前送って、相手はきっとついでにから落ちて。

原文:もし二人主演に、棋局に殘り、勝負はその一歩。またゲームは惟高才捷足者を先にの。また両国の兵を、まず輜重兵糧を奪って、この全てに游盬によると脳の法も。

白話訳文:このような二人を、寄せた時、勝負は一歩の間。またたとえば餌を求めて、ただ技高足が早い人が先に得。またたとえば両国挙兵する戦争して、先に奪っ側の兵器の食糧、これらはすべて優位獲得情勢の方法。

原文:だから普段ボクシング、全一緒に回す。いわゆる勢いを得て脈で争い、とてつもなく保税。

白話訳文:だからふだん练習拳法、練習はから一転、勢いを得たいと機を来意をの源流真意。奇襲で勝ちを制することができるので、私は気分転換転換細かい動きの無跡形。

原文:本勢を手の時に、必ず手をどう承上へ勢、令で掻き血を受けて、つまり必思:手なかなか機に勢いを得て、脈実機勢、保税自然さ。そう、いつの日か人と取っ組み合うが体まず不敗の地に立ち、指揮如意。来脈保税、顾可突然ある哉!

白話訳文:もしこの勢い手起きての時間と、必ず手にどう受け止めて勢いの意味はならない2勢の間で掻き血のつながりと相承、受け止めなければならないと意味に勢い後どう運動得る機勢。来意をして勢いを得、機、肝心の転換が自然且つ柔軟。このように動かす练習ごとにして、これからは人と取っ組み合う時、まず失敗することは、地位、指揮敵にもピッタリ如意。したがって、次の一から力を得た後来意を肝心な所の転換は、無視することはできない。

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • 太極拳技撃論
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理