陈鑫太極拳の経典の十三篇(6)。

第十編太極拳で話す

原文:五行生グラムに無いときはさもなくば。もし二人で取っ組み合う敵柔来者属曇りに陽グラムの水;属に火のグラムのこの当然の理勢も、人は易者も。独ほど拳はない、運用純経に寓権権离经ない、何言殆ど爾?彼は柔柔精を張りは、まず私にどのようにして、そして私にクリックして、私はちょうど私の真ん中には、その謀、愚は何も。

白話訳文:金木水火土の五行の相生相克、どこにでもあると、いつでも。例えば二人分、敵の攻撃を軽く技法、所属の陰、私は剛猛属陽の技法を抑えて、彼は;攻勢属、私で火の情勢は克制属。これはすべてのこと犬が西向きや尾は東、人々も分かりやすい。太極拳はありませんが、臨場運用は通常の中ではかる機が。何の意味ですか相手は柔らかきを私はどうでしょう、私の場合はトレードオフ機が見えて、すなわち、剛柔に落ちる罠が、非常に愚かなこと。

原文:問どのように応答。彼は柔法私を聞いて、私は聞いて柔らかい法の彼方。拳に各界、彼方に引いて私だけ~私界ながらにできない。には精彩を欠く。例えば曰:水に入らずして向う岸に達せし例なしは、持ち前の大勇者論の、非は常人説も。大勇は、また、危険を冒す。

白話訳文:どのように応答を柔相相手のようですか?人は柔進は肌に触れるに細く聞いて私気持ち肢体の反応も、私にこんなやり方彼の来意を変化。敵味方の間に各境界、彼方引いて私、私はただ私界ながらもう向こうに行きに従って、必ず精彩を欠く。ある人は言います:水に入らずして向う岸に達せし例なしは、エンデバー。入虎巢に書いて、どうして虎さながらの子は、相対的に天賦勇猛者というのは、非常に人の行事の理法。まして即ち、超人的な勇気の人も足を踏み入れる急進危険だと思って、不足を師法。

原文:質問をどう処理しますか?例えば彼進むよう吾い吾界、すなわちが剛は彼が私を剛柔怖がらないで、私はむしろ者としても、私は柔グラムの。途中で生この変態。私は柔道の導入を掉者の。

白話訳文:それをどう扱うか?もし向こうが前に出ないよう私私の境界を剛柔向こうが変わった、彼の心の中のを恐れるべきは、カンフーより私が、私は彼を柔克制。途中で変化があるならば、私は依然として柔意を聞いて彼を引き付き進、先方が意味があるのが、私の勢いが意進撃。

原文:もし私から私は彼を引く界は、時には宜のぞく相手の機伊勢視彼方の色が、向こうの迫力度、例えば乗ずるすきがある、吾は柔者が突然で剛撃の、このの謂は剛グラムの柔らかいは火のグラムの水。もし向こう途中で変わらないその柔、境に際して強いをスタンドも、宜撃の。

白話訳文:もし相手が取引前を向いて己は私の境界が、丁度敵機が観察、彼のイメージを見て勢いで、裏地度小松さんの迫力、眠りのようです私はすぐ有機勢で剛柔攻撃が、これは前に述べた剛グラムの柔らかい、火のグラムの水の法理。もし彼は途中で変動はないが、敵味方の境目を支えるしか作っても、適切な攻撃。

原文:もし彼を引いてまで私に界、乗ずる隙がない、彼方の柔精事項は、強敵も、相手にもない、との対峙。吾が見退守吾ポータル。まず時私は柔進の者を聞いて、これでは柔道の吾聞いて、だんだんに転じて退は、取引の柔道を進。彼には智者もないなら、彼は私によって取引を早急に入れば。野暮な勘違いしながら、軽々しくまたは柔来たり、途中で柔が来て。私は少し底がその手を引いて入っての、しかもせざるを得ないまでに勢いを得てない時、相手の力を尽くしたり、相手の智穷なり、向こうの活力をもっと迫促なり。私は時の柔者がちょうど突然で、すなわちグラムまでは費の回転の才。

白話訳文:もし彼に私を敵味方の境界まで引いて、私は乗り機勢は、彼の柔意とからのように、その説明は敵が強く、本当の相手に、彼と対峙しない。私は戻し、門番世帯主。から私に敵を思い出させ、柔前聞いて敵の変化を意味して、このまま守に持つ柔らかい、ゆっくり回し戻しながら、柔力を引いて敵。彼は聡明にないなら私に従った通、もし私によってイチビキと私は恐れが後退し、すぐにフォローアップ。とばかりに柔らかく軽いで、途中で急に変化剛猛疾速に攻め込ま。この時に私は少しだけ自分のサインをやや低下を下回って、相手のサインを、ゆっくりと僕の境界内の敵、さらに彼いつの間にかの中で前に進むため、ずっと精彩を欠く後やっと誤りを発見し、この時間に彼の力力には伊勢行、再生できない変化、安全戻りの活力が薄く、私はすぐ急柔成刚いくら力、苦労せず、強い意の回転は勝ちを制する。

原文:じゃ孤军深入勝ちに知らない;しかしこのとき、悔之不及、進進進もない、負けない、退退、退も敗。すぐにも下がらないへ敗。例えば士卒を疲弊、輜重の空、惟手をつかねる受け縛、降服しだけであれ、辦法を哉。撃人の妙は、この、このの謂柔をもって剛を制すは火のグラムの水は、五行生グラムの道でも。

白話訳文相手:当時はまさか知らない孤军深入危険?ただその時すでに悔いきれない。当時の情勢は:進も恐れ進進んだからは失敗退退勇気もないので、後退も失敗に下がらない;たとえまだ败。たとえば兵士は戦場で急に失ったすべての兵器雑物、強敵环伺情勢の下で、はごにかかれる鳥だけ、何が出来るんだろう?太極拳勝の味、ここだけは、これは柔をもって剛を制すや火のグラムの水は依然として五行相生相克の常道。

原文:日一生水、水の陰門に陽、外柔で内剛属腎。そのようにで、例えば水の波をめぐるないで先に尚其力流れ、その智也。第二の火の火のほかに陰陽剛柔で、外で人の所属心。水火形で無質。日2生木に四生金は、形が品質、日5未熟土。

白話訳文:『ジュエリ」を押して、日に二、自然の数も……日数一生水。水性外で顕柔和を含め具男前、人身属腎。人は運柔力を、即如と水の回転を流して、先に逞勇力、知恵を発揮し。生成火に2に数えられ、かんしゃく外で顕男前、を含む具陽柔、人身属心。水火もない形で実質的な。三世の木と日数に数四生金は、みな形が質の。日数五未熟土。

原文水火勢均者:一寸法師の背比べ、言葉は勝水者で、火の多くは、水の者の言葉の耳。彼は柔進、突然変わって剛者は、水の生の木も。木の陽の質も、すなわち水中の陽性、水と木本は文字列が最も容易なので、剛柔、その形と質の陽にも属。言葉に火のグラムの水、水エネルギーを未熟土土が生で、金、火のほか明に暗く、陰性も。金の陰からの質も。木は人が肝臓に属する人、金で所属肺。天下にグラム木者惟金、金と火陰類も全て。言葉はちょうどグラムの柔らかい者:はは火のグラムの水でも、金克木。

白話訳文:水均力というのは伊勢平、火のグラムの水を上回って、火は水にとっての。もとは柔力相手になって、突然剛剛は、水生の木。木は陽の質、水は中原は陽性で、されている栄養生成質。水と木本来一体やすいので、変化、つまりが剛柔ので、どんな形、質も所属陽。前を克制水と火。未熟土土から火が、また生金;火は内暗い外明、所属陰性、金は水陰生成の質、木が人体の中で所属肝、金属肺、だから火グラムの水は、実際に火陰生成の陰質克制水生成の質は金克木陰陽、剛グラムの柔らかい。

原文:は、外見の者の言葉の。かんしゃくが激しく、ゴールド?硬く、かんしゃくを一緒に、脾気が動いても。怒りを発散は外に、音の可聴、金のも。性質が動けば私の肝臓と腎臓のすべての動きとともに。

白話訳文もう外からは、かんしゃくが激しく、成就のゴールド?硬い。心にかんしゃくを一緒に、脾気は発動、満腔の怒りを吐き、声を聞く、それは金の意味。性質がじっと、肝や腎も次に斉動。

原文曰:ははちょうどグラムの柔らかい、その元は柔をもって剛を制す。蓋彼方先に柔そしてちょうど、私はちょうど柔らかい中に寓、内から柔軟故グラムの文明。

白話訳文「剛柔を克制し、その人を克制剛柔。相手はまず剛柔後、私は柔中の剛性を備え、中も外も柔順文明、相手に抑えきれない私、私を相手に変化する。

原文:もし彼が先に来たばかりで、眠りやすいのは制は、易何言之?もし私は人を、その勢いは非常に猛は、私との硬顶肱と身を一歩一歩顺と身を外して、一歩手に相手の面、相手の言うこと、彼の鋭気、直突進にもかかわらず、ぐらいで、向こうの力の前に空しく回転ぐらいで、非常に容易ではないが、私は打つのに寄りかかって、私の顺力、撃彼方の横で無力、易には容易ではない。吾剛柔難しい易克故曰:グラム。

白話訳文:相手は猛進撃を克制しやすい、彼はまたいくつか、どうしてですか?もし人を私は勢いが激しく、腕や体を一歩も松に沿って。手足が相手の中に落ち、ためた勢いの出しゃばる。この時1株を相手に執着してもかまわないぐらい、直突進、そこで彼はふと左右回りは大変;私の中でから攻撃順直彼の横直破れやすく、容易ではないだろうか。だから私は言う:剛柔を克制しやすいことは難しい。

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • 太極拳技撃論
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理