太極拳の丸い

言って丸い
太極拳の運動の法則では丸いし。円は宇宙間万物の運行の根本的な法則を象徴する無始無終の週期運動。すべて世万法、物質、システム、エネルギー乞食の喧嘩のラウンドで循環。私の国、すなわち陰陽の学説がせいせいしてやまない。
円は無限円満な性質!
依変化義:は大きくも小さく、には無限の伸縮性。いわゆるその大無の外に、森羅万象は神、その小さい無内には、心とチベット万法。依拡張義:は円が側には無限の包容性。いわゆる心嚢天、天人合一の体をねらって。量周沙界、を一生万法の本。依現前義:はは無限の状況に柔軟に応じる、和合性。いわゆる舍己从人、体万法空的無為本;中正安舒は明縁の自在を本頭がいい。
円のイメージは自然哲学。円の中から、心の心、心のほかの丸い心のハート。気持ちは無を生み、生で成圆、円は週全的に、なんでもある何、これも仏説の真如本性本来不生不灭からは機を従って見え生滅無常相。
丸い特性させる動きまわるようになり、天地虚空、日月昇降、無始無終。しかしまたランダムが回転して、だからひずみ無限。一つの団子はいつもの場所へ。見て卓球をして、ボールの回転角度は意外にもまた、情理にかなっている。いわゆる霊に生き、円を回転して、たとえは拳法は、柔軟に転じてない丸い鹿。
古人は言います:無極者:円も上下内外ごろ、この丸いも離れない;太極者:側も内外上下左右に、こなたも離れない!出入りを丸く、進退を側。
混沌に太極から、本無形声、自然と虚空になって、丸くて、太極拳、万物の兆端、と万法を連れて、自然は側。動く生太極、静帰無極、入れ違う、必ず助力するで、だから出入りは丸い、進退を側は、発展の形、必ず、正直な神舒之意。自然体丸い半径を知れ万物化生の本。
  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • 太極拳技撃論
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理