何は陰陽?

 
太極拳についての陰陽(手ほどき)
中国の文化に基づいて、陰陽の常説。
「易》曰:易太極は生、両儀。これは今までの一番早い文献に文明の太極の学説。
何は陰陽ですか?
張三豊「大道論」にはっきりしている:……夫の道とは、天地統生、生人、生物で名が含まれ、陰陽、動静の数、具造化玄マイクロの理……無極は陰の静、太極を陽動、陰と陽の謂道1。
中国の昔の聖人賢者は:万事万物は世間では対立てるのと呼ばれる、陰陽。指事、物の二面性は、いわゆる:孤陰は長くありませんて、孤陽は生。世の中には存在しないの陰陽の事と物!例えば剛と柔、静と動、陰と暗、虚と実、暑さに、内と外、消と長、増田と半減など。とき2種類あるいは2件の事の発生時の決着につながって、陰陽、例えば:天阳陰に陽月、日陰、火、水陰陽陽オマンコ男、昼、夜は陽を陰。それらは対立したのも、互いの。は対立、ね、陰陽また転化消長の特性。消長の転化可能性も呼ばれ陰陽互根(互いにその本)、陰陽陽生だけは、静は陰生。陰陽人体は大体こんな区分:
部位から言って、外の所属陽、例えば毛皮、を含む所属陰、例えば骨肉。身前所属の陰で、後ろに所属陽。上体を所属属陰陽、下半身。血所属属陽陰、ガス。五臓属の陰、六腑属陽。それは陽能動態のため。運動から形式上の話では、外にストレッチを陽、内側に収束を陰。
陰陽人体内バランス調和状態にして、もし不均衡が病原。例えば:頭属陽、人体内なら盛陽鬼気、必然的に被せ頭による熱疾;また腹属の陰、陰盛于阳なら、必ず鹿は下は胃腸による冷え性の痛み。
外からの陽の息の特性を発散しやすいので、人体内の消耗は陰に陽。万物の成長で太陽!人の生存は主として陽と陰精(精、血、津、液)のバランスを維持する。そして生発の陽は須ベースの精密な血を補うと思っの充。陰精から飲食の中で獲得しなければならないから、陽は心より生発!
強い則寿陽陽衰は、うわぎ!
は、先賢指摘:太古の人、その知っている者は、法には陰陽、とは手術数。食が節、寝起きがよくないし、みだりに労ので、神様とともに形で、できるだけ天寿を全うする。
太極拳は昔の聖人賢者から天地万物の原理化生、確立調和人身陰陽血気の正道。自然に向かっての運動形態を通じて、人体内の潜在能力を十分に引き出しを達成するための自己に身修殘補欠の効果。

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • 太極拳技撃論
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理