「陰陽訣』釈義

2013-04-22 09:36

「陰陽訣』釈義

・陰陽訣』釈義

一太極陰陽少人修、呑吐開閉問剛柔。

いち、少なく人修の意味がこのように理解して:

使わないで人の自己意識して。人の思想から行為とも自然法則と裏腹に、すべての人々の非、人のすべての行為は一心にきざ言葉から。死んだ人は、心方生悟道。だから道家カンフー入門、「心の死」を「神活」、この神は人の本命元神、非は明後日識神。仏教にも似て教え方:を念死、許君法身活。念すなわち識神、すなわち真如法身本性で、本命は元辰。

に、呑吐者:ガスも。開閉者:勢も。剛柔者:境も。この言葉の意味は:剛柔の境に入りたいなら、息の運行、情勢の開閉にカンフー。つまり、陰陽の調和の境地で表現することが可能、剛柔。剛柔つまりは人が勝手に緩急からも、急を剛、緩を柔のため。

二正隅田放任君歩いて、話題は何か心配変化しなければならない。

さんは、まさに側、寛大な自然が丸い。だから、直線に太極拳法が要綱。孟子曰く:我が善飼って吾が浩然の気。浩然の気すなわちで正平直充プラグ天地の間に、至大至刚、~と至柔。どうかしら。直爾!

隅田は角、方さんもこれによって、気前が良くて。純を四正則あまり剛、したがって、4隅輔の、割八方。八方は天地の割数。これからも天地は太極の道理。そして人の一生滅体の方は、日法、から「小太極」。だから道家カンフーとも呼ばれ长生久视の道は、切れ生滅の義。

放:は意気の流行。くん者:統率意気の神様も!この文の意味を理解させることができるように、意気流行では神は鹿、自然万側の功。

ご動者、心。静者、神。変化のランダム応用者、心神。この句と上句合参、即ち:もし神は万物(側)、自然にできる変化もない、話題は始。変化は自然との合、いわれなく、気配はないの意味。静かに動かない自然、停止、自は始まりも終わらない。独立も割と、後ろから論点解:何須愁者:ないで人の思考を憶測自然法則!だけを体得——体で体得し、感知できる。だから老子先曰:民(心身)によってはいけないの、を知っているのは。知らぬは不思、不思は無為に近い。知多ピル障害!私を放棄して、私は執会って、象日法に、実踐、自然は明、変化の微妙な話題。

三世のグラムの2法で生き進だけにつれて、動いて中を求めて。

生は相生相克、グラムは。(また、生者生も、グラム者消えても。これは万法は生滅法、使用できない執。用で執は、縁があれば自然との不思議な効用で執の本心は強情で、、との対立。対立は行き違いガス)なり!二法の意味で、もしで執は通常、執を二、2元の対立は無為に全部の自然なことをした。だから次をつれてで!ている者:ダウンの情勢。つれないで、つまり把握できない今、自然失の自然!

ろく、閃は念に入ってからは、同情するの法。読む本は心で、だから心を読む。念からは身がすなわち顕、言った心身のように。動に求者:運動生万法のため爾。押し陰陽がせいせいしてやまない、言った:動生陽、静生陰。話題は動くが、体にないだけだ。けど、静は体に(よう祈念して)、動では運、静までですか?私たちが見て太極図の陰陽鱼状、一見2つ、実は一体;その運行ルート、方向一見二分と一緻。話題から表現は陰陽の象法も!これは陰陽の原始法理、ここの動きはもっぱらこのないので、元気(元阳のガス)は生命の根本は、その性本固。人の心はすべて具「趣のほかの逸脱」の消耗の本性なり、人の陽の息の不足、不足は人体陰陽失調、必ず疾。だから古人先曰:強い則寿陽陽は、できるだけうわぎ!つまり、人の生命の活力の強弱、完全に依存して元阳の息の充足度、この元阳の気、つまりは先天ひどいは生来、死とともに行った。武術の話では「内の練習を一気に」、つまり、ある1種の方法を通じてこの元気を得るためになる。明らかに、この理に基づいて動く生:もう陽の自然本性、理解できる「動に求」の本当の本義!

4重さ虚実どは、重さに少し殘して現軽いなかれ。

ななしち、ライトは心のガス、重は意の根、いわゆる度量が軽く、イタリア根重くする。

虚は、を含む万法の気心が隠し、実とは体現できる万法の気か。ガスかは本当に、心性なら空虚なので、虚実は存在してる。虚実を具体的に太極拳の修行で、主に体の重心や重さと両足の関係。ロードのない虚、ロードのを実。本当なら気に足を瀋め、いわゆる臍に力を入れる必要意向は;虚足に領領頂ばかりでは、いわゆる虚!「どうして」はどうやって軽重と把握虚実な関係だった。

はち、とりあえず「重裏現軽い」、意賭けである足根は、ある足は本当で、実即ち、「執念」の本を軽く分担その重来なければならない!だから意気に領から頂意を虚。重に現ライトは自然の腕前が重くて必ず軽く、無ライトもない成形!要は「なかれ少し留」の三字。言うことができて、この言葉を挙げた訣語は陰陽の十二の属性(呑吐、開閉、剛柔、正の隅、放、話題、変化、生グラム、閃進、重さ、虚実、二法)は違う方面からのために十分な説明を陰陽の本性を持ち、私人として自己を捨てて自然と合わさる機縁に、この機にのポイントは「少し殘ってことなかれ」。

字義から分かることができないでしばらく滯在が!万法がなければならない、さもなくば名を修理できない;しかし旨(停止)、つまり止止執義!執すなわち鹿!即死義鹿!

金庸曾著『飛狐外伝』で言1人が「陰陽訣』、『乱環訣』で害さ師害兄、は小説家の言葉が、文武とこれに見える法の珍、現代人は既に読めば宝を惜しむ!

癸巳・三月五日の朝

この訣語も修学の次第を明示しました:太極陰陽はヒント大綱は、勉強の方向明示した知的、陰陽。殘りの出し入れ、開閉、剛柔などは陰陽の表示は、自らの存在を証明するためには陰陽同体、行為はそれと無じっと非陰陽だけ。

呑吐、開閉と剛柔、つまりは私たちを教えてまず調和の息と体、才能に入門――剛柔の扉が見えて、太極の境。

まず修養は剛、大、体が隅田八方の円満で明話題、変化の由来は、さらに体自然生滅(生グラム)の道は、具体的に考えなければならないまでの生滅(閃進)。

最後に貫く全体以上(軽重虚実)、明瞭万法は執着万法(なかれ少し殘って)こそ、道家無為の一体全部円満に!

   

    

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • 太極拳技撃論
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理