視線の問題

論眼差しと視線

古書載:眼は心の苗。

心で視物だのが运神、応用目で、だから目つき。目の過程と運動所の視線。

目は人の神、勝手にの——実は:わざとあるいは無意向どこかで眺める、すなわち視線。視線の先々で、普通の人は心に止、依や住所。

どこかには止めたいのでどこかが食品、眠りのようですどこか景色いいな、それはそれで注目を集め、心得相応のストレッチ、つまりは住。もし戻って殘る、長くこのは依ました。実は、景色もいいが、また天地の偶然のようにになって、これは明らかに雲煙、共同で。もし執境界の美に住んでいて、相には、本とは何かを忘却し――視線から外に存で飼って!古贤伝:アームチェアは物のほか、すなわちを耳の妙法。

さすがに思いをはせるは物の外。見えない物と物としてではなく、自在で物を胸に。胸には物が、無執着して、自然に空っぽ。

つまり:私はこの世界と器万物同体、すなわち、万物はつまり私は執何寻、何ですか?この「私」の者は、私の元神本性、私の肉体皮袋。私はもともと神者:心性流行は眼根(後の日ならそれぞれ知識見えてすべての世界、は言った“賊」もしくは「心眼の賊」)。これ根性視物は平等に見て、諸ない別れ。万法では生のような不動、真空妙あり縁行、無所から観観、見られない物で、自在物以外。そこでに始て本当に本当にものの自在、勝手に。

わかるよこのすべて道理、自然にわかる視線がなければならないほどにいよいよ遠く遠くて、しかも、空虚無限で、無限に遠ざかる。遠ざかるとは何か?虚空を見本体。見見えない見えないように、も遠観。万物を見て眼下には、目に見えない(実ができない)物。古が冗談を話す人は誇張して、という「上唇の日で、唇に」。もし私の心、視線がこんな、すなわち満宇宙唯私この神、ときには清浄の憲法!

拳道皆本自然法則、故拳法の法は、必ず離人の意識が俗っぽくて、始合を尽くす無限の天機!

唐手の形、実本は拳学思想、無思想は無形(この思想と称されて今意)!私の人は日常生活の中の一挙一動、皆本思想。この食事、すなわち生料理の形;もしこいしたい(用便)、すなわち生便所へ行くの動。だから先賢諭吉はイデオロギー。つまり意識形態決定。拳法ルーティン必完全な思想活動、つまり心法。離心法が、肢体自主アクションがなく、すでに先天運動の機。効果はない、最終的に見えない本性。故に無大用!今の風俗を押し、名もない内家拳。

今拳家多い無免許を心法がない最初の腕前整っていて、そして益は力を輔技巧、巧割も御敵、惜しむ流入低下の世法。

ボクシングの法皆本自然而立ので、検証心法が正しいかどうかだけを見て、そのと自然の法則に沿っているか、違反者には非。

古来聖賢のない自分の道(自慢を道)、故なく聖賢自慢者!

道の物、形容しがたい、聖増える、凡そ衰えない、人々は具足。然俗人愚かで、無明障深いなく自性ではなく、覚悟を追いかけ、六賊ので、会わないで6本の大!

「仏大身、すなわち非大身、名大身。はと虚空になって、だから大きく、虚空無身、故非(その大無以外に、その小さな無内にも、この意);遍虚空尽くし法界からは大!」

胡兄、昨夜の視線について言及問題は次のように細かく追究する:

(拳法を習得する行功中)私は視線の要求を遠くして冷たい。

一、先談の何で見る。人は目佛言視物としては、賊は明後日とそれぞれに生識て会わない無邪気本性故。だから私は「視線」世代も眼、破執捨て相の意味。

見ることができるのは私の一つの眼根人は6本では、私はその不生不灭人の自性!それは心の目、心の眼で、だから神。

二、それに何を見る。この目で俗っぽくない以上、それは見るべきではないこの器は世界のすべての物質!しかし私の人に見えるのはどうせ器の世界の万物のすべての物は全て、ときにこの縁によって生で、それぞれに悪い空無常本相。冷淡な目の意味を表にし、つまりはその真生、心識のない追求し因明た表に、自然の視線を開け、心寂その色の砂漠。このやり方はみで自分の本性を本体、すなわち運動!

視線を通して外で表面を探すのはいったい本当義!も天心にも、自分の本命元辰!神は保存法!

神は人為的に制御は肉体にこそ、任運自在では勝手にの境、ひいては自然にだんだん合。から体感によると:人の本性は明後日万事万物、しばしば日用ず(そのだから然)。そして、神意を体で、自身のすべての自然が出て、自然から部外返観自身の挙動、弁、別の同異は非、俗っぽく体本当のように動くので、典言った“燈将に滅せんとする者は必ず大いに明るし」。冷たいが見られない義を見逃しや。

『道徳経』の雲:目が見えない、名は夷;聞いて聞かないの、名は希;ようのない、名はマイクロ……

玄雌の扉は、天地と根。

冷たい外は拳経修習の合は自然の必然!人が多くて、惜しむ執を手、なるほど、唯内家カンフー成り下がる手法、神、イタリア、ガス、勢の制限を受け、拳法と自然に合った程度が淺く、利用可能なエネルギーは不十分で、勝手に異動も難しい!だから浅述:遠視の法は意地生息環境を通じて実、自分の視野を胸を上げるということは自分を充実させ拳法技術向上の含金量。

また答え:(杭法について)

站桩結跏趺坐をしてはいけないと、目を閉じて!

站桩は育成神の意は、先が静かな中にもときには積極的で、だから目を閉じて!座禪は消え万縁、破執切れ惑を入に寂しくないので、眼視物、あきらめて有頂天になる!

この二者から、内在化、一自外転、莫混!

神イタリア伸びやかには、神の目つき、イタリアの気持ちが、だんだん無我の境に傾く。

でも、站桩練功黒屋に、目も光明を遍満!たまには目を閉じて、ではないが、自分の前に見る上仏光照らして、通天彻地、私の体は全身同化されて神よりも、光!

適用は見るのは必ずを求めて、実感所!!!

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • 太極拳技撃論
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理