練功落とし穴

太極拳易致の落とし穴

一:稽古とパフォーマンスを問わない

二:形と意味を問わない

3:内と外を問わない

4、学と練習を問わない

一誤:稽古とパフォーマンスを問わない

稽古は自分に練習し、演技は他の人に見て、目的もないように、気持ちがそれぞれ自然。

稽古に思いをはせるは物のほか、演技でも象徴は圜になる。いわゆる物の外は、山河大地の万物および己の色の無は物、物の外つまりこの万物のほか、でも象徴はない執持これらの上、すなわち「アームチェアは物の外」も、有無の間の道理に出入りする。物を執、執は不死――このような「死」字类慧律法师言:カードは観念の上で。

不死の自然は生きている!

圜中に者:運動の中枢と形体。圜者:運動の司命形体。形はこそ円満にはも自在;形体凹凸が欠陥はない。だから気にしなければならない演技は自分の形体は運動を維持しているかどうかを円満にならないで、稽古の神意遠瞻。

逆に、稽古を把握しないならば神意遠瞻ではなく、注意は体つきではない、神意伸びやかによる鹿血気が腫れる。体に大きな被害は必ずしも、内家カンフーはきっとない!

ボクシングは言います:“を見るごとに数年純功、運化できない者は、すべてを率は人制で、二重の病未悟爾。病気しで、陰陽の心得……」この二重、そのいわゆる:稽古法が体、応用に私。ある人は私にはできませんすることはできません人献身できないから、できない人は己による「己によると、鹿」(『太極拳経』)、法は法の体は体が合わず、体が負荷法法合体がない、どのようにカンフー?

このような人はいつもも自覚ができる、に教わったばかりだ者や一般の人も、自分の才能を見せるが、どうしても磨り減る労力、いつかは勝てる;ので、少し明法理の、つまり何かは、ほとんどが有力で感じ、負けても負けないではないどこか、悔しくても余儀ない。

二重の病気を押しで、陰陽のか不明!人が私に陰陽で臨場!拳経の雲:「剛柔人私こそ歩いて」。まさに()有明訓、私は人による必要合陰陽、才能に動き回って、さもなくばか私もちょうど、2頭の牛がぶつかる、必有一伤。

誤:2形と意味を問わない

心得内家拳の形は、真意依かに合法誘導行功生成され、すなわち「降本流末太上雲、生万物」(来「清浄経』)。万物者、身体運動の万象も。形は神の意からは、勉強が神の意の上ではなく、これを置いて素直に掲げ形体。多くの真意が不明、余念デリック端正である者が、氏は隔ては拳道教以外でも必ずなり壁!

(先に言わない構えをやって、更に究の中身。心得なしでイタリア、構えから)何?

神の意が流行し、円満には、自然に韻合作形体!いわゆる形者:意の形は、代表の意、非形形(純代表形)。

経の雲:真意無形、本当に形げ。

真意無形は稽古だけ本当に神清意、自然を形して体の具;本当に無意識は、その形は自然の存在の形を超えてゆく形意――その意図すれば、すなわち扱いの心、すなわち非本当自在この形体!

それゆえに、練功場合がつかない形、意味は、どうしても人参飲んで首くくる効果も、難しい。もし執形体を内の意は、頭に角としていつも不安、偽り、をして人に分からないで、更にますます张矣!

もし執内の意をねらって形の準備、も異向こう、あたかも枚網漁、手網にできるとは限らない魚魚に落ちて網網には、必ず知られ!もし習慣が人と取っ組み合う時、全てを十分に人に弱みを握られる――お前は自分の気持ちを教えて敵の耳。莫言えない「率は全て自人制」――自分のしっぽを他の人にプレゼントを抑え、内家技量の「内」という意味で、荡然なり!

だから勉強内家拳者、きっと詳しい弁護、明解形と意味の法理をされ、形、意味各守本分。

三誤:内と外を問わない

外は通は形意、ことはできませ形意論の内外で執!を含めての意味は、無形に隠し、すなわち顕在形にできない、人をその体はその気持ちを知ることができる。この謂の真意が無形。

ほかの形で、具の意!正直者のように人の行為に、告白自在、目が明らかに。だから老子曰:道、樸無名。大道地味で、工夫を凝らして存神なら、体内には、偷儿ふところのような他人の物、自然胡散臭いも目に見える。

絶ない形に跡、必ず無拳境!

知ることで者を内から、外者からのほかならない。内外分は、中身のほかの中、外を含む以外にも、なぜ名内外。

は、内は内にではなく、外には、外に加えて、を含むほかない!

誤:4学と練習を問わない

学は学法学か練習は正しい;法理練習心、練習して体が必要で、勉強に時間がかかるので、稽古という。

獲得しなければならないと効果、勤加功;若欲勤加功を、必ず依正しい法理!今の世の中は名門とまじめに練習し盲打者はやたらとして、その未正宗秘伝。実は、その名門のまじめな学者、もし不明本当法理、教えない依奉行、また何盲打練習しなくてよ?

かなりの部分は、ジェスチャーアクションポーズは、やや体得して、と自分はすでにマスター、これから限り勤を工夫して、業績は難しくなくて、知らないのはあなただけが毛皮だけ。何は毛皮?例えば人面の皮皮者、赤は白、靑が灰は、可変物;毛ですか?随皮揺れは、定性。これは本の法で期業績が本当寧はか!いわゆる「毫厘の差は千里の謬り」、正述このも。だからくれぐれも自分は学者として、方法、きっといろいろ検証を証明することができ、自分に完全に把握したほうがいい。さもなくばは盲人瞎馬に騎る、自らを欺くは誤、無駄光陰だけ。

世の中のかなりの数の先生は、各種缘业力で牽引、勝手に導く学生:いい、できた、帰ってゆっくり勉強して行きましょう。こんなことが帰って勉強して、達成できるとは限らない者は、万裏のある!それだけで、まだ身教。

いい先生はほとんど分かり学問の道は道理、多くは学生に未達成時はかってにぐらい、もし時間も経ってない長期にこそ、彼は行くとこが決まる参学や休んで。休んでは?思过だけ。思过知错改正しないこと。

しかし今良い先生が学生に彼を離れないの原因は待ち望んで適"供養」が絶えず。だから「学者は不詳弁護する」!

 そして最大の落とし穴、ことに勝るものはない正しい理解太極拳

    太極拳は内家拳、自然は以内のすべての意味を表現。で以内意表現太極拳はまず、太極拳の境に入る。

    太極拳は意境からの産物と呼ぶことができるので、太極拳の境地。

    だから、太極拳、身を置くしかない心は太極拳の境地の中にこそ、太極拳!

    太極拳の境地ですか?

    正しい理解太極バイオやスポーツの本か制約、心身の行為を合い太極自然運動の法則、すなわち、自然の法則を太極運動を求める心身、それぞれ挙動、形が霊穏健で、心身に楽で、つまりを境に拳。

    先賢にはっきりしている:太極者:無極で生!

    太極は源は無極、学者たちは必ず感じる無極の境に入る!

    何は無極の境に?つまり無極は自身にはどんな感じ?どうやって感じ?この起源が派に流れ、これこそ、太極拳の最も重要な!

    無極は中和を無極は致中和!「中庸雲』:致中和、天地位だ!具体的には、誠は中ではは外に、体に所も感松空柔順、生気がある、無で力強く、無1か所の出力、無1か所の無がよくて、無でないと……。.全身の内外は和気あいあい!和気所在一体、万有!これは本当に無極境も。これれず、永世難しいお知らせ太極拳の境地!

    その静かなら動いても!その静:体内の活力ある、動の意を無動の形その動も:肢体を開閉運転、動の形で無動の意。この「無極で太極」の理を境にも会い周敦颐『太極図説』)。

    静失わないその意味は、無極ゆん太極も変わらない;動くその感は、太極本無極も。

    身振りは気持ちが運を発生のが、若執はしぐさ、すなわち失境地。

    要するに:動作、手法、動意、すなわち境地。

    は拳の境地!また各入国法門だから、拳种の別、流派の分。八卦、少林、通アームを掛け、全てがそうだ……。

    太極拳の境地を合い、必ず太極原理、さもなくばすなわちひずみ意は、みだりに!

皆さんと同じ修:

毎日いい功を切りに留意して、自分の行は形意八卦入る道?やはり少林通アーム入国の法は?

    人生は短く、またたく間に百年!莫間違った太極拳の意!

    振り返っては百年身!

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • 太極拳入門の心得
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • 太極拳技撃論
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理