生活の中の特殊パッケージにですか?

画像いち特殊パッケージ内の収縮包装材料


特殊パッケージ

防虫包装技術は以下の5種類に分けることができます:

充填包装

充填包装を採用、二酸化炭素や窒素などの不活発ガス置換包装容器の中の空気の1種の包装技術方法から、別名ガス置換包装。この包装方法によって好気性微生物好気性代謝の特性、密封容器包装に変えて気体の構成成分を抑え、酸素濃度、微生物の生理活動、酵素の活性と生きて商品の呼吸の強さに達し、カビ、防腐保鮮の目的。国際包装基準に殘すよう指標を限定生産目標と指標は棚の上によって、一般前者%より小さくて、後者は1%未満。

真空包装

真空包装物の気密性容器を入れた後、真空容器に口止めさせ、密封容器内基本後の空気のない1種の包装方法。一般の肉類商品、穀物加工商品やいくつかの酸化しやすい変質の商品も真空包装、真空包装を免れて、脂肪を減らすことができるだけではなく酸化を抑え、しかもいくつかのカビや細菌の生長。また、加熱殺菌の時に、その容器内部ガスは排除を加速したため、熱伝導。高温滅菌効率を高め、避けた加熱殺菌により、気体の膨張によって容器包装破裂。

収縮包装

収縮包装フィルムは収縮を包品(または内包装件)、そしてフィルムの適切な加熱処理を膜収縮を密着は物(または内包装件)の包装技術方法。収縮フィルムは1種の特殊ストレッチや冷却処理のポリエチレン膜で、薄膜方向引張時発生殘存収縮応力、この応力されるカロリー後解消、これによってそれを縦にも横と急激な収縮させ、同時に膜の厚さが増え、収縮率は通常30%~70%、収縮力冷却段階に達し最大値は、長期にわたること。

引張包装

引張包装は70年代から採用の一種類の新パッケージ技術、それは収縮包装発展し、引張包装機械に頼り装置は常温では弾性膜をめぐって包装件ストレッチ、きついをされ、そしてその末端を閉じた1種の包装方法。引張包装で加熱する必要がないので、消費エネルギーは収縮包装の20分の1。引張包装に梱包ワンピース物にも使えるパレット包装などの集合包装。

リポ包装

リポ包装継真空包装と充填包装の後に出現の一種類の新型酸素除去包装方法。リポ包装は密封容器包装に使用できると酸素から化学作用の鎮静剤の反応を除くと、それによって包装容器の中の酸素を達成するための保護に詰め物の目的。リポ包装方法に適用されるいくつかの酸素に特別敏感な物、使用にあっても品質が悪くなる微量酸素を促す食品の包装の中で。

  • 月経期のダイエットすることができますか?
  • パッケージデザインは何か注意事項がありますか?
  • 2009年に山東省済南市中国語の試験問題
  • 包装の起源と発展
  • 何は緑の包装ですか?
  • 何は包装ボックス?生活の中でどのようなパッケージ?
  • 引張包装フィルムの長所と特徴はどれらがありますか?
  • ポリエチレン(PE)フィルム
  • どのようにしっかりと行って製品の包装の策略ですか?
  • 包装
  • 何はUV印刷?パッケージには何の効果ですか?
  • 生活の中の特殊パッケージにですか?
  • 何は包装ボックス?生活の中でどのようなパッケージ?
  • 包装の起源と発展
  • 何は緑の包装ですか?
  • 現実的な生活の中では主にどれらの包装材料及び包装形式か?
  • 何は包装ですか?