無公害ニラの生産技術は何ですか?

無公害ニラ無公害ニラ
 

ニラは人々に愛されている料理の一つで、無公害ニラの生産技術は何でしょうか?

いちいち種まき時間。



土壌解凍秋分までがいつでも播種が夏至まで立秋間での天気はひどく暑くて、雨が多く、苗の生長に不利なので、播種に分けることができます春蒔、夏の種まきと秋の種まき。

1 . 2品種選択

 

抗虫を選択して使用して、冷たい、耐熱、株分け力が強く、外観と内在する品質のいい品種。日光温室秋冬連続生産は選抜休眠期の短い品種。

いち.にいち種の品質。

適合GB 8079中の二級以上の要求。

いち.に.に用種量

667(毎平方メートル)用種4kg~6 kg。

1.2.3種子処理

使用して種子放送(春蒔中心)、もしくはよんじゅう℃温水浸種12h種や不純物を除いて、粃、種をきれいに洗った後に粘液催芽(夏、秋の種まきを中心とする。

1.2.4催芽

良い種子を浸して湿布を包んで置いてじゅうろく摂氏度1にじゅう℃の条件の下で催芽、毎日水で洗い流していち度~に回、60種白抜き尖で種をまく。

1.2.5整地施肥

1.2.5.1苗床を選ぶべき日照りが冠水をできる、列の高燥地塊、宜選択砂質土壌、土壌のpH値は7 . 5以下、放送前に必要耕翻土地、結合施肥耕後、細い熊手、整平し畦。

1.2.5.2基肥品種高品質の有機肥料、化学肥料、複混肥料など常用主とする;中等肥沃度の条件の下で、結合整地ごとに667(平方メートル)まく良質有機肥料(品質腐熟豚厩肥を例にろく000kg)、窒素肥料(N)2 kg(例えば尿素6.6kg)、6 kg(例えば過燐酸石灰60 kgを切る)燐肥料ポタッシュ6 kg(例えば、硫酸カリウム12kg)、または使用この通り換算の復混肥料、深い翻土。

1.2.6播種

溝を(畝)普踏んでもう一度、溝に沿って畝)水水滲みの後は、催芽種に砂に~さん倍(またはふるいにかけて燃え滓)メント溝、畦内、ムー播種子4kg~ごkg、上部にふるいにかけて細土1.6cm~2 cm。播種後すぐに覆われてフィルムやわら、70%の苗頂土に撤去床面の覆い。

1.2.7放送後液肥管理

発芽前まで~3 d必要を水、土表を保つ湿潤。齐苗苗からまで高16cm、7dぐらいを1の小さい水、結合水667(平方メートル)を追うごとに実施窒素肥料(N)3 kg(例えば尿素6.6kg)。高湿雨季排水冠水を防ぐ。立秋後、結合に追肥に回、毎回1 667(平方メートル)に追い施窒素肥料(N)4kg(例えば尿素8.7kg)。定植する前に取り入れ、飼って根を促進するために丈夫な苗。天気が涼しく、水をやめなければならない、前に一度水を冷凍して。

1.2.8除草

出齐苗後直ちに草むしりに回~さん回、または採用精キナ禾霊、蓋草が除草剤など防除単子葉雑草や播種後で発芽前30%除草通クリーム(100 g一150 g)/667(平方メートル)、地表水50 kg散布。

1 . 3定植する

 



1.3.1土壌肥料要求

肥料施用の品種は国家の関連標準に合わ規定に達し、無害化衛生要求。

施肥原則は有機肥料と無機肥料配合施用。無機有機との比を下回らないいち:いち。

施肥量の选択、土壌養分測定分析の結果、野菜の作物の肥料要求法則と肥料効果を基に確定し、最高の無機窒素素養分施用限定を16kg/667(平方メートル)、中等肥沃度以上土壌、リンポタッシュ施設使用量を維持する土壌のバランスを準;高肥沃性土壌、旬ない施設無機リンポタッシュ。収獲前に追いかけ20dない施設無機窒素肥料。

1.3.2定植する時間

北方地区の種まきの苗は、夏至後定植する;夏播苗は、大暑前後を避け高温定植する、多雨の7、8月;秋播き苗は、来年の清明前後定植する。定植する時期をずらして高温高湿季節ために役立たないで定植する後ニラ緩芽。

1.3.3定植する方法

ニラ苗からは、ひげ根の先端カット、殘る2 cm~3 cmを促進する新根発育。葉の先端を切り取って1段の葉を減らすに蒸発して、根と葉の蒸発を維持吸収平衡。畦内畦間18 cm~20 cmで押し、穴穴から10 cmごとに、苗はち株~じゅう株、適して生産靑ニラ;あるいは押し畦間30 cm~36 cm溝溝切り、深いじゅうろくcm~20 cmで、穴穴植える苗から16cmごとににじゅう株~さんじゅう株に適して、生産ニラ栽培の深さは分げつ節宜を埋めないで。

1.3.4定植する後の管理

1.3.4.1露地ぎく生長段階管理

管理:1.3.4.1.1水分を2水さえ定植する後、直ちに鋤漕ぎに~さん度蹲苗、その後土壌を維持するべき見見干濡れ状態、雨期直ちに排水、当日は最高気温が摂氏度以下に減少じゅうに、水、土の表面が保持しないで、土壌が凍るまえを足凍結水。

1.3.4.1.2施肥管理:施肥に応じて長勢、天気、土壌乾燥湿度の場合、施設を軽く、まめに施設の原則。苗高さ35 cm以下、毎667(平方メートル)10%20%500kg施一腐熟下肥;苗高35cm以上、毎667(平方メートル)実施30%腐熟堆肥800kg、また施尿素の5 kg~10kg、または施す複合肥料は5 kg、日照りをべき希釈倍数。

1.3.4.2棚室生産段階に管理

北の地方では栽培のニラ。例えば、収穫葉を中心に、秋冬季バックル膜転入棚室生産、もし来年収穫韭薹べきではありません、バックル膜で低温段階を経てニラ必要が薹が立つ。

1.3.4.2.1バックル膜

バックル膜前、枯葉的純、顺畦熊手をもう一度、表土漕ぎ松。

a)休眠期長の品種を促進するため、ニラ早く完成休眠、保証新年上場、温室の南側に架かる道風よけ、温室地面の寒い気候が小さい、地表に撤去して10 cm、風よけにフィルムを掛け、蓋をして草葺く。

b)休眠期の短い品種で適切なクリーム前に覆われ、プラスチックフィルム、蓋をして草葺く。

1.3.4.2.2温湿度管理

棚室密閉後、保持昼間にじゅう摂氏度~24℃で、夜じゅうに摂氏度~じゅうよん℃。株高を10 cm以上の場合、昼間じゅうろく摂氏度~にじゅう℃以上の24度の温度を下げて、風が濡れて、相対湿度60~70%、夜間はち摂氏度~じゅうに℃。冬の中小アーチスタジオ栽培を強化するべき保温して、夜温を維持しろく℃以上で成長時間短縮。

1.3.4.2.3液肥管理

土壌が凍る前一回水をかけて、バックル膜後に水をやらないと、を下げないよう地温、または湿度が大きいよう病害が高く、苗8 cm~10 cmに水水をかけ、結合667(平方メートル)を追うごとに実施窒素肥料(N)4kg(例えば尿素8.7kg)。

1.3.4.2.4棚室後期管理

三刀収後、ときに、ニラ長10 cmの時、徐々に増やさ風量、撤去棚膜。ヘクタール当たり施腐熟厩肥46 000 kg~ろくじゅう000kg(さん000kg~よんしよ000kg)/667(平方メートル))、腐熟鶏糞(ななしち500kg~じゅうご000kg)/h(平方メートル)、「(500kg~l 000kg)/667(平方メートル)。かたがたニラ溝土寄せ2 cm~3 cm高。苗の働きは露地ぎく時収いち~に刀刀。苗の弱い、飼って根を取り入れない。
 

いちさん.ご収穫。

当時は重点的に定植する「養根壮田植え」がないように早めに取り入れ、ニラ花を摘出する。

1.3.5.1収穫の季節

収穫の季節の主要春秋二季、夏に収穫がない、質の悪い。ニラ適晴れ朝稲刈り収穫時刃は地面から2 cm~4 cmで、口を切って黄色のほうがいくて、口はをそろえる。2回収穫時間間隔は30dぐらい。春蒔苗にバックル膜後40d~60d収穫第1刀。夏の種まき苗に取り入れ、翌年春第1刀。現地でニラ萎前50d~60d停止収穫。

1.3.5.2収穫後の管理

毎回収穫後、ニラを掻いてもう一度みたいに、週辺の土鋤松、あと一さんにd d後ニラの傷を癒し、新しい葉がすぐに出て水をかけて、追肥を、すべての667(平方メートル)実施腐熟下肥400 kg、また施尿素10kg、複合肥料10kg。第二年から毎年一回土寄せを行うことを解決するニラジャンプ根問題。

1 . 4病虫害の予防と治療

主要な病虫害:虫害をニラ蛆、潜葉蝿アザミウマを中心に、;病害以灰かび病、疫病などを中心に、うどん粉病。

1.4.1物理的防除

糖酒液诱杀:に砂糖、酢、酒、水と90%ディプテレックス結晶さん:さん:いち:じゅう:0 . 6割合になる資格溶液、毎667(平方メートル)に設置していち一盆盆さん、いつ足を付ける保持しないで、诱杀种蝇類害虫。






 
  • ナツメの木の土肥水管理
  • 栽培技術唐辛子はどれらがありますか?
  • ヨウ素の唐辛子栽培方法は?
  • 七色唐辛子栽培する最優秀時期は何時間か?
  • イチゴ露地ぎく栽培主にどの何種類の形式か?
  • ごぼう
  • 無公害の果物の生産方法は何ですか?
  • 板藍根の育成を注意する必要がありますか?
  • あなたは知っているコガネヤナギの栽培技術ですか?
  • いくつかの共通の鉢植え植物の紹介と栽培
  • 栄養士は新疆食品どうして高い栄養価
  • どのように識別無公害卵?
  • 無公害食品とグリーン食品のどんな区別がありますか?
  • どのように分別無公害製品?
  • 我が国の無公害食品標準システムはどれらがありますか?
  • 何は無公害野菜ですか?
  • どのように鑑別有機、緑色、無公害食品?
  • あなたは知っていて何は無公害の食品がありますか?
  • 無公害農産物の認証手続きは何ですか?
  • 無公害野菜の生産技術はどれらがありますか?