尹宗禹先生:2012年の大学入試の情勢分析

受験生の関心は非常に2012年の大学入試の情勢は、この大学入試の情勢実際には2つに分けてほとんど:受験者の関心はまず今年の募集状況やを採用の情勢;もう一つの問題は受験生に関心の今年の大学入学試験は命題に向かって、あるいはを試験内容、測定方向及び試験難しい度の行方。
私達の2部分に分けて、一部の一部に親と受験生をはっきり言って。
私達は先に言わ募集情勢、今年の募集状況はどうですか?
ネット上で発表した各省市の数字として(もちろん不全)、まず進学予定者の数はいくつかの変化が発生し、一部の省市の進学予定者は下落:たとえば北京、江蘇省、江西省、安徽省、湖北省、これらの進学予定者の数は減少の;もちろんいくつもの省の生源数は上昇:例えば、重慶、海南。全体的に言って、今年の受験者数と2011年に比べて落ち着いて受験者数はやや下がって。全国の受験生で、北京、進学予定者の数は6年連続で減少しました。今年は去年よりはまた下がって3000人、去年は七万六、今年は七万三ので、受験者数は絶えず下がった。
そんなに多くの家長と学友の問:高校も拡大募集しませんか?
はこの数年高校はずっと拡大募集、従って、進学予定者の減少、高校生拡大のペースが鈍化するので、言うべきではない高校何拡大募集定員。特に注目の1冊の重点あと2本以上、三冊以上の学部や職業の割合は、この内部の割合は大きく変わる。
いつのにとって、今年の大学入試の情勢と2011年の大学入試の情勢はたいして違わない、言うべきことは安定している。たとえば北京:2011年の大学入試の合格率は85%。
今年の全体の各校の募集計画はまだ下りて、予想から、計画募集数を下回る85%は、80%が少し多い。しかし合格の時、努力して多くいくつか説得高校合格学生だから、合格率は計画より適切に高く。
その他の各都市もほとんどそう、ここで問題と家長をはっきり誤解しないで、少子化が減少し、合格率は横ばい、大学入試が容易で、これは2回事。
私たちがまず必要が明確な:大学入試は競争、それは客観的な存在である。例えば、我々の一部の子供は一流大学に、清華大や北京大、復旦、人民代表大会は、一部の学生だけに一冊は重点大学で、一部の学生は専門、つまり私達の言った職業。本科にたいだけで、本科の中はいやに三本。だからこれから重点大学、1冊の本、二、三本や職業の内部の割合で、私は今年の全国の大幅な調整のため、多くの家長はクラスメート希望1冊の割合は少し多くて、希望の本科の割合は少し多くて、これはおかしくない、私たちの国に必要な人材レベルはすべての面においてので、この割合はない職業の減少、3本が減少し、増加を一本ではないが、この意味から、一冊本、内部、二、三本、職業の割合も安定している。この意味から、大学入試の競争が激しいから、クラスメートの頭の中、親は頭の中に2011年(2012年)の大学入試の情勢は二つの点は安定して、少しは競争が依然として存在し、競争も激しい。
私はみんながこの大学入試の学生募集の形勢は1つの比較的に正しいと思って、心が落ち着いてきた、もちろん、私も注意する受験生の腹の中で、心を置いて、着実で復習して、一部の事はあなたと、しかし、あなたはできない決定。このものはすべて国家の意誌、政府の行為、受験生にとって、あなたは着実に復習は。
2012年の大学入試の命題情勢はどのように変化するのか?マイクロ課学習網
この問題を大切に、受験生は多く関心を持ってこの問題。つまり2012年の大学入試の命題がそれに向かってどうなるのか、この中には命題の内容、測定方向、検査方法、試験の難しさ、答案用紙の長さも含めて、何か変化、私ははっきりの一つは、変化は常態、安定にもよく態。だから、大学入学試験の受験生が2012年に向かっては二つの角度に理解して。
第一に理解し、変わり。たとえば北京、北京2012年の大学入試のか、それは三年目の新しい課程の標準。新しい課程の標準以降、測定方向にそれを強調した実踐能力して、革新的な精神を、革新的な精神を主に学生の探究する能力を考察して、理論と実際とのつながりという能力を考察して、運用既存の知識と能力の新しい問題を解決しいくつかの考察。これは完全に社会の受験生で、私達に対して人材のいくつかが必要で、私はこの発展するのも必要で、さらに歩けば。
しかし、安定にも常態、あるいは安定は基礎。あなたが例えば問題の難しい問題、この問題は難しい国家標準があり、国家標準は国家教育部試験センターの主任戴家干かつて数年前に発表したことについての大学入試の難しい国家標準、彼の難度の標準は大体は0 . 6から0 . 65、どんな意味ですか?は百点巻面、全国の試験が終わったらの平均点に達するまでろくじゅう65点は、この難度は落ちました。
元の大学入試の難度は比較的難しい、それの難度値は0 . 5くらいまたは0 . 55から0 . 5の間、つまり百分の巻面平均得点はごじゅう分55分、多くの教育に従事する人はどうやってこんなに難しいですね、大学入試のそれは選抜性試験には、クラスメートを成績がなければならない難しいのは保証して、この区割出しが。今も下落している. 6から0 . 65、言うべきことは難しく、二度とこのように低下した。
大学入試の難度値から決めた最終このセットの答案用紙の区分度、その標準差、その社会関係、他の多くの数値ですから、この意味から、私個人は感じて、難易度も変わらないが、親がはっきりし、生徒が清楚のポイントはやすい、中、難しいの割合も変わらない。
今の試験については、すでに国の試験説明(各省市の可能性はまだ手)。北京の試験の説明は難しい問題について、試験の説明には今は定性の説明という中級試験を主として、中等難しい問題を中心として、この定性の説明、元は定量の説明は、大学入学試験の難しい度値は0 . 55 0 . 5までの間、あるいは今までは0 . 6の0 . 65の間の難しい問題を中心に、この中級の難度値、実はこの難度値は0 . 6から0 . 65という難しい。でも伝えたいクラスメートは、この難しい値が含まれて一部の問題から大学入試は選抜試験、一部の問題は難しい:命題は難しい問題専門家は、学生たちはきっと感じて難しい;命題は低級問題専門家は、あるとき同じ学たちを感じるのは難しくて、これは大学入試。だから私に勧めクラスメート:安定維持を、心ははっきりこの大学入学試験は難しい値乱高下するが、難しいの準備。
北京市の大学入試の説明が、私が思うに、いくつかの点の言ったのはとても良くて、全国の試験説明に解釈し、それを結合。
第一個の結合:安定と発展を結び付けて、今年の試験問題はへ。
まず安定して、同時に発展。いわゆる発展は学生の実踐を考察する能力、考察学生の革新的な精神を、考察学生の探求能力考査し、学生の理論の実踐の能力、試験運用既存の知識を学生に新しい問題を解決した能力。このまっすぐ歩いではない、着々と実際、安定の発展、安定と発展を結合。
もう一つの結合の技術革新と継承、継承と革新的な結合。
過去の良いものはそれを継承しているが、継承だけでなく、さらに革新。は、問題のこの編成である新しいものを組み合わせて、いくつかの革新。
第三の結合を特色と学習:兄弟省市の結合。
全国省市から兄弟は命題の多くは、私たちは自分の特色を維持する北京も、参考他の兄弟省市の精神、実は全国の大学入試の命題もそう。
今日の午前中に私はちょうど電話に国家教育部試験センター、国家教育部試験センターは私に教えて、今年の全国の大学入試試験についてはいない、とは3月初めの2月末でて。私は国家教育部試験センター関係者の情報を教えては:変化で、ただ一部の微調整。例えば北京の試験について、私はそれを持って昨年、一昨年しましたが、それは厚く、ページ数は去年より多くなりましたが、そんなに多くはどこにいましたか?は多く内部参考サンプルは、ごとに1つの学科の参考になる、サンプルが多くなって、私はこれが受験生にとってはメリットがある備考。
だから要約するによると、2012年の大学入試の情勢も、募集採用情勢、か受験命題の傾向は、安定した。
私も特に強調することは何ですか?受験生が受験生は親と心を知ることで、2012年には私たちの国の交代选挙の年、すなわち開十八が大きく開いて人民代表大会、さらに開政治協商、最高級の指導者が交代するが、この場合には、国の様々な仕事、生活文化の政治生活、社会生活は私たち今の教育を強調するのも調和安定。
だから、交代の年の大学入試の募集計画も、やはり大学入試の命題、私個人としては安定を保つ。
私も希望:この話を通して、友達が心を置いて、お腹に保護者は今年の大学入試の情勢がはっきりわかることができる、このように私達は心を落ち着けてまじめに復習のゴールデンタイム。
大学入試の情勢について私たちはこんなに多くて、私達はまた何を話す後ろ手配:例えば、「百日スパートの要領」などは、大学入試は2月末までの3月初めに殘った百日ごろ。百日の最終盤――これはみんなの習慣と、私は管この段階で「ゴールデンタイム」の復習、非常に貴重な。は大学入試に近いほど、この復習の時間ほど貴重な、それではどのように捉え百日スパート復習の要領ですか?どのように捉えて自分の弱点について、有効の復習?後ろの数に言って、私はクラスメートと、親のさらに交流。
楽しみ尹先生はもっとエキサイティングなコメント!

  • 大学入試の超発揮十大金子の類の秘訣
  • 尹宗禹先生:2012年の大学入試の情勢分析
  • 百日スパートの復習の三大要領
  • マイクロ課の区域の実踐効果や実用展望
  • 受験生の親の知恵があるし!
  • マイクロ課の分類
  • 大学入試の作文で論文を例に六のタブー
  • マイクロ課地域資源の開発
  • 何はESNS
  • さんじゅう分済ませて大学入試の作文