さんじゅう分済ませて大学入試の作文

作文の考察は学生の総合的な国語の運用能力、一部の受験生が比較的に恐れ作文、今日とあれらの作文が悪い、こわい作文の学友達が分かち合うの大学入試の作文の小さい技巧:
 
第いち段150の字ぐらい:書き出しセンターの論点と、優先単文の形式で、しかも判断文肯定文。絶対使わない複文(複文横へそれるやすく、影響得点)、創作の頭、作文題に含まれるヒント的文字材料、きっとある程度は。
 
第2段階に200の字ぐらい:段曲(分論点1、第1節の内容は数分の論点の簡単な組み合わせは、「分の論点と適当に段尾。こんなと論点二、三分分の論点の位置と区別して、文章が変化。「論点」は例を挙げて論証を採用し、純分析の理詰めの論拠展開。
 
第さん段200の字ぐらい:段曲分の論点を述べて二を採用し、例を挙げて論証、優先作文題ヒント中の例分析論証し、同時に補助自分を挙げて、自分の例を挙げてより少ない前例文字。作文問題なく提示中の例は、自分の典型的な例を挙げて論証を要求分析、同様に書き込まれ例の文字より分析論証の文字が少ない。さもなくば、文体の特徴を生む痛手影響得点。
 
第よんしよ段200の字ぐらい:段曲分の論点を述べ3。実際の例を採用して。これは本文の時代の意義を書く。連絡できるのは実際の学習、生活、社会のいかなる1つの方面で、目的はや思想の認識を高めて、あるいは明らかに非清濁、または提出解決方法方法、またはある疑難を明らかに迷って、とにかく人を啓発。
 
第ご段150の字ぐらい:再現する中心の論点抑え込むセンター論点書き出し作用、意味、呼びかけ、展望など。

  • 大学入試の超発揮十大金子の類の秘訣
  • 尹宗禹先生:2012年の大学入試の情勢分析
  • 百日スパートの復習の三大要領
  • マイクロ課の区域の実踐効果や実用展望
  • 受験生の親の知恵があるし!
  • マイクロ課の分類
  • 大学入試の作文で論文を例に六のタブー
  • マイクロ課地域資源の開発
  • 何はESNS
  • さんじゅう分済ませて大学入試の作文