マイクロ課の分類

マイクロ課の分類

いち、に教室の教育の方法で分類。

李秉德教授によって我が国に対して小中学校の教育活動の中で常用の教学方法の分類をまとめて、同時に第一線の教師を容易にするためにマイクロ課分類の理解と実踐の開発可操作性、筆者の初歩を分けてマイクロ授業じゅういち類、それぞれ講義類、問答類、啓発類、討論類、デモンストレーション類、练習類、実験類、演技類、自主学習係、協力学習係・探究学習係(表いち通り):

注目したいのは、一般节微課作品のみ対応はある種のマイクロ課タイプだが、同時には二種類あるいは二種類以上のマイクロ課タイプの組み合わせ(例えば質問講義類、協力探究類など)、その分類は唯一の殘すべき、一定の開放性。また、現代教育の理論の発展し続け、教育の方法と手段の革新を続け、マイクロ課タイプでもないが、教師の教育実踐の中で絶えず発展と充実。

通りに、教室の教育のメインコーナー(プロセス)で分類

マイクロ課タイプに分けることができます授業前に復習する類、新しい授業導入類、知識と理解を類、练習を開拓類類、小節。その他の教育に関するマイクロ課タイプ:授業を行う類、クラスのレッスン類、実踐授業類、活動類など。

  • 大学入試の超発揮十大金子の類の秘訣
  • 尹宗禹先生:2012年の大学入試の情勢分析
  • 百日スパートの復習の三大要領
  • マイクロ課の区域の実踐効果や実用展望
  • 受験生の親の知恵があるし!
  • マイクロ課の分類
  • 大学入試の作文で論文を例に六のタブー
  • マイクロ課地域資源の開発
  • 何はESNS
  • さんじゅう分済ませて大学入試の作文