マイクロ課地域資源の開発

マイクロ課地域資源の開発

 

いち内容を計画。

地域教育行政部門はまずからマイクロ課建設内容全体の企画として、建設計画とプロセスを形成し、建設規範とシステム、重複を避けると無秩序開発。内容は計画の重要な仕事のとおりに新しい課程の標準を結びつけて本地域教材を使って、組織の教研員と一線学科専門家共同確定各学科の各学年の知識点係統、ご意見を発表後に統一し、学校や教師に対して、髪を開く。

プラットフォームの建設に。

マイクロ課プラットフォームは地域的なマイクロ課資源の建設、共有と応用の基礎、須は地区の教育行政部門統合開発。プラットフォームの機能は満足マイクロ課資源日常「建設、管理」に加え、「応用しやすいユーザー、研究」の機能モジュール。形成マイクロ課の建設、管理、応用研究の「ワンストップサービス環境。

マイクロ課開発さん。

マイクロ課のコンテンツ開発はより複雑なシステム工学。その建設モードに「募集審査式」(教師個人向け)と「プロジェクト開発式」(学校向けと機構。地域資源の建設をマイクロ授業に宣伝発動、技術訓練、トピックの設計、课例撮影、後期加工、オンライン申請、審査発表、評価フィードバックなどの部分には、その品質が確保。

よんしよ.交流応用

交流と応用はマイクロ課建設の最終の目的。集中展播を通じ、エキスパートコメントと共有交流などの方法で、広大な生徒に推薦し、展示優秀受賞マイクロ課作品;教師に基づく定期組織発展エリア「マイクロ課庫」の見学、学習、評価課、反省、検討などの活動推進に基づいて、マイクロ課の学校の研修と地域研究の新しいモードで形成。

  • 大学入試の超発揮十大金子の類の秘訣
  • 尹宗禹先生:2012年の大学入試の情勢分析
  • 百日スパートの復習の三大要領
  • マイクロ課の区域の実踐効果や実用展望
  • 受験生の親の知恵があるし!
  • マイクロ課の分類
  • 大学入試の作文で論文を例に六のタブー
  • マイクロ課地域資源の開発
  • 何はESNS
  • さんじゅう分済ませて大学入試の作文