人民元の為替レートにどれらを含む手段?

人民元人民元

人民元の為替レート政策手段を含む:

確定人民元レートレベルの介入参照係;確定適切な人民元為替介入にするには、適切な人民元の為替介入に力を確定する。人民元為替レートレベルの介入参照係は二つの指標の構成:

一つは輸出スワップコスト、つまり

式では輸出Reスワップコスト、Pnは人民元で表示の輸出コスト買収プラス買収費用は、Px輸出輸出価格。反映ある既定の為替水準が、輸出の本市のコストと輸出国で入手可能な収益、介入為替水準として重要な指標の参照。

2は局部の均衡の為替レートは、つまり考えの生産、消費、国際収支、外貨準備高は、貿易条件や関税など総合的な場合は、実際の生産と金融取引を結び付けて、局部の均衡モデルを採用し、客観的条件を出す経済の局部の為替水準作を介入の目標の為替レート。

中央銀行の選択適切な介入タイミングは介入の勝負。介入時機の確定に依存する2つの要因:

一は、中央銀行の介入思想の制約。主動干頂思想が監視システムの各指標を予備調査信号後、すなわち着手準備調整行動。思想は受動的介入が国内外のストレスに迫られる介入。積極的関与思想指導下の介入タイミングに高い成功率。

2は、中央銀行は国内外の経済全体の環境変化の観察と理解の制約。

中央銀行の統計モニタリングシステムの中を示す兆候指標レートずれの適時に把握と正確な理解に役立ち介入タイミング。しかし時いくつかの突発的要素の変動を完全から監視システムに反映され、これらの要因に対して、為替の影響は大きいかもしれないので、中央銀行、海外と密接な関係機関の業務と情報の交流のためにできるように、中央銀行の正しい情報をタイムリーに握ると選択介入為替相場のタイミング。

中央銀行が確定し適切な介入力も人民元為替レート政策の成否の鍵。干渉力度は4つの要因によって確定:

銀行間外国為替市場の為替水準と目標の為替レートの相違、国内経済の受ける能力や可能性の衝撃程度、外貨収支バランス状況、外貨準備の余裕の程度や外の融資の可能性、輸出入商品の供給と需要の弾性状状況。確定介入力と情報の習得密接な関係を掌握できる情報の条件の下で、介入の頻度を減らすことができ、不適小幅に頻繁に関与の方法をとる。

  • プラットフォームの上にどれらの外貨で?
  • 何は為替設備。
  • 何は人民元相場の監視?
  • 人民元の為替レートにどれらを含む手段?
  • ストレスによる外貨お金のおかげで原因になる
  • どのように人民元高リスクを避ける。
  • 人民元の切り上げてどんな利益があります。
  • 人民元の為替レート政策はどんな特徴がありますか?
  • 何かは外国為替
  • 近年外国為替市場の発展はどのようですか?