人民元の切り上げにどれらの外因?

人民元人民元


日本

2002年じゅうに月2日には、日本の副財相黒田東彦とその助手川合正弘はイギリス《フィナンシャル・タイムズに署名」を発表した「グローバルリフレーションちょうどその時』の記事が、2002年2月22日に、日本の財務大臣塩川正十郎OECD七国集団会議で他の6カ国に提出する提案を採択、人民元切り上げ要求には、当該組織の設立以来初めて公開討論メンバー国以外の経済問題。2003年さん月2日には、「日本経済新聞」を発表した文章で「中国に輸出したアジア国際デフレ」。日本政府は中国に世界特にアジア国に輸出したデフレで、これは日本の人民元切り上げ要求の主な原因。中国での輸出が急増し、国内の物価水準の低下や、米ドルの為替制度による食い下がって、国際市場での商品が安く供給能力を大幅に増加され、日本国内の物価下落して、同時に日本の総需要不足を引き起こし、物価がさらに下がって、それによってデフレの危険が発生している中国に、日本を含む世界中デフレ輸出。日本政府は、中国として世界最大の新興市場経済国家、責任を安定して世界経済に貢献し、その自身の利益にも、中国政府は厳しい輸出規制するためにデフレをとるべき国内情勢は、拡枚型の金融政策、あるいはは人民元の切り上げ。

アメリカ

2003年ろく月から、人民元切り上げの主な外部の圧力に向けたアメリカ日本から。2003年ろく月とななしち月アメリカ財政部長ジョン能登麻美子和美FRB議長Alan Greenspan公開の談話を発表したいし、人民元の為替制度を更に備えて弾力性は、最終的に食い下がって為替相場制度を中国経済。その後アメリカの商務長官、労働部長も同様の観点を発表した。また、アメリカのいくつかの利益集団は、健全ドル連盟をはじめ、要求を再評価で最も積極的に人民元を表現アメリカ側関係につれて、情緒スノーきゅう、く月の訪中で最高潮に達し、今回の訪問は「為替レートの旅」。アメリカ側の希望は、人民元の切り上げの主な理由は、中国の通貨操作にアメリカ深刻な製造業の失業問題。彼らは、中国、日本、韓国、中国、台灣などの国と地域の獲得のために巨大な輸出の競争優位性を、わざと操縦の通貨、特に中国人民元の現象が存在している深刻過小評価。まさにこの現象をアメリカの製造業の発展が萎縮し、企業は大量に倒産に深刻な失業現象、2003年ろく月アメリカの失業率は6 . 4%に達し、その90 %の失業は製造業の失業、そしてアメリカ中国との貿易赤字は、過去数年間にも大幅に増加中国から累積多額の外貨準備は、2004年末まで6099億ドルに達した。だから、中国はアメリカの経済の低迷と失業が増えてアメリカなければならない責任を負って、政府が中国政府により大きな圧力を加え、人民元の切り上げを促す。

  • プラットフォームの上にどれらの外貨で?
  • 何は為替設備。
  • 何は人民元相場の監視?
  • 人民元の為替レートにどれらを含む手段?
  • ストレスによる外貨お金のおかげで原因になる
  • どのように人民元高リスクを避ける。
  • 人民元の切り上げてどんな利益があります。
  • 何かは外国為替
  • 人民元の為替レート政策はどんな特徴がありますか?
  • 近年外国為替市場の発展はどのようですか?