人民元の切り上げ内因はどれらがありますか?

人民元人民元


第一:実質実効為替レート

IMFの試算によれば、2002年に比べて人民元の他の主要な貿易パートナーの名義で有効に下落した6%によると胡祖六(2003)の試算では、2002年から2月にドルからそのレートの最高点安2003年までろく月、人民元の実質実効為替レートはじゅういち%減少しました。1994年の中国の実施の為替制度の重大な改革以来、国際組織の試算結果、人民元がずっと存在の問題を過小評価する。1980~1997年我が国GDP年率成長率は9.98%、1998~2004年前後を受けたにもかかわらず、東南アジアの金融危機では、日米欧の三大経済体同時に衰退や新型肺炎にの影響が、中国の経済はまだ保持している7~9%の高度成長。この人は先進国と同期比較は途上国と比べてすべてリードしている。中国経済の安定成長と世界経済の低迷とは対照的。これは人民元切り上げの傾向が明らかに。

第二に、購買力平価

「購買力平価”理論は一つ重要な為替レートの決定理論。この理論は、購買力平価(PPP)とは、一定の期間は2種類の通貨の為替レートは、2つの通貨は本国で国内に購入できる商品と労務の数を決める。つまり自国通貨と外国通貨の交換、実質的には自国通貨と外国通貨の購買力の交換、長期均衡レートは、自国の通貨と外国通貨の購買力を対比した。国連開発計画(UNDP)が発表した「人類の発展報告」によると、2005年、中国の1人当たりGDPに人民元為替レート名漫画義を1352ドルが、若に購買力平価方法換算は5791ドル、または名目レートにより購買力平価計算の人民元為替レートを過小評価する4 . 06倍。一般的に、購買力平価の計算関連のみには貿易商品、さらに考えない製品とサービスの質の違いから、途上国の通貨を過大評価をしやすい。しかし、人民元の貨幣価値がなくてUNDP試算のように高くても、現行の為替レートのようにならないように低い。

第三:国際収支

「国際収支決定論」という、国の国際収支状況は為替レートの最も直接的な影響要因。ときに国有大きな国際収支赤字の際、外国為替の需要は外国為替の供給、通貨切り下げは対外;逆にに通貨切り上げ。国際収支状況から見て、我が国の経常項目と資本プロジェクト収支1994年から人民元為替レートの一本化以来ずっと大きいの黒字を維持。特にここ数年、我が国の世界の最大の資本流入国で、毎年500億ドル程度FDIガンダム。この経常項目と資本プロジェクトの双子の黒字の状況によって私は国の近年の外貨準備を超えたせり上がり、満足正常に必要な準備のレベルを支払う。だから、国際収支状況によって、人民元切り上げの傾向も生じる。

  • プラットフォームの上にどれらの外貨で?
  • 何は為替設備。
  • 何は人民元相場の監視?
  • 人民元の為替レートにどれらを含む手段?
  • ストレスによる外貨お金のおかげで原因になる
  • どのように人民元高リスクを避ける。
  • 人民元の切り上げてどんな利益があります。
  • 何かは外国為替
  • 人民元の為替レート政策はどんな特徴がありますか?
  • 近年外国為替市場の発展はどのようですか?