食品添加物にはどんな種類があるのですか?

 

食品添加物の種類食品添加物の種類

 

簡介

食品添加物、改善食品品質と色、香り、味や防腐と加工プロセスの需要に加え、食品の中の化学合成や天然物質。私の国では「栄養食品添加物です」は、栄養ですは、「栄養の成分を強化して加入食品中の天然や人工合成の天然栄養素に属する範囲の食品添加物」。

酸化防止剤

いち.酸化防止剤の作用機序

酸化防止剤の作用機序はもっと復雑で、多種の可能性が存在している。例えばある酸化防止剤は自分できわめて容易に酸化され、まず、酸素と反応して、それによって保護した食品。例えばVE。ある酸化防止剤を水素イオンは油脂自動酸化過程の中で生まれた過酸化分解破壊させ、アルデヒドあるいはケトンの成品を形成することができないようなチオ2プロピオ酸ラウリルなど二。酸化防止剤というよりも可能性による過酸化水素結合を過酸化化物、油脂酸化過程が中断し、それによって組織酸化過程で形成自体は酸化防止剤の自由な基が、酸化ラジカルを形成することができて安定した2ポリ体、あるいはと過酸化ラジカルROO。結合形成安定の化合物。例えばBHA、BHT、TBHQ、PG、茶ポリフェノールなど。

にいくつかの常用の脂溶性酸化防止剤。

(いち)BHA:ブチルヒドロキシアニソール。加熱後の効果が保持性は良くて、保存食品に有効で、それは今の国際的に広く使われた酸化防止剤の一つで、我が国の常用の酸化防止剤の一つ。やその他の酸化防止剤が作用に協力し、と相乗剤などのクエン酸などに使い、その抗酸化効果が著しい。一般的にはBHA毒性が小さくて、比較的安全。

(2)にBHT:ジブチルヒドロキシトルエン。その他の酸化防止剤と比べ、安定性が高く、耐熱性は良くて、普通の料理の温度で大きな影響はなく、抗酸化効果も長期保存用の食品と焼き上げる食品有効。現在の国際上で特に水産加工の方面で広く応用格安の酸化防止剤。普通でBHAとし、そしてクエン酸や他の有機酸を相乗剤。相対BHAにとって、毒性がちょっと高い。

(さん)PG:子酸プロピル。熱は比較的に安定し。PGにラードの抗酸化作用が強いBHAとBHTいくらか。低毒性。

(よんしよ)TBHQ:タイトバイタルハイドロキノン。比較的新しいフェノール類酸化防止剤、抗酸化効果がよい。

漂白剤

この種類の物質が生まれる二酸化硫黄、二酸化硫黄遇水は形成亜硫酸。除は漂白する作用のほか、防腐作用を持つ。また、亜硫酸の強還元性、エネルギー消費の果物や野菜の組織の中の酸素酸化酵素の活性を防止し、果実の野菜の中のビタミンCの酸化を破壊する。

亜硫酸人体内が代謝されになって硫酸塩を通じて、解毒過程の尿中に排出。亜硫酸塩類化合物に適用しない動物性食品を起こさないように、不愉快の匂い。亜硫酸塩はビタミンB 1と破壊作用ので、B 1分の多い食品などの肉類、穀類、乳制品やナッツ類食品もふさわしくない。そのによってアレルギー反応でアメリカなどの国家の使用を厳格に制限を受け。

着色剤

と呼ばれる色素は、その感覚を高める食品を着色後形質の一種類の物質。食用色素にその性質や源に分けることができます食用天然色素と食用色素の合成2大類。

いち.食用色素は合成、人工色素。食用色素の合成特徴:鮮やかな色彩や性質が安定し、着色力が強く、堅牢度大、任意の色を加え、低コスト、使うのは便利で。合成色素の大多数が人体に有害である。合成色素の毒性のある自分の化学性能は人体に直接毒性;あるや有害物質代謝の過程で発生、生産過程はまたされるヒ素、鉛やその他の有害な化学物質汚染。

私の国では現在の使用許可の合成色素はヒユナ赤、紅、赤赤く(ちび赤)、新しい赤、赤、黄、日の入り誘惑レモン黄、亮蓝、インディゴとそれぞれのアルミニウム色淀。や合成のβ-カロチン、葉緑素銅ナトリウムと二酸化チタン。

食用に.天然色素、使用天然色素は主に動植物の組織から抽出した色素、複雑な天然色素成分を経て、浄化後の天然色素、その役割の可能性もあると、元の違い。そして精製の過程の中で、その化学構造も変わる可能性、また加工の過程の中で、汚染された可能性があるので、考えない天然色素はきっと純粋無害の。

護色剤

護色剤と発色剤。食品の加工プロセスを改善するため、または保護食品の色は、直接食品を使って色素着色のほか、時には必要足を付ける適量の発色剤、制品が良い色

いち.発色剤の髪の色の原理と他の役割:①髪色作用を肉製品が鮮やかな赤、加工過程の中で多く足を付ける硝酸塩(ナトリウムやカリウム)または亜硝酸塩。硝酸塩細菌硝酸還元酵素の作用の下で、亜硝酸塩還元。亜硝酸塩、酸性の条件の下で生成亜硝酸。常温でも、分解可能発生ニトロソ(ノー)、この時に生成のニトロソすぐのとミオグロビン反応生成、安定、鮮やかな、明るい赤色の亜硝化ミオグロビン。だから肉を保持できる安定した鮮やか。②抗菌作用:亜硝酸塩肉製品の中で、微生物の増殖を抑えて一定の作用。

発色剤の応用に。

亜硝酸塩は添加物に急性毒性の強い物質の一つで、1種のドラマの毒、正常なヘモグロビンにメトヘモグロビン血を失い、携帯酸素の能力によって、組織の酸欠。次亜硝酸塩をニトロソ化合物の前に体を起こしたもので、その発がん性国際性の注意のため、各方面の要求を硝酸塩と亜硝酸塩の足を付ける量を保証髪色の場合、最低レベル制限。

アスコルビン酸と亜硝酸塩高度親和力、体内で亜硝化作用を防止することができる、それによってほとんどを完全ニトロソ化合物の生成。肉の塩漬けから時足を付ける適量のアスコルビン酸が防止発ガン物質を生成する。

硝酸塩と亜硝酸塩の使用が制約されてしまったが、これまで国内外でも続いて。その原因は亜硝酸塩に保持塩漬け肉製品の色、香り、味が特殊な役割、これまで未発見の理想の代替物質。更に重要な原因は亜硝酸塩は肉に毒紡錘状バジラス抑制効果。しかし使用の食品及び使用量や殘留量が厳格に要求。

酵素製剤

酵素製剤、生物を含む(動物、植物、微生物)から抽出し、生物触媒能力酵素の特性の物質。主に加速食品加工と製品の品質を高める食品。

我が国の酵素製剤の使用許可が:パパイン――から未熟なパパイヤのラテックス抽出や、アスペルギルスオリゼ;、バチルスサブチリスなどに制のプロティナーゼ;α-アミラーゼ――から来枯草菌;糖化型アミラーゼ——我が国に生産本酵素製剤の種菌黒麹菌、根酵素酵素、調味料の一つ、準内包酵素;黒麹菌、アスペルギルスオリゼ、黄麹菌生産などのペクチナーゼ。

防腐剤

は、食品の中の微生物の繁殖を抑えることができ、防止食品の腐敗し、食品保存期間延長の物質。防腐剤は普通は酸っぱい型防腐剤、エステル型防腐剤や生物防腐剤。

1、酸っぱい型防腐剤:常用の安息香酸、山梨の酸っぱいとプロピオ酸(およびその塩)。この種類の抗菌防腐効果要は未解離それらの酸分子、その効力PHいかんに従って、酸性のほど、効果は良い、アルカリ性の環境の中でほとんど無効。

いち.安息香酸とソーダ:安息香酸の別名安息香酸。その水で溶解度が低いので多くの使用をソーダ。コストが安い。安息香酸に機体から、ほとんどのきゅう、く~じゅうご時間以内とグリシン化合成マンデル酸尿中に排出してから、殘りの部分はブドウ糖と結合し醛酸解毒。

ソルビン酸およびその塩に.:別名ナナカマド酸。水中での溶解度株式ので、常にその使用を加裏。ソルビン酸は一種の不飽和脂肪酸を参加することができ、機体の正常な代謝の過程を同化され、二酸化炭素が発生と水から、山梨酸とは食品の成分は、現在の資料には、人体には無害の。

さん:抗菌作用。プロピオ酸およびその塩は比較的に弱くて、使用量が高い。常用パン菓子類、価格も比較的に安い。

プロピオ酸およびその塩類、低毒性とは、食品の正常な成分であり、人体内の正常な中間代謝産物。

よんしよ.デヒドロ酢酸(dehydroaceticacid)とソーダ:広い譜の防腐剤、特にカビや酵母菌の能力が強い、安息香酸ナトリウムのに~じゅう倍。本品に急速に人体に吸収され、そして分布は血液と多くの組織の中で。抑制の体内が多種酸化酵素の働きで、その安全性を疑われ、故は徐々に山梨酸に取って代わられ、そのADIまだ規定値。

  • 亜硝酸塩にどんな危害か?
  • どれらの化学薬品中毒を引き起こすことができますか?
  • 「一晩料理」が本当に発ガン?
  • 食品添加物はどれらがありますか?
  • あなたも知っている三種のよくある食品や添加物に関係あるの?
  • 食品添加物はどんな作用がありますか?
  • 十大一般食品添加物あなたのいくらですか?
  • あなたのそばにどれらの食品添加物ですか?
  • 過剰使用の食品添加物にどんな危害か?
  • ビールの工業の中でどれらの食品添加物を使ったのですか?
  • 食品添加物はどんな作用がありますか?
  • あなたも知っている三種のよくある食品や添加物に関係あるの?
  • 児童の食品の中でどれらの添加物?
  • 安全使用の食品添加物はどれらの原則。
  • 食品添加物にはどんな種類があるのですか?
  • ペットボトルの水を选ぶ時の注意のどれらの問題ですか?
  • 日常生活を離れられる食品添加物ですか?
  • 食品添加物の誘発リンパ腫ですか?
  • どのように正しく認識の食品添加物ですか?
  • どのように食品添加物を分類するのですか?