中国最古の地図

中国人の最初の世界地図を描く中国人の最初の世界地図を描く


元东台周北堂画。文人邵廷烈所得。中国人が描く最初の世界地図は、光が年間(1821-50)年出版。

この地図は源図をはち軸いち幅挂屏式表装、それぞれ軸高132センチ、幅28センチ、全図分南北の2つの半球、それぞれがそれぞれよんしよ巻物掛け軸半球。経緯度描かれて赤、網を墨色図の中で「経度京師を第一度、尊皇の意味も」。レイアウト図から見て、中央に位置して、週りは释文、図説、その地名注釈を含む411条。制作レベルの先進的な内容が豊富で、精確で、地名注釈詳しくて、幅広い分野では、珍しいの古地図、また貴重な歴史資料図。

  • 中国の海外留学
  • 中国砿業大学
  • 古代中国の教育玩具孔明锁あなたを解くことができますか?
  • 中国は宗教を信仰しますか?
  • 南昌市地図
  • キャンパスの地図
  • 中国の山水画の特徴
  • 書画の表装の芸術はどう啓後は掟の?
  • あなたは華中師範大学の地図ですか。
  • 古代地図がどのように発展するのか?
  • 中国最古の地図
  • 一度科学考察の科学の記述がない
  • 港の明かり
  • ポーランド王国
  • ヨーロッパ文学と芸術-最も有名な新曲の秘蔵選集
  • イタリアベニスため息橋
  • 世界一週について、1名の大使の物語
  • 日本民間踊り
  • アフリカ文学と芸術