三次元アニメーション制作中の照明デザイン

核心提示:教育技術の発展につれて、三次元アニメはテレビも教材の制作中やマルチメディア応用ソフト制作中はとても広くて、三次元アニメーションは画面の二度の空間に表現の三次元運動物体空間。良好な照明効果は三次元アニメーションの成否を重要な方面は、3DSTUDIOMAXシステム内のデフォルトの散乱光照明燈が、この時に満足できない。
教育技術の発展につれて、三次元アニメはテレビも教材の制作中やマルチメディア応用ソフト制作中はとても広くて、三次元アニメーションは画面の二度の空間に表現体の三次元運動空間。良好な照明効果は三次元アニメーションの成否を重要な方面は、3DSTUDIOMAXシステム内のデフォルトの散乱光照明燈を満たすことはできませんが、この時の制作者の要求を達成重設置燈自分に必要な芸術の効果。今は、私の3 Dアニメーション制作の実踐、相談の3 Dアニメーション制作中の照明デザイン。1、三次元アニメーションの中でライトタイプや様々な光の作成

いちライトタイプ

3DSTUDIOMAX中で提供して以下の6種類の照明:

Ambient(環境光)、Omni(散乱光)、TargetDirect(目標配向光)、FreeDirect(自由配向光)、TargetSpot(目標スポットライト)、FreeSpot(自由スポットライト)、Sunlight(太陽光)

にさまざまな光の作成

環境光(Ambient)はシーンの中ですべて物体のあらゆる部位均一照明の照明。MAX環境光環境設定の一部として、デフォルトの環境光は黒に近いのダークグレー。環境設定を変えるだけで、クリックA区メインコマンドメニューでRender / Environment…設定ダイアログに入って、クリックAmbientタブの下の色の塊を選んで標準色や調整RGB値調整環境光の色、色が薄くは環境光ほど明るい。

散乱光(Omni)は1種の時の光源、均一週囲に照射され、そのシーンで普通の照明。シーンでの物体に再設置散乱光、まずクリックCreat / Lights / Omni、FRONTやLEFTビューでマウスをクリックしが黄色い小さな菱アイコン表示散乱光既に、更に主命令パネルの散乱光パラメータ区設置そのパラメータ;第3歩では、SelectandMove命令黄色の散乱光アイコンドラッグに適当な位置まで、透視図の中の光を散乱光の移動につれて変化。

配向光(DirectionalLight)を指すのは太陽のように遠くから来た光源無限照射。配向光は平行光ビームは、それは二つに分けて、つまり目標配向光(TargetDirect)や自由配向光(FreeDirect)。もし、シーンで設置象レーザービームや光効果に使う光配向。創建目標配向光:まず、クリックCreat /ライト/ TargetDirectional、ビュー中と光の位置で作成配向クリックする光源、押さえてマウスをドラッグする目標に照射照射目標で、次に、メインコマンド板に設置配向光の各のパラメータ;再度、SelectandMoveボタンをクリックし、各ビュー中調整配向光源と目標の位置や角度。

スポットライト(SpotLight)は少しから出したビームは、ますます遠くなる光源ビーム越寛、それが照らすの照射を中心に、一定の範囲で発生減衰。スポットライトは2種類あって、つまりTargetSpot(目標スポットライト)とFreeSpot(自由スポットライト)。その区別は目標が明確にスポットライトを調整の目標で、自由に調整可能な目標スポットライト。スポットライトの作成方法と創建配向光のように、ここは繰り返さない。

太陽光(Sunlight)以上のバージョンではMAXR2.5専門アナログ地球上の某所いつか真実太陽光のプラグインに使用される、アナログ太陽光、かつ発生真実の影の効果。

太陽光の手順を作成する:

(いち)クリックCreat / System / Sunlight、

(に)俯瞰図の中のシーンでクリックして適切な位置にドラッグを生むコンパス、それをクリックして生んで太陽の光源のドラッグ、

(さん)は、主による命令パネルに現地の状況を各パラメータの設定、

(よんしよ)もし羅針盤のデフォルトに君とのシーンの方向に合わないと羅針盤の星のアイコンをクリックSelectandRotate命令で、正しい方向を調整する。

(ご选択表示)太陽光源の黄色い矢印アイコンをクリックModify命令に装飾パネルは、パネルに表示方向の光のパラメータ区に設定し、各パラメータ。

二、三次元アニメーションの一般な原則に従うべきで光

いちだけで根拠がある

まずは、光の根拠の由来は、客観的現実生活。人々は光の感性的認識に生まれ、生活の中の日光、照明など。三次元アニメーション制作の中でない限り、何か特殊な発想を追求し、ある写意や劇的な照明スタイルのほか、普通で少なく仮定性の強い光源。に応じてシーンで出現の光源の位置、投射方向及び光源性質などの要素のデザイン布光案。

次に、光の根拠は文字のヒント。文字のは三次元アニメーション制作の基礎で、文字の理解が深くなり、獲得布光成算が大きい。

再び、光の根拠は制作スタッフの全体的な発想。光造形要因としては、監督が电教教材全体構想の中の一つの有機的な構成部分、三次元アニメーション制作スタッフは監督の統一を発揮する発想で創造作用。

にを維持する影调一緻

同じシーン、同じ光の条件の下で、三次元アニメーションの主体運動の完全段落を保つ必要にこの段落ごとに絵の影调一緻。違う場面のアニメ影调も一緻すること、そして努力する事前影调の全体的なデザインを避けると総影に反するの現象は位相変調。

さん注意投影

三次元アニメーションは、平面上に仮想現実の3次元空間にスポットライトうちに発生する投影、もしテーマ必要は表現主体の投影布光時、さもなくば避けなければならない不合理なの投影を確保するために、時空の関係の正しいと統一。

よんしよ奥行き感を出す透視

布光時では際立って主体に達して、イメージを形成、雰囲気を誇張など目的外も気を通じて光線の細心の配置を再現し、生活の中で正常な奥行き透視感、例えば:近い遠く遠く近く濃い相談、暗くて明るいなど、二次元空間に達成を突破し、創造の3次元空間の目的。

ご把握と違って景别の光で

一般的に異なる景别の布光要求はパノラマ布光ちゃんと告白環境、時間の概念と現場の雰囲気、中景布光はパノラマ布光確定の主方向及び背景光光投影不変の情況の下で、光の調整を通じて、強調表現主体の動作の主な光光;近景面方向がないまま、適当に調整して補助光を充分に表現主体;激写布光を充分に表現主体の特徴、繊細にその局部の質感を表現。

三、三次元アニメーションの中でライト設計の手順

いち確定カメラの席や機運動のコース。

これは燈設置の前提によって、機や運動光照射範囲を確定する人。

主に確定光位、主摂体についての造型。主な光と呼ばれる」型の光」は三次元の絵で物体造型の主要な光照明。設置主光線は確定主光位とその照射方向と強度、主体の斜め側上方、スポットライトアングル通常照明主体とカメラを高度成長45-60度、レベルに45度ぐらい。私は主光方向はどうして、主に光はさまざまな光の中で支配的な地位を占めるとなり、画面の中で最も注目の強光、さもなくば他の光線発生相に衝突、互いに相殺、弱まるキャラの効果、または発生散乱の投影。主な光設置一般用スポットライト、スポットライトを使う前は相談した。

さん設置補助光光を主に不足して、さらなる整備対象キャラ主体。

補助光と呼ばれる」と副光」では、主に光照明の光を補充する。補助光の多くは無影の柔らかい光、投光照明などの発生散乱光。目的は用いて弱まる主光が投げかけの硬い粗末な陰影、光と暗い部分が低下する部分のコントラストをされていない、主の光の影を提供するまで部位適切な照明、暗部の物体の造形表現力を高める。光の要求に対して補助しない方が良い再形成新乱雑な陰影、または破壊の主な光のモデリング効果。通常の状況では、主な光と輔光よりも決定した照明対象の影调コントラストは、シーンのメインとして照明光と輔光は決めたこのシーンの全体の画面輝度コントラストと画面を基調とし。処理補助光に要求補助明るさに強い光を生じない主新光り、そして補助光の照明は影の部分を維持させる性質を持っている影、暗部レベル変化と適切な造型。

よんしよ主体と背景を区別するために、被写体空間感、運用輪郭光勾划出主体の輪郭線。

光は輪郭を照明の物体が縁の明るい光。輪郭光の主な任務は勾划物の一部または全部外沿輪郭形式。輪郭光は逆光効果、輪郭の光の多くはスポットライトにライトアップされ、その明るさの時に強い光を主に、物体の輪郭線とはっきり明るい、さらに閃光効果、画面の光を豊かに描い多様化し、画面の影调レベルを強め、画面の形式の美しさを、強力な造形性。輪郭光の多い高度下に照射し、直射光形式を光区小さくて具体的には、投射物だけを表現した上で大きな範囲内の照明。輪郭光一般配置と主席の位置に対して光や、光位あまりメタや、高すぎると主な光のは普通1より。

ごシーンの具体的な情況によって、使用環境光、修飾光。

環境光の主要な作用は照明主体の対象を取り巻く環境の特徴を環境光で構成された背景光調と本体形成背景と対比して何かに達し、主体の目的。環境光ただ1種の大きい範囲の光を、通常、多く燈氾光散乱光を形成し、画面全体を照らす光環境を形成し、統一を加減して、表は1種の完全な空間感。環境光に向けて主体で、特定の環境、時間や表現にある特殊な雰囲気と影调構図の作用の時、何杯も常用スポットライトの直射光をいくつかの富んでいる筋の意義や象徴的意義の背景を形成し、一種の背景光復雑影调豊かにし、調査が変化に富空間効果。

修飾光は、修飾主体のある細部の光。当主の光、補助光、輪郭光位置及び照度が確定した後、主体的には一部の布光ない理想的なところで光を与え、修飾。例えば:表現して金属環の質感、亮その局部が反射させる時、もっときれいで、更に特徴、更に富んだ造形表現力。修飾光を注意しなければならない知らない人工跡、全体的な効果を破壊しない。一般用スポットライトが適切に制御する照明の明るさ、小規模な照明調整範囲。

上記は私の3次元制作過程の中にの認識、参考までに、実は、三次元画制作中本当にライト設計をすることは容易なことは、研究に沒頭する実踐、深く、才能に芸術の効果。

  • 夜景の撮影技巧
  • あなたの知っている三次元アニメーション?
  • 三次元アニメーション映像制作の流れはどれらがありますか?
  • 三次元アニメーションの従業員の発展の見込みがどのようですか?
  • 三次元アニメーション制作中の照明デザイン
  • いくらプロ制作3 Dアニメ?
  • 結婚式の常用照明器具と特徴がありますか?
  • ライト設計の重要性が分かるか?
  • 三次元アニメーションのデザインの中に含まれるどのいくつの仕事のアイデア
  • 三大のウェディングベールの撮影スタイルは何ですか?
  • ディズニーは3 Dアニメ映画新作《破壊王ラルフ』
  • 歩いて中国の特色を三次元アニメーションの道
  • 三次元アニメーションのデザインの中に含まれるどのいくつの仕事のアイデア
  • 三次元アニメーション制作について漫遊
  • 三次元アニメーション制作の加速に彩られた方式
  • 三次元アニメーションの科学研究の成果を普及の中で優れた効果を果たすことができる
  • 三次元アニメーション制作中の照明デザイン
  • 三次元アニメーション制作の必要の資料の明細
  • 工業三次元アニメーションの発展の苦境
  • 三次元アニメーション制作中の照明デザイン