路亜の紹介と基本的な素養、入門釣友必読

いわゆる路亜钓法、すなわちバイオニクス餌钓法、ともいう準餌をまねて钓法、弱い生き物による攻撃を1つの方法。全体では釣りの過程の中で、釣り人は全身運動と伝統钓法大きな違い。路亜釣っヨーロッパで盛んで、私の国ではたくさんの疑似餌メーカーが、あまり人がこの钓法。

解釈路亜釣り

いわゆる路亜釣り餌はバイオニクス钓法、ともいう準餌釣りは、模倣弱い生き物による魚攻撃の方法が、全体の釣りの過程の中で、釣り人は全身運動と伝統钓法大きな違い。

路亜釣り道具

まず先に準備必要の工具はもちろんにほかならない抛竿と巻き線器及び非鉄釣り糸と疑似餌。

どうして选有色釣り糸?から準餌釣りは見线钓ので、もちろん色のラインを選ぶ!一般釣友だけラ竿巻き線ラ竿巻線、といつも思ってルアーについて走って魚をされて再竿、こんなやり方は間違っている。左図の魚:逆方向攻撃中魚の確率が低く、魚が餌をもう見て偽攻めの応答時間が短く、後ろから攻めて応答時間は長くて、あのときの時直ちに線松掉支線などの魚の餌で発見を吐いてしまい、線へ走るように両側、果更に引かないのならば、あれはあなたはもう負けの4分の3以上の確率で魚をしたので、私たちは選んで釣り道具、把握するタイミング。

準餌の原理

魚はお腹が空いたとは何でも食べて、特に肉食魚、攻撃性は強くて、きっと攻撃準餌は、例えば、スズキ、刺身(ライギヨ)、ナマズの最も代表性、コイ、ソウギョ、プリクラたなごなど草食性大型魚も攻撃準餌常用ルアーについて約5センチぐらいの長さ。

 

準餌の選択

準餌に大別硬餌ソフト餌に分けて、水に浮く性瀋水性では、市場ではあんなに色、あんなに多くの種類の準餌は、どのように選びますか?

人に視覚、聴覚、嗅覚、味覚、側線(皮膚は水温反応)、魚もあり、準餌釣り視覚や側線反応に関しては一番重要で、視覚や側線反応見天気の良し悪しで、曇りが目立つ白とピンク、昼間に銀色あるいは黄色で、もちろん水も見の色、水濁かもしれない時自然な色の黒いや赤によく使って、水清時かえって靑と茶色、また考えて光の屈折問題、水温や水質の問題が、二つの色は絶対、赤と黒。赤はそれは動物では驚く時の腹部が現れるの色やピンクで、黒い太陽は、ルアーについては水面の上で、魚が水の上を見上げると、しか見えない色。

硬餌やすい判読、水中丢入すぐ分かるソフト餌で舞うときはかなりテクニック、準餌釣りは弱い生き物やけがの動作を真似しなければならない安先水面をずるずる見てみて、これを見てルアーについてはどのように振れいつずるずるなければ、中間走法?一定の速度一定の分かって走って、後に投げて、同様の方法で行く牽引。

また、地底の高低がいるかどうか、障害物などの要素にも影響が影響準餌の選択。私たちは違う状況によっての分析のためのために選択ようこそ収獲がよけいに餌。

通常の情況の下で、路亜硬餌の口には透明なプラスチック突出部、私達は彼を舌板と呼ばれる、水止め板や潜水板。とても明らかに舌板ほど深く潜水やすく、潜水

いち、ない舌板、しかも接続リングの背中に、私たちはそれをVib(震え泳)、全泳層。

に、小さな舌板、しかも細身の体を、私たちはそれをミノ、0.5--1.5メートルぐらい。

さん、大きな舌板、しかも比較的短い太って、私たちはそれをロック、2--4メートルぐらい。

よんしよない、舌の板で、一枚の口を、私たちはそれを波すり、水面係。

<strong>路亜の紹介</strong>

路亜この名詞~信じてあなたにとってはよく知らないで、路亜は我が国のマカオ、台灣地域、準餌と呼ばれるように、英語で準餌の綴りをLURE。伝説じゅうく世紀の初め、アメリカ釣り人豪顿氏が川で手に持っている小さな木片をかみながら友達と雑談しながら、うっかりして、川の中に落ち木片を、1つの知らない魚くわえた木片を歩いてすぐに飛び出す。この偶然のことで、触発された豪顿氏の霊感、その後彼の発明が世界初の路亜(準餌)。につれて路亜の認識によって、肉食魚食性や捕食する方法をまとめた钓法路亜。路亜钓法の一つとして、健康、環境保護、運動、ファッションの釣り方、ずっと令路亜釣り人は誇りに思っても、それを「釣り人称のゴルフ」。

路亜で釣らヨーロッパ盛んで、いわゆる路亜釣り餌はバイオニクス钓法、ともいう準餌釣りは、模倣弱い生き物による魚攻撃の方法が、全体の釣りの過程の中で、釣り人は全身運動と伝統钓法大きな違い。準餌の原理:自然水域での肉食魚も強いの自主捕食する能力に依存しない、それは死を餌にだけはある程度の動態の餌に興味を持って。特に肉食魚、攻撃性は強くて、きっと攻撃準餌。路亜釣りの全過程は運動の中で、初期、魚、句読点を含む、水中で行う竿やドラッグ竿、収線、震えて、手を引っ張るなどのアクションは、きっと運動の規則を把握し、努力に水を「死餌」になって、水の中で現れる様々な餌を準あわてて逃げるような、もがいて、けがが虚弱で、急速にけいれんなど形態を目標魚を攻撃に代わって伝統钓法の時間はほとんど無味乾燥のを待つ。

淡水のスズキ、刺身(ライギヨ)、ナマズ、ケツギョ、鳡鱼、翘嘴、罗非最も代表性、コイ、ソウギョ、プリクラたなごなど草食性大型魚も攻撃準餌。海水水域で中央の帝国の対象魚がいっそう豊富で、大多数の魚も優秀な路亜対象。

しかし、今までまだトリビュタリ帝国はどんな魚も逆らえないその誘力、原因はただ自然に多すぎる違う客観的条件など、海、ダム、川、季節や気候、日照方向……そのため一人の横領路亜のベテランが視当時釣り場状況で組み合わせて釣組を対象に、魚は掠食性や探し食性、護巢性、駆逐性、群遊性など、そのに対応した路亜および技法も全然違う。この活動に従事して過程の中で、人々は自ら体得自然の変化、各種間の奥妙関係、それをさらに疼惜大地を賜ったすべて。

<strong>路亜の利点</strong>

中国の路亜钓法と台钓钓法人各各能あり不能あり、相対的に、路亜も硬餌とワームは、遊ぶことができる性と娯楽性においても私達に無類の楽しみ、また路亜钓法に環境を保護する側と携帯使う便利性についても他の钓法とは比べものにならない、しかもカバー国内の釣り界ずっと掠食性魚が钓法の空白が、中国の大部分の淡水魚は非掠食性の魚で、これらの魚路亜钓法は釣れない、ただ全伝統的よんしよみんな魚獲効率に遠く及ばない台钓釣り。路亜運動区別魚伝統钓法の利点:

いち、路亜持ち運びに便利に使うながら取り、相対台钓にとって、袋を省いて小包と縛りフック調漂の面倒も考える必要がない、生きた餌の保存携帯問題。

に、路亜環境保護、使用路亜钓法絶対に水質汚染原因にも、環境保護方面の功は大きい、台钓巢が餌を、ひたすらお礼と言って、しかしねえのは多くなって、魚も多くて、ゴミが多いが、自然に水質が下がった。

さん、路亜は全身運動に対して、台钓の局部運動にとって、更に体を鍛えて、もしあなたはダイエットしたい釣り好きなら、路亜は悪くない选択。

よんしよ、路亜は主動攻撃的钓法より台钓投げてなどの餌食いのにとって、もっと積極的に。伝統钓法受身などの魚が自発的に魚を探し、準餌を破る自分で魚の静寂を受けようイライラをさせる。

ご、路亜钓法時間や地域に限らないに関わらず、あなたはいつでもどこでも、昼蝶番、あなたも飛んでなければならない任意竿、台钓場所なら、平坦な岸辺才能搭台施釣り、そして夜よりも重い蓄電池を持って、さもなくばない施設釣り。

  • あなたは知っているスズキは何を食べますか?
  • 聞いて私にとっては路亜どう釣狗鱼?
  • 路亜钓法の利点
  • なりたい「釣りの王』の釣り王ですか。
  • 何は路亜
  • 翘嘴鲌の特徴及び路亜钓法
  • 海路のシリーズの知識
  • どのように釣ソウギョ?
  • 翘嘴鲌の特徴及び路亜钓法
  • 各種の路亜準餌の中英対照表
  • いくつかの路亜用語
  • 路亜の紹介と基本的な素養、入門釣友必読
  • 海路のシリーズの知識
  • ミノの操作–路亜(ルアー)使用知識
  • よく知らないし、考えた水域
  • 何は路亜