歯が不揃いはどうした?

歯が不揃いはどうした?歯が不揃いはどうした?

 

 

歯と歯がそろわない間違い奇形は、児童は成長過程の中で、先天的な遺伝要因や明後日の環境の要素、例えば病気や口腔不良習慣、代わりに歯の異常などによる歯、顎、颅面の奇形、主にあります:歯並びそろわないで、歯間の上下弓牙合関係異常、顎の大きさの形態異常などの位置。間違って顎奇形形成の要因とその原理は入り組んだ。その発生の過程が単一の要因や単一のメカニズムが作用が、可能性はさまざまな要素あるいは多種のメカニズム共同作用した結果、これらの要因の影響の顎顔面神経や筋肉、骨、歯や軟部組織の生長の発育異常発生させ、変わり続いて間違って歯の奇形形成。

 

間違って歯の奇形の発症要因は一般的には、遺伝的な要因と獲得的要素の2種類。遺伝要因が主に進化退化を種族と、遺伝要因が約30%。後天性要因は以下のいくつの方面:

 

いち失:早く)乳歯が隙間不足発生混雑転位。導萌え萌え作用を失って、永久歯がずれに出ないと萌え出す。

 

不良習慣:多数をしゃぶって)、習慣、舌の習慣、唇をかみ習慣、噛む物習慣、伸下顎習慣、不良嚥下習慣、片側噛む習慣など、様々な間違いを起こすことができる歯合。

 

さんたくさんの生歯:生歯を引き起こすことができます、キバ、顎システムの形態運動エネルギーは乱れて、中切歯間の多い生歯によって中切歯隙間の形成など。

 

よんしよ先天性の欠如)牙:多くの発育や胚原因、第三歯ぎしりの欠如を係統発生の劣化現象。

 

)乳歯滯在:個別歯が外れない期限経過を乳歯滯在を招くことができて、続いて阻まれ永久歯萌えが待ち伏せたり、萌え出す転位。

 

ろく)の乳牙摩耗不足:子供の食事して柔らかいので、ある乳牙歯より他の摩耗多いので、高い歯生歯の顔が弓、早い接触前や、侧方に移動し、反歯形成。

 

ななしちまたたくさんの要素と局部全身疾患の要素、例えば伝染病、栄養不良や内分泌の要因、ビタミンの欠乏、唇顎口蓋裂、関節丘状突良性肥大症、顔面肥大症など。

  • 歯の尖はつるつる、遇さは酸はどうしたの?
  • 赤ちゃんの歯は早くも生えていいて遅くて良い長
  • 歯の矯正の最高の年齢はいつですか。
  • 赤ちゃんの歯が抜け替わる注意しなければならない何時
  • 成人矯正歯の効果は良いですか?
  • 唇口蓋裂を遺伝を次の世代にですか?
  • 胎児唇口蓋裂の原因は何ですか?
  • 唇口蓋裂発生の原因は?
  • 何は先天的唇口蓋裂?
  • 深刻な損害を赤ちゃんの歯の八大悪習
  • 何は口腔美容?
  • どうしたら歯保健?
  • 口腔美容に何の標準ですか?
  • どのようにスケーリング?
  • 歯が不揃いはどうした?
  • どのように歯週病を予防?
  • 定期的に洗ってスケーリングほどほど悪いのか。
  • どのように歯の矯正をしますか?
  • 美齿食品はどれらがありますか?
  • どのように自分の歯を磨く検査効果ですか?