09.5.31セリエA末輪フィレンツェ0:2ACミラノ

カカカカ

 

北京時間のご月31日21時、2008 / 09シーズンリーグ最終戦のセリエAの全面戦争。1度の焦点大戦中、ACミランでカカとパト後半のゴールで2 - 0力克フィレンツェアウェイ全力で、来季のチャンピオンカップ予選資格。
これまでACミランいちさんラウンド平にマイナス、追い詰められて最終ラウンドとフィレンツェ決戦を争奪来季のチャンピオンカップ予選の資格。限りがACミランアウェーで負けないフィレンツェにボールを確保できる以上も前の3が、この試合前に赤黒い軍団自家消耗さ、アンチェロッティの進退やカカ、ピルロの未来に深刻な影響をACミランの士気。出場陣の方面で、ベッカム直ちに負傷して戻って引き続き先発、大リストの中のネスタとガットゥーゾは依然としてベンチに座って。

この試合はマルディーニ第902度代表ACミラン出場で、これも彼の職業生涯の最後の公式試合。オープニングの段階でフィレンツェしきりにMFカット、ACミラン難しい攻めた後半。第さん分、フィレンツェ前場切れを反撃し、约维蒂奇球を分けて右サイドに挿しての塞米奥利ですが、塞米奥利の伝で直接得ティーダ。いち分後、科莫托援護攻撃から前場伝では、少し胸停球ジラルディーノ後後にボールを引き出し中路、選手がないのが殘念フィレンツェバックアップ。

耐えフィレンツェオープニングのサンパン斧、ACミラン開始した。第ななしち分、MFカカのかかとでヤンクロフスキを打つボールの後に沿って左長駆直進する、ずっと殺到聖域最先端後出足怒射、フライダウンボールを通てボトムライン。ACミラン右コーナーがれノックアウトペナルティエリア、ヤンクロフスキ門の前でにじゅうメートル迎ボール怒射、ボールをフィレンツェ選手に屈折後は弾で身を拭いているカカ、最後にゴール右側の柱が飛び出しボトムライン。フィレンツェ反撃に出ると、左の下で底パスカル伝では、塞米奥利中央の甩头攻門ボール偏出左ドアピラー。

第じゅうご分バルガスは左からで、ボールをさえぎってボトムラインファヴァッリ。フィレンツェがガンベリーニコーナー、門の前でごメートル頭突き攻門、惜しい角度がされているティーダ。第じゅうはち分で、右側弗拉米尼ジラルディーノ前場されて倒して、フィレンツェ獲得直接フリーキック。パスカル左足弧直接攻撃門ボール、ボールを拭いている右ドアピラー飛び出しボトムライン。第にじゅう分、カカの球を叩き込まペナルティエリア、インザーギは懲役トラップ。第22分、左サイドから送り出す约维蒂奇伝では、甩头ファヴァッリジラルディーノが攻め門ボールを拭いているゴール端出頂角偏。

第24分、ACミラン抜いてほとんど1位、カカと弗拉米尼最先端でタブーを配合し、カカに背を向けてゴールを外し弗拉米尼のフェイント後はボールを弗拉米尼回に、弗拉米尼距離ゴール25メートルから右足怒射からボールを立柱や梁がゴール左の境にあるポップアップボトムライン。第27分、左サイドセードルフ大きい範囲の移転で右あばらを外し、ザンブロッタタブーボールの後で1名のバックを守り、すぐさま左足抽射ゴール近く角、フライ反応神速球速さ。第28分、蒙托利沃MF切れてボールを形成よんしよ反撃、フロントによんしよの局面が、蒙托利沃最後ボールを詰め込んでジラルディーノ時、マルディーニ一歩を切れ下ボール。第38分、ピルロロングパスペナルティエリア、フライ先んじインザーギ前にボールを抱きしめる。第よんじゅう分、右侧のボトムラインでザンブロッタをキック、ベッカム調和ボール伝来ペナルティエリア、インザーギ前パッド射ボールガードされてとめる。

第41分、フィレンツェ急速に反撃を打ち出し、约维蒂奇左弧ボール伝来ペナルティエリア、ジラルディーノで抢点にひかれザンブロッタ後ろからが、審判は非せ。プランデッリ今回ペナルティーを科す非常に不満、現場も大ブーイング。第44分、ヤンクロフスキ距離ゴール25メートル左足抽射ボール高い家構え。ロスタイムには、ドナデルは右サイド伝では、手を伸ばしてボールを弗拉米尼決心をイエローカード。

後半開始からわずかに分、フィレンツェほとんどを打開する。フライ前場キックはACミランペナルティエリア、塞米奥利ヘッディング渡船、ジラルディーノ胸停球後から右あばらホメオパシー突入ペナルティエリア、すぐさま先んじマルディーニとファヴァッリを挟んで前に左足の外側で撥ねるボールを遠く角飛び出しボトムライン。

第51分、カカの左側から突入聖域後、小角度右足を出弧ボールが、ボール偏出遠ドアピラー。第55分、先制に成功しACミランついにチャンスをつかむ。右サイドの下で底後伝でザンブロッタ、ガンベリーニ手詰めの下でインザーギのミスを追い払う、ボール蹴ら聖域中央のカカカカの足元に、ホメオパシー門の前でろくメートル楽ツイ射ゴール手遠い角。1―0もう、ACミラン1匹の足に足を踏み入れる来季のチャンピオンカップグループリーグ。

第ろくじゅう分、左サイドセードルフは妙传カカカカ突入後、タブーは第1時間の选択シュート、得点好機を逃して。いち分後、ACミラン再做絶好の機会、カカサイド突破後伝で、後時ノーマークのインザーギ少し走ったので、直接シュート。にもかかわらず停球インザーギも止まっていないですが、彼はボールを抑え、立ち入り禁止区域から3名のバックの中で脱出を挟んで出て、殘念ながら最後インザーギシュート高い家構え。

第74分、ベッカムは右サイド低传タブーに中央無人盯防のパト惜しいパトの右足掃射偏出左ドアピラー。でもわずかいち分、パトは功罪相償う。カカ中央のボールを持ってして出して精密に直プラグ、パト反オフサイド突入聖域形成太刀に出撃のフライ、パト冷静に右足外側挑射、ボールを网底。2 - 0ACミラン、ロックする。今にもチャンピオンカップ予選資格の基本を手に入れ、スタンドのガッリアーニもやレオナルド救援、抱きしめて。

その後の試合の人フィレンツェ場当たり、勝利の望みがない場合も低下した対抗強度、双方は穏やかな雰囲気を使い果たして試合の最後じゅうご分。試合が終わる前に、双方が止まった試合で、全体の座弗拉基球場に拍手をマルディーニ、この名サッカー巨人に敬意を表する。最終的には主審の音につれて歩哨の音で、ACミランアウェー2 - 0フィレンツェを、最後の瞬間をチャンピオンカップ予選資格。

双方が先発する:

フィレンツェ(4-2-3-1):いち-フライ;21 -コモット、じゅうよん-扎乌里、ご-ガンベリーニ、23 -パスクアル(69」22 -库兹曼诺维奇);じゅうはち-蒙托利沃、よんしよ-ドナデル;ななしち-塞米奥利、はち-约维蒂奇(64」にじゅう-约根森)、ろく-バルガス(64」じゅうく-戈比);じゅういち-ジラルディーノ

ACミラン(4-3-2-1):いち-ティーダ;じゅうご-ザンブロッタ、じゅうく-ファヴァッリ(77」じゅうさん-ネスタ)、さん-マルディーニ、じゅうはち-ヤンクロフスキ; 32 -ベッカム(はちじゅう」はち-ガットゥーゾ)、21 -ピルロ、84 -弗拉米尼;22 -カカ、じゅう-セードルフ;きゅう、く-インザーギ(69ななしち-パト)」

  • 2007.10.17第2ラウンドブラジルご:0エクアドル
  • 06年ろく月じゅうよん日グループリーグ第いち輪ブラジル1 - 0クロアチア
  • 2009.09.06第15回アルゼンチンいち:さんブラジル
  • 2010年ろく月29日いち/はち決勝ブラジル3-0でチリ
  • 07年ご月さん日の準決勝度ターンACミラン3-0でマンチェスター
  • 2010年ろく月ななしち日グループリーグ2-1ブラジル朝鮮
  • 07年さん月はち日いち/はち度ターンACミラン1 - 0でセルティックス
  • 2010年ななしち月に日いち/よんしよ決勝オランダ2 - 1ブラジル
  • 06年じゅうに月ななしち日グループリーグ第ろく輪ACミラン0-2リル
  • 漫画を――カカの日記