マクロ情報株式市場への非対称作用をどう見て

情報の非対称性の理論の仮説にモデルには手紙 息非対称仮説に導出の模型と違う結論は完全に情報の下の結論。計量の方法は確立観測可能変数の基礎の上に、検証するモデルの結論を導き出しが多い。もし Golosov(2003)情報の非対称性の下で、彼を導き出し最良の「消費-投資」の方程式を「逆オラン方程式」、これは完全に情報と違って下の「オラン方程式」。だからもししかくを通じて 測変数(同期消費)に検証した「逆オラン方程式」は、推論可能性が存在する情報の非対称性。もちろん、もし存在する他の方面のメカニズムを同様によって「逆オラン方程式」、それ以上の統計の推論は終わらない 全。少なくとも、既存の文献から見ても触れていない他のメカニズムによって「逆オラン方程式」。ランダム動力係統分析の教材はたくさんあるが、と経済学研究に関する「ランダムに Dynamical・システムズ—Theory and Applications(Rabi Bhattacharya and Mukul Majumdar)」の本です。株式市場の価格形成メカニズムが複雑で、予想の理論よく説明したいくつかの株価は運行行為。現在、中国の株式市場はZFのマクロ情報の反運営メカニズム、私は確認 を主のために逆予想から主要な作用が、これは長期の。これは情報の非対称性の問題ではなく、一つの情報フィードバック構造問題、情報の非対称性が多く現れはゲームやいろいろ双方に同じ情報を握った 程度(何、)と違って、それによって当事者決定によって誘導。

  • 何は経済学
  • 十大経済学の原理
  • マクロ情報株式市場への非対称作用をどう見て
  • 国内外の統計学の教材の対比
  • エコノミスト
  • 何のマクロ変数A株が一番大切ですか。
  • マクロエコノミストのレベル
  • イギリス哲学者アダム・スミス経済史上の業績
  • 超限界分析の3ステップ
  • どのように民営企業中国内需牽引経済?