小型飼料粒機開発について

権威のある資料によると、近年、消費需要と養殖構造の変化、製品の構造はわが国の飼料が大きく変化、小型飼料粒機価格は我が国の水産飼料生産量は年平均成長率は17%上回る配合飼料8%の平均成長率は、豚料、鳥の割合は低下傾向にある。水産飼料になる業界の発展の中ですでに飼料の最大のスポットライト。1991年に我が国の水産飼料の生産高は75万トンに占める比率が我が国の飼料の総生産量の2 . 1%。しかしから1999年に急増し、その生産量はすでに400万トンで、飼料の総生産量の5 . 8%を占めて。

ために国水産飼料工業が科学の発展から道に沿って、「65」から、国は中国主要の養殖対象の栄養の需要と飼料配合組織した全国的な科学技術の難関、「65」から「五」期間中、小型飼料粒機価格それぞれ行った「中国主要養殖魚の栄養の需要と魚の飼料成分の研究」、「主な水生動物飼料検査標準と技術の研究」、「魚の栄養及び飼料配合技術の研究」など、現在まだわが国主要優秀養殖対象の飼料添加物、プレミックスなどの研究を行う。提出したソウギョ、アオウオ、团头鲂、コイ、ナイルティラピアなどの飼料の調合指図書や添加物プレミックスの調合を公布したウナギと中国クルマエビの飼料基準(コードはそれぞれSCl004-92、SC2012-94);現在進行中のいくつかの主要な養殖魚の飼料標準制定活動。行われたスッポン、河蟹、ハタ、フウセイなど海淡水養殖対象の飼料や添加物の研究。同時に、わが国水産飼料飼料原料、加工、機械、添加物や研究開発条件、テストの手段、品質のモニタリング、研究チームの建設、人材育成の様々な面で、いずれもそれなりの発展を備え、さらに研究開発と発展の工業生産能力。

近年、中国の小型飼料粒機価格水産飼料業界道まっしぐらで、そのきっかけは、国内の水産養殖業の直接の原因に高い成長が続く。ご存知のように、中国は世界で最大の水産養殖国と同時に、世界で唯一の生産量の国を超えて養殖漁業。当面、我が国の水の製品の総生産量は約グローバル総の35%のうち、水産品養殖生産高は世界の養殖生産に/さん、13年連続世界首位となり。養殖の生産高の比重を占有そうこれは世界の主要漁業大国ではない。

中国は世界水産飼料市場容量の最大の国は、膨大な水産養殖市場は我が国に水産飼料産業に巨大な発展の空間。中でも注目されているのは80年代からは、クルマエビ、穴子、スッポンなどを代表とする優秀水産品の養殖は急激に発展して、形成されたのが「養殖熱」。水産養殖業の物質の基礎として一つの飼料加工業、次に早く発展し、多くの優秀企業が出現し、いくつかのブランド養殖者の愛顧を受けて飼料。

「2010年食べ物発展要綱」を、2010年の中国水産品の一人当たり占有量は144キロ(つまり総量5720万トンに達するが、今は33 . 8キロ。だから、未来ろく年で、産業の生産量は、大の向上。我が国の既存の小型飼料粒機価格水産養殖物2500万トンの生産では、唯一の20%程度で飼って生産の飼料。わが国は現在の政策によって、海洋と漁業生産河川をゼロ成長、水産品の総量の成長は、基本的には、養殖に生産の提供を採用し、飼料の割合は予想を35%以上、2010年水産飼料の市場の需要量は約1500~2000万トンを生産、既存の基礎1~2 . 5倍に増加。

  • 中国のクルマエビ黄鰓病
  • ナマコどんな効果がありますか?
  • 小型飼料粒機開発について
  • ナマコんですか?
  • 免発凍結乾燥ナマコ加工プロセス
  • どのように区別する糖ナマコと淡ナマコか?
  • 甲殻なぜゆでてが赤いですか?
  • クルマエビ褐斑病
  • ナマコ薬用価値
  • ナマコの六大食用タブー