党参病虫害の予防と治療技術

主党参の病害が根ぐされ病、さび病、紫紋羽病。


根腐病:


病原を菌類の中で1種の半知菌、分慢性発症や急性発症の2種類のタイプ。慢性型、ご中旬、下旬から発症。発症初期下部ひげ根や側根が暗い紫色の病斑、そして黒変腐る。病害拡張主根後、ボトムアップ腐って。殘りわずかぼろぼろになる部分は「半分参」に近いが、腐って部位黒褐色、葉や莖に上部を徐々に黄色で、その結果は枯れて。急性型で、多くはろく中旬、下旬から発症し、参根すでに感染、全体の参根をほぼ同時に発症には、水濡れ状、生地は柔らかく、維管束が淡い褐色、数日後に全参ソフト腐。腐った部位は、明らかに少量灰白色のかび状のもの。


防止対策を実行輪作、忌連作;種まき前に真剣に種選び、病気を取り除いて、種を消毒する、丈夫で無病虫害の党参株植え種苗季節を準備し、多雨排水冠水を防ぐ仕事;発症期で50%二硝散200倍液スプレー、または50%退菌特湿潤粉末500倍液水。


銹病:


葉や莖や危害花床部位。葉部病斑淡褐色で、週りには黄色光背。葉を病斑に隆起して、夏胞子堆橙黄色、後期破裂をまき散らす大量夏胞子。莖や花托先の病斑が大きい。東北、華北地区に秋の発症は比較的に重くて。


防止対策:速やかに整理する田園;発症初期アンテナさび寧300倍液; 50%二硝散200倍液や敵さびナトリウム200倍液、7 - 10日ごとに1回2~3回、奥深い。


紫紋羽病:


ひげ根先を発症し、そして感染主根、病根根表出現赤紫シェニール状菌の最後に、全体の参根を参来歴外向で次第に腐ったり糜渣、最後に参根煤けるの抜け殻。ななしち月上旬から発症し、はち月を発症盛期、病害田んぼで危害の時間が長い;夏の高温多雨季節は比較的に重くて、危害。


防止対策:育て無病参苗で40%多い菌霊膠懸剤500倍液または25%多い菌霊湿潤粉末300倍処理土壌、平方メートルごとに水をごキログラム;植え付ける前使用多菌霊膠懸濁剤40%300倍液に浸して参根さんじゅう分、ちょっと乾かした後に栽植。


虫害:


いち、アブラムシ多夏が発生し、日照りが深刻な時、主芽若葉汁をさせ、枯れ緻死。予防と治療の方法:使用40%ジメトエートクリーム1500-2000倍液スプレーを殺す。


に、トラ、蛴螬、螻蛄発生は苗、危害苗の莖や根に欠けて、甚だしきに至っては減産苗。予防と治療の方法:①で25グラムクロルデンクリーム和え炒め香のふすまのごキロ、水適量で毒餌を花畑で毒殺。亜鉛硫磷クリームで50%②700-1000倍液や50%16 O 5乳剤せん倍液を根に週囲の殺虫保根。苗の害③で90%結晶ディプテレックスひゃくグラムと炒め香のなたね粕ごキロ製毒餌を诱杀。


さん、紅蜘蛛危害苗や割本吸う葉、葉液によるものも黄枯れしぼむ。予防と治療の方法:使用50%杀螟松1500倍液スプレーを殺す。

  • 中国のクルマエビ黄鰓病
  • ナマコどんな効果がありますか?
  • 小型飼料粒機開発について
  • ナマコんですか?
  • 免発凍結乾燥ナマコ加工プロセス
  • どのように区別する糖ナマコと淡ナマコか?
  • 甲殻なぜゆでてが赤いですか?
  • クルマエビ褐斑病
  • ナマコ薬用価値
  • ナマコの六大食用タブー