中華人民共和国の個人所得税法実施条例

(1994年いち月28日国務省令第142日発表し、2005年じゅうに月じゅうく日『国務院の改正について「中華人民共和国個人所得税法実施条例」の決定」改正)

中華人民共和国の個人所得税法実施条例-に関する条例

第1条「中華人民共和国個人所得税法』(以下、税法の規定では、本条例を制定する。
個人所得税個人所得税

第二条税法第1条第1項の言う中国国内に住所を有する個人」とは、戸籍、家庭で、経済利益関係が中国国内で習慣的に居住する個人。

第三条税法第1条第1項の言うことは、国内に居住して満一年」とは、1納税年度において中国国内に居住して365日。臨時出国、控除日数。前項所定の臨時出国」とは、1納税年度において1回を超えない、又は累計さんじゅう日を超えないきゅうじゅう日出国。

第四条税法第1条第1項、第2項に定める「中国国内から取得する所得とは、源泉が中国国内の所得をいい、「中国国外から取得する所得とは、源泉が中国国外所得。

第五条次の所得は、支払場所が中国国内においては、全て源泉が中国国内の所得:

(1)が勤める、雇われ、契約履行などが中国国内で役務の提供で得た所得、

(2)の財産をタクシーに借手が中国国内である取得した所得、

(3)に譲渡中国国内の建築物及び土地使用権等の財産またはその他の財産を中国国内に譲渡して取得した所得、

(4)の許可の各種の特許権を中国国内である取得した所得、

(5)中国国内の会社、企業その他経済組織又は個人が取得した利息、株式配当金、配当所得。

第六条中国国内に住所が、居住一年以上5年以下の人は、その源泉が中国国外の所得は、所轄税務機関の承認を経て、だけは中国国内の会社、企業その他経済組織又は個人に支払う部分の所得税を納め人;を超えて居住5年の人から第六年からはその源泉が中国国外の全部の所得個人所得税を納める。

第七条中国国内に住所が、1納税年度に中国国内連続或いは累計居住を超えないきゅうじゅう日の人、その源泉が中国国内の所得は、海外雇用支払いし、同雇用者の中国国内における機関、場所の負担部分免除、個人所得税を納める。

第八条税法第二条の各個人所得の範囲:

(1)賃金、給与所得とは、個人が勤めるあるいは雇われて取得した賃金、給与、ボーナスや年末の昇給、労働配当や手当、補助金や勤務あるいは雇われたその他の所得について。

(二)個人商店の生産、経営所得とは:

いち.個人工商業に従事する工業、手工芸品、建築業、交通運送業、商業、飲食業、サービス業、修理業やその他の業界の生産、経営で得た所得、

に.個人経政府関係部門の許可を得て、免許を取得し、教育、医療、問い合わせや他の有償サービス活動を取得した所得、

さん.他の個人個人工商業生産・経営に従事して得た所得、

よんしよ.上記自営業者や個人が取得したと生産、経営に関する各納税すべき所得。

(3)企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得」とは、個人請負経営、賃貸経営や下請け、転貸する取得した所得は、個人によって月極めあるいは次取得の賃金、給与所得の性質。

(4)役務報酬所得」とは、個人設計に従事して、装飾、インストール、製図、テスト、テスト、医療、法律、会計、コンサルティング、講義や新聞、ラジオ、翻訳、原稿、絵画、雕刻、映画、録音、録画、演出、演技、広告、展覧、技術サービス、紹介サービス、仲介サービス、代行サービスや他の労務取得した所得。

(5)の稿料所得」とは、個人がその作品は図書、紙で出版され、発表で取得した所得。

(6)特許使用料所得」とは、個人が提供する特許権、商標権、著作権、非特許技術やその他の特許権の使用権の所得は提供して著作権の使用権を取得した所得については、原稿料所得。

(7)利息、株式配当金、配当所得とは、個人が持って債権、株式を取得した利息、株式配当金、配当所得。

(8)財産リース所得とは、個人タクシー建物、土地使用権、機械設備、車輌船舶やその他の財産を取得した所得。

(9)資産譲渡所得」とは、個人が譲渡有価証券、株式、建物、土地使用権、機械設備、車輌船舶やその他の財産を取得した所得。

(10)と偶然所得」とは、個人賞を受賞し、当選、当たりや他の偶然の性質の所得。個人で得た所得課税所得プロジェクトの定義にくい、主管税務機関が定め。

第9条株式譲渡の企業所得税の方法については、財政部は別に制定し、国務院の承認の施行。

第十条個人が取得した納税すべき所得は、現金、実物と有価証券。所得を実物の従うべきで得た証憑上に明記された価格課税所得額を計算する;無証憑の実物あるいは証憑上に明記された価格は明らかに少ないのは、主管税務機関が参照して現地の市場価格査定課税所得額。所得を有価証券のには、主管税務機関が額面価格と市場の価格査定課税所得額。

第11条税法第三条第4項に定める「役務報酬所得の1回の収入が高すぎる」とは、個人が一次取得役務報酬の課税所得額が2万元を超える。前項に課税所得額が2万元を超えるまでに5万元の部分は、税法によって納税額を計算した後に納税額の5割を超える増徴;50000円の部分、増徴十割。

第十二条税法第4条第2項に定める「国債の利息」とは、個人が持っている中華人民共和国の財政部の債券発行で取得した利息所得という国の金融発行債券利息」とは、個人が国務院の承認を発行の金融債で取得した利息所得。

第十三条税法第4条第3項の言う通りに国家統一規定の交付の手当、手当とは、国務院の規定に従い発給する政府特別手当、院士手当、ベテランの院士の手当、及び国務院の規定の個人所得税の免除納その他手当、津貼。

第14条税法第4条第4項の福利費とは、国家の関連規定に基づいて、企業、事業単位、国家機関、社会団体を殘しておくの福利費や労働組合経費に支払う個人の生活補助費の言う救済金とは、国の民政部門に支払う個人の生活が困難に補助費。

第15条税法第4条第八項の規定に従って我が国の法律ができる免税の各国大使館、領事館の外交代表、領事館の職員と他の人の所得は、≪中華人民共和国外交特権と免除条例』と『中華民共和国領事館の特権と免除条例》は規定の免税の所得。

第16条税法第五条の言う減額する個人所得税、その減額する幅は期限は省、自治区、直轄市の人民政府の規定。
第17条税法第6条第1項第二項の原価、費用とは、納税義務者の生産・経営に従事に発生する支出と分配の直接原価に計上間接費用及び販売費は、管理費、財務費用の損失とは、納税義務者は生産、経営過程の中に発生した各種の営業外支出。生産・経営に従事する納税義務者の未提供する完備、正確な納税資料、正しくない課税所得額を計算するのは、主管税務機関に査定その課税所得額。

第十八条税法第6条第1項第3号の各納税年度の総収入総額」とは、納税義務者に経営請負、賃貸経営契約に規定分け前の営業利益と賃金、給与の性質の所得の言うから必要経費を控除とは、押して月の控除1600元。

第19条税法第6条第1項第5項の言う資産原価とは:

(1)有価証券は、入札価格や購入時の規定に基づいて関連費用を納める、

(2)の建物、建造費や購入価格やその他の関連費用、

(3)土地使用権、土地使用権取得のために支払った金額、土地開発の費用およびその他の関係費用、

(4)の機械設備、車輌船舶、購入価格、輸送費、取付费とその他の関連費用、

(5)その他の財産を参照し、以上の方法。納税義務者は未提供する完備、正確な資産原価証憑、正確に資産原価の計算は、主管税務機関に査定その資産原価。

第二十条税法第6条第1項第5項の合理的な費用とは、プロパティの規定に基づいて売り支払う関連費用。

第二十条税法第6条第1項第4号、第六項の毎回の収入」とは:

(1)役務報酬所得は、使い捨ての収入を得る当該収入は1回、同プロジェクトの連続性の収入は1ヶ月の内で取得した収入は一度。

(二)稿料所得の場合、毎回の出版、発表して取得した収入を一度。

(3)特許使用料所得、一項の特許権の一回の許可を使って取得した収入を一度。

(4)の財産賃貸所得の場合、1ヶ月の内で取得した収入は一度。

(5)利息、株式配当金、配当所得の場合、利息支払い、配当、配当時取得した収入は一度。

(6)と偶然所得の場合、毎回取得当該収入は一度。

第二十二条資産譲渡所得に応じて、一回の財産を譲渡する収入額の控除資産原価及び合理的費用計算納税後の殘額。

第23条2名以上の個人が共同で取得同一項目の収入は、すべての人に対して取得した収入はそれぞれ税法の規定に従い経费を計算納税後。

第24条税法第6条第2項の個人のその所得に教育事業及びその他公益事業の寄付とは、個人のその所得を通じて中国国内の社会団体、国家機関、教育やその他の社会公益事業やひどい自然災害地区、貧困地区の寄付。寄付額を超えていない納税義務者申告の課税所得額を30%の部分は、その課税所得額から控除。

第二十条国の規定に従い、単位は個人納付と個人納付の基本養老保険費、基本医療保険料、失業保険費、住宅積立金は、納税義務者の課税所得額で控除。

第26条税法第6条第3項の言う中国国外で取得し賃金、給与所得とは、中国国外勤務あるいは雇われで取得した賃金、給与所得。

第27条税法第6条第3項の言う付加控除経費は、毎月控除1600元で費用の基礎の上に、更に控除本条例第29条の規定額の費用。

第28条税法第6条第3項の言う付加控除経費の適用範囲は:

(1)中国国内の外商投資企業と外国企業で働く外国籍人員、

(2)の応募が中国国内の企業、事業単位、社会団体、国家機関中の仕事の外国人専門家、

(3)中国国内に住所があり中国では海外勤務あるいは雇われ給与、賃金所得のある人、

(4)の財政部の他の者を確定する。

第29条税法第6条第3項の言う付加控除経費の標準は3200元。

第三十条華僑と香港、マカオ、台灣同胞を参照し、本条例第27条、第十八条、第29条の規定により執行する。

第31条中国国内に住所を有し、又は住所で国内に居住して満一年の個人は中国国内と国外で取得した所得については、それぞれ要納税額を計算する。

第32条税法第7条に「既に国外において納付した個人所得税とは、納税義務者が中国国外から取得した所得については、当該所得来源国又は地域の法律により納付すべきそして実際に既に納付した税額。

第三十三条税法第七条の言う税法によって計算納税額とは、納税義務者が中国国外から取得する所得につき、国又は地域や異なる課税項目、税法によって費用控除基準及び適用税率計算納税額;同国又は地域内のさまざまな課税項目の納税額のには、その国又は地域の控除限度額。納税義務者は中国国外の国や地区の実際に既に納付した個人所得税の税額を下回って、前項の規定により算出したこの国又は地域控除限度額は、中国での税金を納め差額部分;その国又は地域控除額を超える限り、その部分は納税年度の応当納税額を控除しが、以後の納税年度の当該国又は地域控除限度額の殘高を掛ける。補バックル期限が最も長い5年を超えてはならない。

第三十条納税義務者は、税法第7条の規定により申請控除は国外において納付した個人所得税の税額を提供する時は、国外の税務機関が発行した納税証憑原本。

第35条源泉徴収義務者の個人向け納税金を支払う時は、税法によって代扣税金納付し、時間のライブラリは、特別に記載されている割。前項所定の支払いは、現金支払いを支払い、振替支払い、外国為替及び有価証券、現物その他の形式の支払い。

第36条納税義務者に次の各号に掲げる事由の1つの場合、規定により主管税務機関へ納税申告手続をする:

(1)年に所得がじゅうに万元以上の、

(二)中国国内から二場所または2か所以上取得賃金、給与所得の、

(3)中国国外から所得を取得した、

(4)取得課税所得は、源泉徴収義務者の、

(5)国務院所定のその他の事由。年間所得がじゅうに万元以上の納税義務者は、年度終瞭後さんヶ月以内に主管税務機関へ納税申告手続をする。納税義務者が納税申告手続をする場所やその他の関連事項の管理方法については、国家税務総局の制定。

第37条税法第八条の言う全員の源泉徴収申告」とは、源泉徴収義務者の代扣税金の回月以内に主管税務機関にその者が支払う所得個人の基本情報、支払所得額、税金源泉徴収の具体的な金額及び総額並びに税にかか情報。全員の源泉徴収申告の管理方法については、国家税務総局の制定。

第38条自ら申告する納税義務者が申告して納税する時、その中国国内源泉徴収する税金は、許可が規定に基づき納税額から控除。

第39条納税義務者の両方の税法第二条に掲げる二項又は二項以上の所得の、それぞれに項計算納税。中国国内で二場所または2か所以上取得税法第二条第1項、第二項、第三項の所得の所得の合併、同項計算納税。

第40条税法第9条第2項の言う特定業界は、採掘業、遠洋運輸業、遠洋漁は、財政部の他の業界を確定する。

第41条税法第9条第2項の言う按年の計算、分月度存在し方式とは、本条例第40条に掲げる特定業界の労働者の賃金、給与所得課税の税金、月別予納は、年度終瞭の日からさんじゅう日内に、合計その全年の給与、賃金所得に応じてじゅうにヶ月平均して実際に課税の税金計算、退少ない補。

第42条税法第9条第四項は納税義務者年度終瞭後のさんじゅう日内に課税の税金に国庫納付とは、年末の一括請負経営、賃貸経営所得を取得した納税義務者は、取得収入の日からさんじゅう日内に課税の税金に国庫納付。

第四十三条税法第10条の規定により、所得を外国通貨の従うべきを開いて納税証憑の一月の最後の日に中国人民銀行の為替相場は、人民元に換算して計算する課税所得額。税法によって、年度終瞭後の確定申告の、既に月極めあるいは順次予定納税の外国通貨の所得は、もはや再換算;べき税金の所得に応じて部分を追い払い、1納税年度に最後の一日中国人民銀行の為替相場は、人民元に換算して計算する課税所得額。

第44条税務機関によって税法第11条の規定を源泉徴収義務人手手数料込時は、毎月の収入を開いて払い戻し本交付源泉徴収義務者。源泉徴収義務者の収入に払い戻しを持って本指定の銀行を退ライブラリ手続き。

第45条個人所得税の納税申告表、源泉徴収個人所得税の報告表と個人所得税の納税証憑のデザイン、国家税務総局に統一する。

第46条税法及び本条例の納税年度は、西暦いち月いち日からじゅうに月31日まで。

第47条1994納税年度から個人所得税及び本条例の規定に従って税法計算徴収。

第48条本条例は財政部と国家税務総局の解釈。

第49条この条例は、公布の日から施行。1987年はち月はち日国務院が発表した『中華人民共和国国務院は中国の仕事の外国籍人員の賃金、給与所得減額する個人所得税の暫定規定」を同時に廃止。
  • 個人所得税の内容はどれらがありますか?
  • 個人所得税の法律の条文にどれらの内容か?
  • 個人所得税の管理方法はあなたは何を知っているか?
  • 個人所得税の自己納税申告法(試行)
  • 我が国の現行税制は何ですか?
  • 一般税の徴収と管理プログラムは何ですか?
  • アメリカどれらの主要税目ですか?
  • 新企業所得税料金2007どのように計算しますか?
  • どのように理解し慎子の絶え間轻者相杭、天地のかにも?
  • あなたは知っている車両購入税徴収管理の方法がありますか?
  • 個人所得税の課税最低額は何ですか?
  • 個人所得税を納めに賃金、給与はどのようですか?
  • 渡した個人所得税はどうチェック?
  • 2011年について両個人所得税免税額の異議はどれらがありますか?
  • 個人所得税の徴税基準の標準根拠は何ですか?
  • 個人所得税の何が発展してきた。
  • 失業保険料(金)征免個人所得税に関する通知
  • 個人所得税の計算ツール
  • どれらの人が個人所得税を納める。
  • 個人所得税の自己納税申告法(試行)