個人所得税の自己納税申告法(試行)

をさらに強化する個人所得税の徴収管理、保障国税収を守り、納税者の合法的権益を自ら納税申告納税者、便利、自ら納税申告行為規範、『中華人民共和国個人所得税法』(以下、個人所得税法)とその実施条例、《中華人民共和国税収徴収管理法」(以下、税の徴収と管理法)とその実施細則及びその他の法律、法規の規定により、本弁法を制定する。
 

個人所得税の自己納税申告方法

(試行)
二〇〇六年十一月六日国家税務総局国税発「2006」162号発行。

第一章総則

第一条を一層強化する個人所得税の徴収管理、保障国税収を守り、納税者の合法的権益を自ら納税申告納税者、便利、自ら納税申告行為規範、『中華人民共和国個人所得税法』(以下「個人所得税法)及びその実施条例、《中華人民共和国税収徴収管理法』(以下、税収徴収管理法)とその実施細則及びその他の法律、法規の規定により、本弁法を制定する。
第二条一般納税義務を負う個人所得税法の納税者に次の各号に掲げる事由の1つは、本弁法の規定に従い納税申告手続をする:

個人所得税個人所得税


(1)年に所得がじゅうに万元以上の、
(二)中国国内から二つあるいは2か所以上取得賃金、給与所得の、
(3)中国国外から所得を取得した、
(4)取得の課税所得は、源泉徴収義務者の、
(5)国務院所定のその他の事由。
第三条第2条第1項年所得じゅうに万元以上の納税者も、取得の各種所得は全額納付した個人所得税は、本弁法の規定に従うべき、納税年度終瞭後に主管税務機関に納税申告手続をする。
本弁法第2条第2項から第4号の事由がある場合に納税者は、本弁法の規定に従うべきは、所得を取得した後に主管税務機関に納税申告手続をする。
第2条第(5号の事由がある場合に納税者、その具体的な状況によって納税申告が別途定める。
第四条第2条第1項でいう年所得じゅうに万元以上の納税者は、中国国内に住所、かつ、1納税年度において中国国内に居住して不満いち年の個人。
本弁法第二条第三項でいう中国国外から所得を取得した納税者」とは、中国国内に住所を有し、又は住所1納税年度において中国国内に居住して満いち年の個人。

第二章申告内容

第五条年所得じゅうに万元以上の納税者、納税年度終瞭後、記入しなければならない「個人所得税の納税申告表(適用年所得じゅうに万元以上の納税申告)』(別表いち)し、納税申告手続をする時報を主管税務機関は、同時に届け出る人の有効な身分証明書類をコピーして件、主管税務機関のその他の関係資料を提出することを要求する。
有効な身分証明書は、納税者の身分証明書、パスポート、帰還証、軍人身分証明書などを。
第六条本弁法に「年所得がじゅうに万元以上」とは、納税者が一納税年度の所得の合計額を次の各号じゅうに万元に達する:
(1)賃金、給与所得、
(二)個人商店の生産、経営所得、
(3)企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得、

(4)役務報酬所得、
(5)の稿料所得、
(6)特許使用料所得、
(7)利息、株式配当金、配当所得、
(8)財産リース所得、
(9)資産譲渡所得、
(10)と偶然所得、
(11)国務院財政部門が確定する他の所得課税。
第七条第六条で規定する所得以下の所得をくわえない:
(1)個人所得税法第四条第1号から第九項の規定の免税所得、つまり:
いち.省人民政府、国務省委員会、中国人民解放軍以上の単位、および外国組織、国際組織からの科学、技術、文化、教育、医療衛生、スポーツ、環境保護などの方面のボーナス、
に.国債と国の金融発行債券利息、
さん.国家が統一規定に照らして発給手当、手当、すなわち個人所得税法実施条例第13条の規定の国務院の規定に従い発行の政府特別手当、院士手当、ベテランの院士手当及び国務院の規定の個人所得税の免除納その他手当、手当、
よんしよ.福利費、扶助金、救済金、
ご.保険賠償金、
ろく.軍人の転職費、復員費、
ななしち.に国家統一規定の交付幹部、従業員の赴任手当、退職手当、退職給与、賃金、離職休養する生活補助費の離職休養する、
はち.中国の関連規定に従って法律ができる免税の各国大使館、領事館の外交代表、領事館の職員と他の人の所得、
きゅう、く。中国政府が参加している国際公約との合意に規定免税の所得。
(二)個人所得税法実施条例第6条の規定が免税の源泉が中国国外所得。
(3)個人所得税法実施条例第25条所定の国の規定に従い単位は個人納付と個人納付の基本養老保険費、基本医療保険料、失業保険費、住宅積立金。
第八条第六条の指す各種所得の年間所得以下の方法で計算する:
(1)賃金、給与所得に応じて、未経费(毎月1600元)及び付加控除経費(毎月3200円)の収入額の計算。
(二)個人商店の生産、経営所得に応じて、課税所得額の計算。実行帳簿検査徴収に各納税年度の総収入総額の控除原価、費用及び損失の後の殘高計算。実行定期定額徴収に納税者自ら申告する年度課税所得額の計算によって、あるいは自ら申告する年度課税経営額を課税所得率計算。
(3)企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得の場合、ごとの納税年度の総収入総額は計算して、即ち通りに請負経営、賃貸経営者が実際に取得した経営利益に加え、から請負、賃貸の企業・事業単位で取得した賃金、給与所得の計算の性質。
(4)役務報酬所得、原稿料所得、特許使用料所得に応じて、未経费(毎回毎回800元や収入の20%)の収入額の計算。
財産リース所得(5)によって、未経费(毎回毎回800元や収入の20%)と修繕費の収入額の計算。
(6)資産譲渡所得に応じて、課税所得額を計算して、即ちに財産を譲渡する収入額の控除資産原価と財産を譲渡する過程の中にの税金や関係の合理的な費用計算後の殘高。
(7)利息、株式配当金、配当所得、偶発所得やその他の所得に応じて、収入全額計算額。
第9条納税人が取得し、本弁法第二条第2項から第四の所得は、規定通りに記入し主管税務機関に申告する相応の納税申告表(別表に-別表きゅう、く)と、申告する主管税務機関のその他の関係資料を提出することを要求する。

第三章申告場所

 
第十条年所得じゅうに万元以上の納税者、納税申告場所はそれぞれ:
(1)中国国内が勤め、雇われ単位に勤め、戸籍の所在地の主管税務機関に申告。
(二)中国国内2場所または2か所以上在任、雇われ単位の選択して固定し、その中に1か所の単位の所在地の所轄税務機関に申告。
(3)中国国内に勤め、雇われない単位、年間所得がプロジェクトに個人商店の生産、経営所得あるいは企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得(以下の総称の生産、経営所得)、その中に1か所の実際の経営の所在地の主管税務機関に申告。
(4)中国国内に勤め、雇われない単位、年間所得がプロジェクトに無生産、経営所得への戸籍の所在地の主管税務機関に申告。中国国内では戸籍が戸籍の所在地の中国国内の経常的居住地と一緻しない場合、選択して固定主管税務機関に申告。中国国内では戸籍によく、中国国内に居住地の主管税務機関に申告。
第11条本弁法を第二条第二項から第四の所得の納税者、納税申告場所はそれぞれ:
()から2か所あるいは2か所以上取得賃金、給与所得の選択して固定し、その中に1か所の単位の所在地の所轄税務機関に申告。
(二)中国国外から所得を取得した、中国国内の戸籍の所在地の所轄税務機関に申告。中国国内では戸籍が戸籍の所在地の中国国内の経常的居住地と一緻しない場合、選択して固定主管税務機関に申告。中国国内では戸籍によく、中国国内に居住地の主管税務機関に申告。
(3)個体工商戸に実際の経営の所在地の主管税務機関に申告。
(4)の個人の独資企業の投資家、パートナーシップを2つ以上の企業は、分けて納税申告場所を確定する場合:
いち.設立した企業は全て個人の独資の性質の、それぞれ各企業の実際の経営管理の所在地の所轄税務機関に申告。
に設立した企業に含まれる.共同の性質に常居所主管税務機関に申告。
さん、設立した企業に含まれる.共同性質、個人投資家の居住地をよりよく企業の経営管理の所在地の不一緻の選択して固定に参与し、その設立のあるパートナー企業の経営管理の所在地の主管税務機関に申告。
(5)以上の場合を除き、納税者の所得を取得しない場合、所在地の主管税務機関に申告。
第十二条納税者が勝手に変更納税申告場所で特殊事情変更納税申告場所、新聞原主管税務機関に届け出なければならない。
第十三条第11条第4項第三目所定の納税申告場所を除いて、特殊な場合を除き、ご年以内に変更してはならない。
第14条本弁法に「経常的居住地」とは、納税者が戸籍所在地を離れて最後连続一年以上の地方に住む。

第四章申告期限

第15条年所得じゅうに万元以上の納税者、納税年度終瞭後のさんヶ月内に主管税務機関に納税申告手続をする。
第16条個人工商業者と個人の独資、パートナーシップ企業の投資家の取得の生産、経営所得課税の税金、分月度、納税者は、毎月終瞭後ななしち日内に納税申告手続をする;分季予納、納税者は四半期ごとに終瞭後ななしち日内に納税申告手続をする。納税年度終瞭後、納税者さんヶ月で確定申告。
第17条納税者が年末使い捨て取得企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得のは、所得を取得した日からさんじゅう日内に納税申告手続をする;いち納税年度内において分次取得の請負経営、賃貸経営所得の所得を取得し、毎回後の翌月ななしち日内申告予納、納税年度終瞭後のさんヶ月以内に確定申告。
第十八条中国国外から所得を取得した納税者、納税年度終瞭後のさんじゅう日以内に中国国内に主管税務機関に納税申告手続をする。
第19条第15条から第十八条に規定する場合を除き、納税者は、その他の各種所得を取得して必ず申告して納税は、所得を取得した翌月ななしち日内に主管税務機関に納税申告手続をする。

個人所得税個人所得税



第二十条納税者は所定の期限どおりに納税申告手続をする必要がある、延期、税収徴管法第27条及び税収徴収管理法実施細則第37条の規定に従い取り扱う。

第五章申告方式

第二十条納税者をとることができるデータグラム、郵送方式など申告、直接主管税務機関に申告し、あるいはを主管税務機関に申告して所定のその他の方式。
第二十二条納税者データ電文方式を申告に従うべき税務機関が定める期限と要求に関する資料保存紙。
第23条納税者を郵送の申告、郵便書留文書として申告によって領収書部門は、郵送の消印の日は実際に申告期限。
第24条納税者が依頼が税務代理資質の仲介機構又は他人代を納税申告手続をする。
ベルモット第六章届出管理
第二十条主管税務機関は、各類の申告表、税務機関のウェブサイトに掲載され、または税務機関に受理まで納税申告の办税サービス庁、無料ダウンロードまたは納税者を随時提供。
第26条主管税務機関は、毎年の法定申告期間に、適当な方式を通じて、注意して年間所得がじゅうに万元以上の納税者を自ら納税申告。
第27条納税申告受付の主管税務機関に申告納税者の場合、規定に基づいて辦理税金の徴、補充、退、控除手続き。
第28条主管税務機関はすでに規定に従って納税申告手続をすると税金を納税者の発行納税証憑。
第29条税務機関が法により納税者の納税申告情報の秘密。
第三十条納税者が納税申告場所変更に報告し、原主管税務機関に届け出た原主管税務機関は、直ちに納税者の変更を納税申告場所の情報伝達に新しい主管税務機関。
第31条主管税務機関に対して納税申告手続をするのは納税者の納税ファイルを確立し、実施動的管理。

第七章法律責任

第32条納税者が未所定の期限どおりに納税申告手続をすると提出する納税資料は、税収徴収管理法第六十二条の規定により処理。
第三十三条納税者を偽造、変造する、隠匿帳簿、記帳証憑、無断破棄、あるいは帳簿の上で多く列支出または列、列収入が少ない、または税務機関に申告通知又は粉飾の納税申告、納める課税税額または過少納付しないのは、税収徴収管理法第六十三条の規定により処理する。
第三十条納税者が嘘偽り課税根拠は、税収徴収管理法第64条第1項の規定により処理。
第35条納税者が源泉徴収義務者が支払う納税すべき所得控除、源泉徴収義務者は未ボタン、未収未収税金は、税収徴収管理法第69条の規定により処理。
第36条税務職員が職務怠慢情実や、徴または過少徴応募税の徴収管理法は、税収の第八十二条第1項の規定により処理。
第37条税務職員が職権を濫用し、わざと意地悪納税者は、税収徴収管理法第82条第2項の規定により処理。
第38条税務機関と税務職員が未法により納税者の秘密は、税収徴収管理法第87条の規定により処理。
第39条税務代理人税収法律、行政法規違反に納税者、未納または過少納付した税金は、税収徴収管理法実施細則第98条の規定により処理。
第40条その他の税収違法行為は、税収の法律、法規の規定により処理。
ベルモット第8章附則
第41条納税申告表は各省、自治区、直轄市と計画単列市地方税務局に国家税務総局の規定の仕様統一印刷。
第42条納税申告のその他の事項は、税収徴収管理法、個人所得税法及びその他の関連法律、法規の規定により執行する。
第四十三条第2条第1項年所得じゅうに万元以上調子の納税申告によって、第10回全国人民代表大会常務委員会第十八回会議で、「改正について「中華人民共和国個人所得税法規定施行〉の決定」の時間は、2006年いち月いち日から実行。
第44条本弁法第2条第2項関係から第4号の事由がある場合に納税申告規定は、2007年いち月いち日から施行「国家税務総局発行について「個人所得税の自主申告納税暫定弁法」の通知》(国税発〔1995〕7号)が同時に廃止。

納税する

申告時間

年間所得がじゅうに万元以上の納税者は、納税年度終瞭後のさんヶ月内に主管税務機関に納税申告手続をする。例えば2008年度年間所得じゅうに万元に達した納税者は2009年いち月いち日からさん月31日までの期間中、主管の各区地方税務局(税務所)に納税申告手続をする。

届出対象

一般納税義務を負う個人所得税法の納税者に次の各号に掲げる事由の1つの従うべき国税発「2006」162号の規定により納税申告手続をする:(1)年に所得がじゅうに万元以上の;(2)中国国内から二つあるいは2か所以上取得賃金、給与所得の;(3)中国国外から所得を取得した、(4)取得の課税所得は、源泉徴収義務者の;(5)国務院所定のその他の事由。

申請資料

「個人所得税の納税申告表に適用される年所得じゅうに万元以上の納税申告)』(以下『納税申告表」)、個人の有効な身分証明書類を含む(身分証明書、パスポート、帰還証、軍人身分証明書など)のコピー。申告場所:中国国内が勤め、雇われ単位に勤め、戸籍の所在地の主管税務機関に申告し、中国国内における二つあるか2か所以上、雇われ勤め単位の選択して固定し、その中に1か所の単位の所在地の主管税務機関に申告し、中国国内に勤め、雇われない単位のプロジェクトでは、年に所得が個人商店の生産、経営所得あるいは企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得(以下の総称の生産、経営所得)、その中に1か所の実際の経営のありかの所轄税務機関に申告し、中国国内に勤め、雇われない単位、年間所得に無生産プロジェクト、経営所得への戸籍の所在地の主管税務機関に申告。中国国内では戸籍が戸籍の所在地の中国国内の経常的居住地と一緻しない場合、選択して固定主管税務機関に申告。中国国内では戸籍によく、中国国内に居住地の主管税務機関に申告(経常的居住地」とは、納税者が戸籍所在地を離れて最後に连続して居住一年以上の地方)。

法律責任

納税者が未所定の期限どおりに納税申告手続をすると提出する納税資料、またはより実申告に従って、《税収徴収管理法」第六十二条、第六十一条、第64条及び第69条の関係規定により処理する。税務代理人税収法律、行政法規違反に納税者、未納または過少納付し税金に従って、《税収徴収管理法実施細則》第98条の関連規定により処理。

申告方式

納税者が多種の方式をとって納税申告を行うには、データを取る電文方式(例えばネット申告)、郵送申告方式も、直接主管税務機関に申告し、あるいはを主管税務機関に申告して所定のその他の方式。また依頼が税務代理資質の仲介機構又は他人代理申告。年間所得がじゅうに万元以上の納税者、年度納税申告時にだけが必要で、1納税年度内の所得や納税額、払い込み(控除税額控除)、(ボタン)べき税額、補(退税などの場合)、あるがままを記入し提出する「個人所得税の納税申諸表(適用年間所得がじゅうに万元以上の納税申告)」(以下納税申告表)、個人の有効な身分証明書のコピーや、主管税務機関のその他の関係資料を提出することを要求する。

税務機関がどれらのサービスを提供する

 
(1)主管地方当地税務機関は、毎年の法定申告期間に、適当な方式を通じて、注意して年間所得がじゅうに万元以上の納税者を自ら納税申告。
(二)受付納税申告の主管機関による土地税納税者の情況を申告して、規定に基づき辦理税金の徴、補充、退、控除手続き。
(3)主管機関規定通りには土地税納税申告手続をすると税金を納税者の発行納税証憑。
(4)の税務機関が法により納税者の納税申告情報の秘密。
ベルモット秘密を守る措置
まず、受理年所得じゅうに万元以上人自ら納税申告時、办税サービス庁に専門受理申告の窓口を確定する責任を受理し、処理の納税申告納税申告情報;に郵送して申告の実行を特定する責任申告係料の署名、封切り、番号、登記等の仕事をしながら直ちに受理個人で渡し納税申告のスタッフ、実行ネット申告の暗号化を取る、税務機関のアップロード、分級ライセンスなどの措置を避けるために、関係者の申告情報に触れる。
次に、自ら納税申告のそれぞれの仕事の一環の間は、厳格に辦理交代手続き。上級税務機関に届け出年所得じゅうに万元以上人自ら納税申告の仕事の統計諸表と関係資料を下級税務機関は指定する責任が、暗号を提出する。
再び、確保を年間所得がじゅうに万元以上人自ら納税申告の資料、届出情報や、「納税者の商業秘密と個人のプライバシーにかかわる個人所得のファイル、安全の秘密の場所で保管し、関連の統計資料でも保存安全秘密場所は専任者が担当し、保管。
ベルモット秘密情報
●納税者のいくつかの基本的な情報を含め、納税者の氏名、身分証明書番号、域内のタイプと有効な連絡先や郵便番号、連絡先電話、在任(雇われ)単位及び税務コード、
●納税者の収入と納税申告納税者の情報を含め、ありのままの国内外収入項目及び年所得額、課税所得額、納税額で、すでにボタン(納付税額控除税額)、、、は、補税額減免税額還付税額などは、
●自ら納税申告納税者の記載と商業秘密とプライバシー情報の申請資料、管理台帳、統計諸表など様々な内部資料。
ベルモット深い意味
所得税自ら申告する三面具意味:
●開く個人所得税の総合制へ
●強化納税申告義務法律責任
所得税の税金●運用貧富の格差を縮小
個人所得税の基本的な機能は、政府の収入を取得するほか、住民の間の所得分配レベル調節手段。相対的には、現代の経済社会の条件の下で、後の機能面では、より重要な。調節して住民の間の所得分配のレベルで、高収入者よりも低所得者は多くの税を納め。今の個人所得税の課税の国家の中で、実行するのは大部分が総合所得税制や総合制と分類制を組み合わせた混合所得税。中国の新ラウンド税制改革案においても、すでに個人所得税の改革の方向に位置する「実行する総合と分類を組み合わせた個人所得税」。しかし、実行を個人総合所得申告基盤の上に、税制は盲蜻蛉を箒で押さえること、経験の進歩の過程。一部の高収入者の一歩は、さまざまな課税収入合併計算を自ら申告するには、開いた中国の個人所得税の総合制への扉も未来の総合と分類を組み合わせて個人所得税の「実験」や「ロードショー」。これがその1。
現行の分類の所得税の構造の下で、納税者の届出義務と責任が法的には、源泉徴収義務履行の代理人を。源泉徴収税納税者である以上、手の自然は納税または税収入以上実行;源泉納、納税者は納税申告の必要はありません。納税者と履行するすべての納税義務の間で、事実上を形成してきた隔離層。演じる役のこの隔離層は、源泉徴収義務者。そこで、個人所得税の納税義務をめぐって現れた様々な偏差、その責任の主体は、往々にして源泉徴収義務人非納税義務者。のたびに個人所得税の脱税事件の時、税務部門が追及の対象にもよくは源泉徴収義務者ではなく、納税義務者。一部の自主申告納税者、そしてその納税申告表に「私は確信して、それは真実で、信頼できて、完備な」の文字が、実質は納税者が法により治税を入れたの制度枠組みを確立し、強化し、納税者の届出義務と責任が法的に。
全体は言ってから、中国の現行税制システムの機能はそろっている:収入機能の色の濃い、調節の機能が薄い。だけでなく、税制全体体係のレイアウトは間接税を主体——から間接税収入が占めた全部の税収の70%以上、そして、たとえ列は、直接税額の下の個人所得税は、実行の主眼は、収入の分類を取得する所得税。従来の「効率優先、両立フェア」の政策を下に、この可能性が必要だ、というかなければならないとの調整。しかし、現実には貧富の格差が拡大し、調整するための手段は貧富の差が非常に欠けている背景には、税収の調節機能を強化し、建設の融収入と調節機能を一身の「機能のそろっている」の現代税制システムは、社会主義調和社会の構築の頭の濡れない思案。実行する個人所得税の自ら申告する徐々に接近総合と分類を組み合わせた個人所得税の目標にして、それによって個人所得税を担う貧富の格差を縮め、まさにこのための駒を出。

  • 個人所得税の法律の条文にどれらの内容か?
  • 個人所得税の管理方法はあなたは何を知っているか?
  • 個人所得税の申告期限あなたは何を知っているか?
  • 中華人民共和国の個人所得税法実施条例
  • 我が国の現行税制は何ですか?
  • 一般税の徴収と管理プログラムは何ですか?
  • 納税のサービスの主要な内容は何ですか?
  • 納税サービスの主な手段は何ですか?
  • イギリスの税収管理制度はどれらがありますか?
  • あなたは知っている車両購入税徴収管理の方法がありますか?
  • 個人所得税の課税最低額は何ですか?
  • 個人所得税を納めに賃金、給与はどのようですか?
  • 渡した個人所得税はどうチェック?
  • 2011年について両個人所得税免税額の異議はどれらがありますか?
  • 個人所得税の徴税基準の標準根拠は何ですか?
  • 個人所得税の何が発展してきた。
  • 失業保険料(金)征免個人所得税に関する通知
  • 個人所得税の計算ツール
  • どれらの人が個人所得税を納める。
  • 個人所得税の自己納税申告法(試行)