個人所得税を納めに賃金、給与はどのようですか?

個人所得税の課税税額=課税所得額×適用税率--速算控除、以下は賃金、給与に必要な個人所得税を納めるの比率
控除標準2000元/月(2008年さん月いち日現在)


賃金、給与所得税を納めてどのようですか?賃金、給与所得税を納めてどのようですか?


課税所得額-控除標準

(注:この表によると全月課税所得額とは、本法第六条の規定は、毎月の収入額を控除経費の二千元の後の殘高あるいは控除付加控除経費の後の殘高。いち、この表税込級、毎月の収入額から控除経費の二千元の後の殘高あるいは控除付加控除経費の後の殘高。
  • 個人所得税の税額をどのように計算しますか?
  • 個人所得税の法律の条文にどれらの内容か?
  • 個人経営などの所得個人所得税を納めるどのように計算しますか?
  • 役務報酬個人所得税を納めるの基準は何ですか。
  • 中華人民共和国の個人所得税法実施条例
  • 個人所得税を計算EXCEL2010が使えるかどうか?
  • 個人所得税免税額から3500元庶民を受益幾何?
  • 個人所得税政策の解読
  • 2011年の年末ボーナスはどうですか?いつですか?
  • 年末賞与はどのように関してご存知ですか?
  • 個人所得税を納めに賃金、給与はどのようですか?
  • 個人所得税の課税最低額は何ですか?
  • 渡した個人所得税はどうチェック?
  • 個人所得税の徴税基準の標準根拠は何ですか?
  • 2011年について両個人所得税免税額の異議はどれらがありますか?
  • 個人所得税の何が発展してきた。
  • 失業保険料(金)征免個人所得税に関する通知
  • 個人所得税の計算ツール
  • どれらの人が個人所得税を納める。
  • 会社の源泉徴収の個人所得税はどのように検索?