個人所得税の法律の条文にどれらの内容か?

第一条

中国国内に住所を有し、又は住所で国内に居住して満一年の個人は中国国内と国外で取得した所得については、この法律の規定により個人所得税を納める。中国国内に住所が住む又は住所ないで国内に居住して不満一年の個人は中国国内で取得した所得については、この法律の規定により個人所得税を納める。

第二条次の各個人所得、課税所得税


一、賃金、給与所得、

二、個人商店の生産、経営所得、

三、企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得、

四、役務報酬所得、

五、原稿料所得、

六、特許使用料所得、

七、金利や配当、配当所得、

八、財産リース所得、

九、資産譲渡所得、

十、偶発所得、

11、国務院財政部門が確定する他の所得課税。

第三条個人所得税の税率:


一、賃金、給与所得は、適用累進税率は、税率は5パーセントから45パーセント。

二、個人商店の生産、経営所得及び企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得の場合、適用パーセント5 . 35パーセント超過累進税率(税率表添付)。

三、原稿料所得、比例税率を適用し、税率は20%を押して納税額を減額する30パーセント。

四、役務報酬所得、比例税率を適用し、税率は20%で。労働報酬所得の1回の収入が高すぎるのは、付加課税を実施するが、具体的な方法は国務院の規定。
五、特許使用料所得、利息、株式配当金、配当所得、資産賃貸所得、資産譲渡所得、偶発所得やその他の所得、比例税率を適用し、税率は20%で。

第四条次の各個人所得、個人所得税を免除納:

1、省人民政府、国務省委員会と中国人民解放軍以上の単位、および外国組織、国際組織からの科学、技術、文化、教育、医療衛生、スポーツ、環境保護などの方面のボーナス、

二、国債の発行と国の金融債券利息、

三、に従って国家統一規定の交付の手当、手当、

四、福利費、扶助金、救済金、

五、保険給付金、

六、軍人の転職費、復員費、

七、国家が統一規定に照らして発給幹部、従業員の赴任手当、退職手当、退職給与、賃金、離職休養する生活補助費の離職休養する、

八、我が国の関係の法律の規定に従ってできる免税の各国大使館、領事館の外交代表、領事館の職員と他の人の所得、

九、中国政府が参加する国際条約、協議に規定免税の所得、

十、国務院財政部門が認可免税の所得。

第五条次の各号に掲げる事由の1つが、承認されて減額する個人所得税:

一、障害、孤老者や烈士の遺族の所得、

二や、深刻な自然災害に重大な損失をもたらした、

三、他の国務院財政部門の承認減税。

第六条納税すべき所得額の計算:

一、賃金、給与所得は、毎月の収入額経费を二千元後の殘額を課税所得額。

二、個人商店の生産、経営所得の場合、各納税年度の総収入額の控除原価、費用及び損失後の殘額を課税所得額。

三、企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得の場合、各納税年度の収入額から必要経費を控除した後の殘額を課税所得額。

四、役務報酬所得、原稿料所得、特許使用料所得、資産賃貸所得、毎回の収入を超えない四千元の控除费用、八百元;四千元以上の、控除20パーセントの費用は、その殘額を課税所得額。

五、資産譲渡所得の場合、資産譲渡による収入額を控除資産原価及び合理的費用後の殘額を課税所得額。六、利息、株式配当金、配当所得、偶発所得やその他の所得、毎回の収入額を課税所得額。個人のその所得に教育事業及びその他公益事業に寄付金については、国務院の関連規定に基づき課税所得の中から控除。中国国内に住所が中国国内で給与、賃金所得の納税義務者及び中国国内に住所があり中国国外で取得し賃金、給与所得の納税義務者は、その平均収入水準、生活水準や為替レートの変化状況確定付加控除経費、付加控除経費の適用範囲と基準は国務院の規定。

第七条

納税義務者が中国国外から取得する所得をその課税額から控除は国外の個人所得税を納める。しかし控除額を超えてはならない当該納税義務者が本法規定に国外所得計算納税額。

第八条

個人所得税は、所得者が納税義務者は、所得を支給する単位又は個人を源泉徴収義務者。個人の所得が国務院の規定する金額を超えた、2ヶ所以上取得賃金、給与所得あるいはない源泉徴収義務人、並びに国務院所定のその他の場合、納税義務者は国家の規定に照らして納税申告手続をする。源泉徴収義務者は国家の規定に照らして辦理全員の源泉徴収申告。

第9条

源泉徴収義務者が毎月控除申告納税者の税金は、自分で毎月課税の税金にすべきは翌月7日内に国庫納付し、税務機関に申告する納税申告表。賃金、給与所得課税の税金、月ごとに存在し、源泉徴収義務者又は納税義務者は翌月7日内に国庫納付し、税務機関に申告する納税申告表。特定業界の賃金、給与所得課税の税金、実行できる按年の計算、分月度の方が存在し、具体的な方法は国務院の規定。個体戸の生産、経営所得課税の税金が、年を計算して、分月度は、納税義務者は翌月7日以内に予納、年度終瞭後に3ヶ月の内で確定申告、退少ない補。企業事業機関の経営請負、賃貸経営所得課税の税金は、年率計算は、納税義務者は年度終瞭後30日内に国庫納付し、税務機関に申告する納税申告表。納税義務者は一年で分次取得の請負経営、賃貸経営所得の場合は、毎回所得を取得後の7日以内に予納、年度終瞭後に3ヶ月の内で確定申告、退少ない補。中国国外から所得を取得した納税義務者は、年度終瞭後30日以内に、税金を納めるの規定に国庫し、税務機関に申告する納税申告表。

第十条

各所得の計算では、人民元の単位。所得を外国通貨の規定に従って、国家外貨管理機関の為替相場を折って人民元の税金を合成。

第11条

源泉徴収義務者に対して源泉徴収の税金を支払う、2%の手数料。

第12条

貯蓄預金の利息所得の課税は、減額する、止まって徴個人所得税及びその具体的な方法は、国務院の規定。

第十三条

個人所得税の徴収管理に従って、《中華人民共和国税収徴収管理法」の規定により執行する。

第14条

国務院は、この法律に基づき実施条例を制定する。

第15条

この法律は、公布の日から施行する。「よんしよ」

「個人所得税の徴税基準」は正確には「個人所得税の課税最低額」。「徴時」と「課税最低額」は厳格な区別。

財政学の中で、徴税基準と課税最低額は違う二つの概念、混用ない限り、税法の規定にいくつかの区別がつかない。

いわゆる徴税基準は、課税対象に課税額から課税の限界。課税対象額に達しないから徴時に非課税。いったん課税対象額以上に達する或いはから徴時には、そのすべての金額を課税のではなく、その以上だけ徴税基準の一部を課税。

いわゆる課税最低額は課税対象総額の中で課税額を免じる。それは一定の基準は課税対象から総額の中であらかじめ控除額。非課税控除額部分だけを超える部分に課税控除額。

両者の違いは:仮説数字は2000、あなた当月賃金は2001の場合は、課税最低額、2000は免れただけの、を超えていち元を、もし徴税基準は、2000を超えても足りないのを2000の全額納付、すなわち2001元を納付基数。

  • 個人所得税の内容はどれらがありますか?
  • 個人所得税の税率はいくらですか?
  • 個人所得税の免税項目がどれらがありますか?
  • 個人所得税の課税最低額は何ですか?
  • 個人所得税の管理方法はあなたは何を知っているか?
  • 個人所得税の自己納税申告法(試行)
  • 中華人民共和国の個人所得税法実施条例
  • 我が国の現行税制は何ですか?
  • アメリカどれらの主要税目ですか?
  • なぜ個人所得税の収入は下がって反リットル?
  • 個人所得税の課税最低額は何ですか?
  • 個人所得税を納めに賃金、給与はどのようですか?
  • 渡した個人所得税はどうチェック?
  • 2011年について両個人所得税免税額の異議はどれらがありますか?
  • 個人所得税の徴税基準の標準根拠は何ですか?
  • 個人所得税の何が発展してきた。
  • 失業保険料(金)征免個人所得税に関する通知
  • 個人所得税の計算ツール
  • どれらの人が個人所得税を納める。
  • 個人所得税の自己納税申告法(試行)