どのように自制立体機たこ?

立体機凧立体機凧

最近私は中国から「凧」雑誌2003年第二期で見程英华さんの紹介で『不安德锐の特色凧」1文、興味を。程英华さんの文章の中で話し安德锐凧の特徴について、「ここでたこの基本構造の上では、参加した要求に合ってボード類凧も、にくい立体類の代表凧。これは、凧の最も称賛に値するの独特な場所。」は程英华さんの啓発の下で、私をよく研究した同たこの構造の特徴は、発想が再開を目指して、革新、生成した一本の立体象形凧、凧改安德锐凧のレリーフ式を立体式、保留して両辺の部分と翼を加え、立体尾翼に飛行機の造型、たこが打ち上げ後に効果は素晴らしい。一はいいて、に級以上風力時、ほぼなく助走、すなわちから引く。2は飛行状態の安定ななじゅう度ぐらいで、飛行角度。三はいいし、安定している時は、基本的に届く手を欠かさない。4はいい帯を外し、活動ポール後、凧が巻いて、持ちやすい。

  一、構造と材料:同凧属立体凧は、4つの燈篭の構成して、復雑な。たこの前後に長はちじゅうセンチ、幅28センチ、長前翼150センチ、後翼幅にじゅうセンチ、長さ76センチ、先が高い機体がごじゅうセンチメートル;生地ブロック:幅はちセンチメートル、奥行き44センチ生地のひとつとして機首、仕込み時両辺に余地をセンチとして固定軸の接合合部:28センチ、長192 cm幅生地の一枚をさんじゅうセンチ下がって両辺の各ななしちセンチ切りベベル、中間分をろく等分し、各22舅構造の辺提燈しながら、幅26センチ、長132センチ生地を1つの中間の4部分を透かし彫り、結合余地があると、布で合成機の前翼は、横にじゅうセンチ、長きゅうじゅうセンチ生地を1つの両側を23センチ下がって各ごセンチ切り斜角;幅にじゅうセンチ、長44センチの生地を一緒に布を余地と合成機の尾翼。www.findart.com.cn

固定軸:AB、CD、EF皆さんはちじゅうセンチ根やHM68センチ前後いち根としての提燈構造の固定ロッド; 28センチレバーよんしよ根前翼として両辺提燈の構造の上固定ロッド; 26センチ竿に根前翼として両辺の提燈の下固定棒構造。

活動棒:VN150センチいち根前翼として横ポール;横からポール最先端ななしちセンチメートル;尾翼横ポールRU1根76センチ離れて最先端ごセンチメートル;前後に鰭皆じゅうごセンチ、提燈の構造の対角線をさんじゅうセンチ前後鰭縦ポールので、皆ろくじゅうセンチ共よんしよ根(LQ、KW、PT、XY)前から7 . 5センチひれ縦ポール最前線から5 . 5センチ、尾びれポール最前線。インストールは中間2鰭縦ポールときはできるだけに垂直にし、かつ前後方向の相反;前の両側にひれのポール方向に対して、凧に利飛行安定。また前後翼斜ポール共よんしよ根、34センチに根と28センチに根を飛行機が凧打ち上げ後には変形しませように、G、H、S 3点を加えて飛ばし固定レバー前に縄を外して固定し、後に。固定軸と活動の竿の選択可能なガラス鋼、炭素棒や竹もなければ、竹に削り断面よんしよ×ごミリの長方形のがいい。www.findart.com.cn

  二、覆面材料の選択はナイロンの薄い絹織物、もしくは濃い色のプラスチックフィルム。前翼2枚の生地合成時、下揃え、上にセンチの距離をとる。前翼と尾翼から22センチ生地は色が一緻。

  三、操り:根を操りさん、皆に操り、下に操り、それぞれ図中の絵×ところから固定、上にセンチ、長さ150センチほど操り。

  • あなたは知っている各国の凧の特徴や風習がありますか?
  • たこの文化と種類はどれらがありますか?
  • 凧に構造はどの何種類に分けますか?
  • たこ旧家はどれらがありますか?
  • イ坊の凧あなたは何を知っているか?
  • 南通のどれらの特色ですか?
  • 凧揚げはどれらの技巧がありますか?
  • 硬翅凧にどれらの飛ばし技巧か?
  • 開封凧の現状はいかがですか?
  • イ坊の凧は何の有名な芸人?
  • 凧揚げはどれらの技巧がありますか?
  • 普通の凧のやり方
  • 世界各国の凧の特徴及び風俗
  • 凧に構造はどの何種類に分けますか?
  • 私の凧のストーリー
  • 凧の制作過程を分何歩を?
  • 凧についてどのくらい知ってますか?
  • イ坊の凧は何の有名な芸人?
  • 特技凧の材質と線の種類
  • 中国の凧芸術の概況