凧に構造はどの何種類に分けますか?

凧に構造凧に構造

凧の構造の分類

凧は普通は竹料を骨格、用紙や絹覆面表装、精小で描かれ。凧の構造によって形、つまり観賞の角度から、凧を分け板類、硬い翅類、ソフト翅類、竜類、立体類、硬い翅串類、柔らかい翼串類、自由類など8種類。

 いち.板凧

この人は平面形凧。構造形状から見ると、それは主体の揚力片、無突出す部分が支え、凧四辺竹条文のような民間広く人気のFacebook凧、双魚凧、カエル凧など。この類の凧扎制やすく、舞いあがる性能は良くて、多種の題材に表現は、少年の一番のお気に入りの一種、京津あたりも呼ん拍子凧、またはが八角菱形たり、形がずいむし。離陸を容易にするためには、これらの凧を抱いて、普通は一本の長い尻尾や房。

 硬い翅凧に。

この凧は上下二条によって作る竹翼の骨格、両側のエッジが高く、中間ややへこん、翅の端部を傾けて、風を両翼の端から漏れる、平見に行って、元宝のような形の。ある人はそれから“馬蹄銀の翅凧」や「突き燕凧」など。

硬翅凧の硬い翼は固定形式で、ハード翅範囲以外の造型と骨組みは杉の問題に内容によって変わる。表現のテーマは仕様が多く、プラス北京流行の米の字で花かご凧、オシドリ、カササギ、オウムなど。ナマズ凧も所属メートル字硬翼、ただ頭を大げさに飾った二条に「対称の魚は、また丈余りな魚の尾。

 柔らかい翼たこさん。

その揚力片(翅)は1本の主な翅の構成で、翼の後半は柔らかいず、主条依存。その構造は、異なる硬翅凧、主体の骨格を作る多数レリーフ式、骨格が単層、2層と多層。この類のテーマを表現できる風答えは範囲が広くて、種類が多く、題材は禽鸟、昆虫、制作時も真似形に、巧妙な手法、与えるイメージ迫真、生き生きとした感じが京津あたりの鷹たこは鷹の形をかたどっグラム作トランス、誇張したデザインは、典型的な柔らかい翼たこ。凧の腹は短く、翼は長い。それは他の形式の凧が。この性能が良い。

 よんしよ、串類凧

串類たこは数羽を同じもしくは違う凧のように、着糖葫芦のようにつなげ一根や数本の線で飛ばした凧。凧が蛇口百足、一字大鷹凧など。

 ご自由類たこ。

自由類たことはその形は、以上の何種類の凧を含むことができません。例えば用三角形の骨組みを支えにして、あるいは無骨組みを引いて割弧状の柔らかい凧。その美点は制作簡単で、表現しがちな題材、離陸性能がよい。

  • あなたは知っている各国の凧の特徴や風習がありますか?
  • たこの文化と種類はどれらがありますか?
  • たこ旧家はどれらがありますか?
  • 突き制凧があのいくつの原則。
  • 北京に行ってどこに買ってたこの比較的に良いですか?
  • 開封凧はどんな種類があるのですか?
  • イ坊の凧あなたは何を知っているか?
  • 凧揚げはどれらの技巧がありますか?
  • 何は板たこ?
  • イ坊の凧は何の有名な芸人?
  • 凧揚げはどれらの技巧がありますか?
  • 普通の凧のやり方
  • 世界各国の凧の特徴及び風俗
  • 凧に構造はどの何種類に分けますか?
  • 私の凧のストーリー
  • 凧の制作過程を分何歩を?
  • 凧についてどのくらい知ってますか?
  • 特技凧の材質と線の種類
  • 中国の凧芸術の概況
  • イ坊の凧に飛んでロンドンオリンピック