中国の凧芸術の概況

中国の凧の長い歴史と多彩な技、これは世間の人に公認。しかしよく検討して、記述中国たこの詳しい資料は多くないが、もっぱら中国凧ように具体的な芸の資料は少ない。中国の伝説曹雪芹の「南鹞北トビ試験工誌」の記述中国凧芸の専していたが、今はまだ見えない本の全文さえ、その事実かどうかかどうか、曹氏確かに廃芸斎集稿これセットにしても足りない傍証材料学術界は、議論の中で、結論が出ない。主観的な願望からいえば、私たちは希望曹氏あるいはその他の先人を殘して中国についてたこ後代本芸の貴重な資料であり、現代人の継承と発展。希望が取って代わることができない事実は、私たちを待つだけで新しい発見。それ以外に、いくつかに伝わる譜式。伝説のよう宋徽宗「宣和凧譜」は以前の一冊だが、これは見ていない。他は各凧旧家やたこのプレーヤーの個人収集の譜式、今日も見つける。中国はこれらの譜式各限界があり、しかし必ずが貴重な資料のうち、ちなみにさんじゅう年代金铁庵ていた「たこ譜』については価値があって、足りないところはない図は、おそらく当時印刷出版条件と資金の制限がない図を印刷する。中国のほかに「譜」のほかに、一つの貴重な実物の資料を“条”、すなわち制作ある凧骨格の標準の竹の条、これは普通はすべて大量生産で凧の旧家に代々伝わる、例えば北京「たこ哈」家は何代目の束を伝わる「条」。これは補充した「譜」では画面、骨格やだけでは具体的な骨組みサイズや太さの変化の竹の棒を不足、凧芸より完全に伝わる。文字や絵と実物のほか、中国民間工芸のスキル伝授は主に「口伝えや以心伝心で教える」で民間芸人に使われた「訣」。これは非常によく教える記と秘密の「歌诀」や「切り口」。タレントでは文化のレベルが限り、これらの歌诀やカットは、音や無字字無形、が流れる中、改正、多くなくなっ讹误。中国はたこ芸の討論は主に以上述べたように伝わる有限な文化遺産を歴史的背景の参考に、既存の伝統的な中国のたこをもとにして、科学的なプロセス技術や飛行力学の原理を分析し、今後中国ほしい凧芸の普及と発展は少し参考を提供する。私は、私のレベルに、不適切なところは各位の専門家や学者、先輩サークル、有識者と靑少年の友たちについて貴重な意見や批判を指摘。
伝統的な中国の凧の芸を要約するだけの4つの字:突き、汁粉や絵、放。略称を「四芸」。簡単にできる「四芸」すなわち扎棚、糊紙面、絵花彩凧揚げを。実はこの4字の内包に幅広いのが多くて、ほとんどすべての伝統的な中国を含めた凧の芸の内容。「突き」などを含む:选、分割、曲げ、削り、次の。「糊」を含む:选、裁、汁粉やながら、校。「絵」が含まれます:色、底、描いて、染めて、修理。「を」を含む:風、線、放、調査、収める。この「四芸」の総合活用に達するたこの設計と革新のレベル。
私達の国家を非常に重視して非物質の文化の遺産の保護、2006年ご月にじゅう日、国務院の承認凧制作芸に最初の国家級無形文化遺産に登録されて。

  • 凧揚げはどれらの技巧がありますか?
  • 普通の凧のやり方
  • 世界各国の凧の特徴及び風俗
  • 凧に構造はどの何種類に分けますか?
  • 私の凧のストーリー
  • 凧の制作過程を分何歩を?
  • 凧についてどのくらい知ってますか?
  • イ坊の凧は何の有名な芸人?
  • 特技凧の材質と線の種類
  • 中国の凧芸術の概況