フランス語を勉強してどれらの教材を参考にすることができますか?

 

フランス語教材フランス語教材

 

  「フランス語』

北京外国語大学のフランス語係马晓宏など編

外語教学と研究出版社

前じゅう課音声の解説が経典。文法の説明でターゲットシステム。語匯を大きく、主に読書を中心に。口語訓練が少ない。本文の難しさに対して、それの注釈は少なすぎて、独学で難しい。ミスが多く、特に生词表ひとつに役立たないで、かなり独学。と考える人もその本文内容偏古い材料。三四冊の可能性は、フランス語専門の、比較的に難しくて、あまり実用価値を持っている。

  「Reflets』

フランス語のトレーニングセンター(AllianceFran C aise、AF)の教材。は絶対的な権威性。制造精巧。しかしそれの音声と文法は自分でまた勉強する。その学習曲線かなり切り立って、難しい。

  「新に国境はない」

フランス語でトレーニングセンター(AllianceFran C aise、AF)の採用で有名になっても、フランス語トレーニングセンター(AllianceFran C aise、A

F)で話して使わ。初級教材。作り方がすぐれている。簡単に立って行う。多くのフランス語の訓練機関はそれを使う教材を作る。

  「フランスにようこそ」

テレビの普及教育番組。初級レベル。活気がある。しかし試験までの内容は比較的に遠い。

  「PimsleurFrench』

英語で解説して。英語レベルは、人にとって、英語とフランス語語の口語は一緒に練習した。をヒアリング資料。それが見つからないの教材、提供したPDFファイルの内容も録音の内容と差が大きい。それは英語とフランス語の発音は足りない純粋な。

  「公共のフランス語の』

吴贤良、王美华編

上海語教育出版社

会話の部分を向上に。英語の注釈。勉強量は大きくない。

  「大学簡明フランス語教程』

薛建成編集長

外語教学と研究出版社

日のフランス語』と『とても似て、ただ少し増えたいくつかの会話の内容だけで。

  「フランス語速成」

王焕义、韩祝辉…など編著

北京語言大学出版社

偏重口語。進度は『フランス語』の半分を終え。単語は紹介の分類。

  フランス語教程』『中級

王庭荣編著

北京大学出版社

教材を読みます。文法によって逐条解説の類。

  「フランス語教程』

王文融編集長

北京大学出版社

口語と読書が均衡。進度の最初の。授業後は練習中に大量のヒアリングの練習があるらしい。

  「コンサイスフランス語教程』

孙辉

商務印書館

読んで、こういうのは難しすぎたみたい。

  「フランス語入門」

中央テレビ教育部編

テレビ中国放送出版社

  • 初心者はどのようにフランス語をマスターしますか?
  • フランス語の勉強の方法はどれらがありますか?
  • フランス語に独学ですか?
  • フランス語の方法学に何がありますか?
  • どのように選択するフランス語のテキストです。
  • フランス語の各種試験もあなたは知っていますか?
  • フランス語専門の就職の見通しについてはどうですか。
  • 言語の学習者は8種類の外国語習得の道のり
  • 「中国語教育資料】いくつか漢推薦教材にする
  • ドイツ語の専門参考の図書目録と資源のまとめ
  • フランス語に独学ですか?
  • フランス語の音声の発音に何か技巧か?
  • フランス語の音声の特徴はどれらがありますか?
  • フランス語の勉強の方法はどれらがありますか?
  • TNF試験についてこれらのあなたも知っていますか?
  • フランス語を勉強してどれらの教材を参考にすることができますか?
  • フランス語のアルファベットと発音はどんなか?
  • フランス語試験DFPいくら知っていますか?
  • フランス語の歴史を知っていますか?
  • フランス語専門の就職の見通しについてはどうですか。