重陽

風が急天高く猿唸る哀、渚清沙白鳥飛んで帰って。

果てない木蕭々と落ち、尽きない長江湧いて出る。

万裏悲秋よく遊びに、百年多病独登場。

つらい苦しみ繁霜鬓恨み、落ちぶれ続けながら新しい原酒。

「重陽」の巻物「重陽」の巻物


 

  • 兵三寸
  • 何もできず?
  • 何が対句する?
  • 「情景交融相談」
  • 岳陽楼に登る
  • 絶句4曲(3)
  • 诗律手ほどき(7)
  • 诗律手ほどき(8)
  • どうして「重陽」と呼ばれる「世に並ぶものなき作”。
  • 诗の中の黄河はどんな様子でした?
  • 夜舒怀旅
  • 岳陽楼に登る
  • 重陽
  • 絶句4曲(3)
  • 石壕小役人
  • 羌族の村の3曲の一つ
  • 江南逢李龟年
  • 進呈する韦左丞丈22韻
  • かぐ官軍収河南河北
  • 無家で