茅屋を秋風が破歌

八月風怒号秋刀魚、巻私屋に三重茅。

茅フィット江洒江の郊外、高い者を罥長林のてっぺん、下者漂っ転瀋池穀懐。

の南村の群童欺私はいつも無力、忍が向こうから盗人。

公然を茅に竹、唇焦口燥呼ず、帰りに寄りかかって杖はため息。

やがて風定雲になり、秋には暗い茫茫。

布布団長年寒いよう鉄、甘え児悪臥踏んで裂。

枕元屋で漏れた、雨脚如麻未断絶。

自经丧乱少ない睡眠、夜は濡れて何徹!

不安が広い建物千万の間、大避天下貧乏紳士倶に笑顔が映った!風雨は不動安如山。

嗚呼!いつか目の前に突然がそれを見て屋、我が廬独破こごえる死んでも足!

茅屋を秋風が破歌茅屋を秋風が破歌
  • 月夜
  • 実はそんなに難しくないからといえば、専門の研究
  • 進呈する韦左丞丈22韻
  • 羌族の村の3曲の一つ
  • 無家で
  • 2008年済南市中国語の答案用紙と解答
  • なぜ詩聖杜甫と呼ばれる?
  • 『茅屋を秋風が破歌」と表現した杜甫どんな胸
  • 秋風の清
  • 玉門風遠茅屋破?
  • 夜舒怀旅
  • 岳陽楼に登る
  • 絶句4曲(3)
  • 重陽
  • 石壕小役人
  • 羌族の村の3曲の一つ
  • 江南逢李龟年
  • 進呈する韦左丞丈22韻
  • かぐ官軍収河南河北
  • 無家で