無家で

寂しさの後、園廬藁アカザが。

私に百余家、世乱れて各もの。

預金者が無によると、死者は塵泥。

賎子が陣败、帰り、旧蹊。

長く見空巷行、やせた寒い日ガス、

狐と狸が、縦毛怒私が鳴く。

何もすべて近所、古い寡妻。

宿鳥恋本枝を、不安で貧乏栖。

方春独荷鋤を、日暮は畦。

县吏お知らせまで私に、召喚令习鼓鞞。

は本州から役で、内顾無所を携えて。

行方を一身近く、遠く終転ファン、

故郷は蕩尽くして、遠近かにも斉。

永痛長病母、五年委溝渓、

生私は有能、終身どの二酸、

人生は無家で、どうしてを蒸して黎。


 

無家で無家で


  • 兵三寸
  • 月夜
  • 春望
  • 石壕小役人
  • 実はそんなに難しくないからといえば、専門の研究
  • 進呈する韦左丞丈22韻
  • 述懐する1曲(これは、賊で逃げ回って帰凤翔作)
  • 羌族の村の3曲の一つ
  • あってな
  • 茅屋を秋風が破歌
  • 夜舒怀旅
  • 岳陽楼に登る
  • 絶句4曲(3)
  • 重陽
  • 石壕小役人
  • 羌族の村の3曲の一つ
  • 江南逢李龟年
  • 進呈する韦左丞丈22韻
  • かぐ官軍収河南河北
  • 無家で