進呈する韦左丞丈22韻

絹の袴は餓死、儒教の冠が多い誤身。

義父試験静聴ください陳さん、賎具。

甫昔少年日、早く充電観国賓。

読書万巻を破る、もし神筆。

賦料扬雄敵、詩を子建親。

李邕知識面を求めて、王翰願い卜邻。

自述が乗り出し、立ち登って路津なければならない。

緻くんなど、また風俗淳させる。

この意が不景気で、いい歌非隐沦。

骑驴30年、旅食京華春。

朝バックル富児の門暮に肥马塵。

不完全なカップと冷あぶる、あちこち潜悲辛。
主上頃見徴、欻然欲求伸。

青冥は垂翼、挫折することなく縦鱗。
何も知らない義父に厚く、義父は本当に。

1百僚に暗唱しました、新しい卑猥。
窃効貢公が好きで、難しい甘原宪貧。

こと心怏怏、ただ歩いて踆踆。
海が今欲東、西秦。

尚清渭滨怜終南山、振り返ってみると。
よく準紙ご飯、況を辞め大臣。

白鴎ない広々として、万裏の誰が調教。

「読書万巻を破る、もし神筆。」「読書万巻を破る、もし神筆。」


杜甫とりまく長安十年時期に書かれた求人引用の詩の中で、この曲がいい。このような社交的な詩を持って、明らかな急功得取れの企み。普通に書いて、わざと相手は本意を曲げてことは、自分を卑下しやすく、露出お髭の塵を払う、頭を下げて情けを請うの侘しいかっこう。杜甫はこの詩にはやり遂げることができず、素直に胸の内を述べる、吐いて悲憤不平の長期鬱積。これは彼を普通点。
玄宗の七年(])、韦济任尚書左丞前後、杜甫を贈られた彼は首の詩がほしいと彼の抜擢。韦济は認め杜甫の詩才ことはできないことを、実際の助けのため、杜甫は書いたこの曲「22韻」と述べて、もしどうしても道を探せない決意を離れ、長安、引退ジャンカイ。杜甫は二十四歳(735)洛陽では進士試験落選、詩を書いたときすでに13年。特に長安功名をもう三年を求めても、結局どこにぶつかって、難しい伸素懐。靑年期の豪情はとっくに化を腔愚痴憤激して吐き韦济の前に。
全体の詩を運用したコントラストが頓挫曲折な表現手法。この詩も体現杜诗「沉郁顿挫」スタイルの最初の一篇。
詩の中で対比がある場合、他人と自分を比較します;1は自分を今昔の対比。

まず他人と自分を比較。始まりの「絹の袴は餓死、儒教の冠が多い誤身」、強烈な不平の鳴き、象を河川が決壊し、空で、唯…ない。あれらの纨袴子弟、書けぬ者理に疎し、一つ一つが過ぎている脑满肠肥、鼻高高生活;彼らに心の空虚で、本は世の中の余分な人は餓死偏。象杜甫のように正直な読書人、多くは不妊を、ずっと苦しんで餓死寸前になって、誤りを尽くした事業と前途。この二つの詩、単刀直入に、鮮明に掲示した全編の主旨で、強力にまとめて社会贤愚逆さまの暗い現実。今ではなく、たいして違わないでしょうか。
「絹の袴」の「餓死する」ために「儒教の冠」と「多誤身」を書いて、軽い人は自分のために書き換える。これからの詩人をぬきにしては「絹の袴」、しっかりと自分を求めている「儒教の冠」事業に雪と墨今昔の苦楽変化、もう一度運用と対比して、濃い墨に盛られた彩重少年得意蒙荣、目下誤身を無窮の感慨。この第2の対比、詩人のたっぷりで二十四句を徹底的に、大きな浮き瀋み。

「甫昔から少年の日」から「付き風俗淳」十二句は、得意蒙荣書き。詩人铺叙追憶、抜群の才能と学問を紹介した。若い頃と遠大な抱負。少年杜甫早く洛陽であたりはとても世慣れ。彼は博学の詳しくて深くて、下笔有神。賦を自認し扬雄に匹敵すると、チャント诗眼見と曹植見合い。頭角急に露、博現代文壇にリーダー李邕の詩人、王翰のめがねにかなう。その卓越した才能をすらりと美しいのように、彼は無邪気に功名とを求めて、登って出世の道は、お茶の子さいさいこと。その時は夢の実現し君などに、風俗を淳」の政治理想。詩人の筆に書いて、おごり高ぶっている、ではあるが、得意満面、睥睨一切。こんなことを書いて、自分を知るためにも韦济の人物を、しかし更に重要なのは自分の身を強調した。

「この意が不況」から「挫折することなく、縦鱗」で十二句書いて身を誤って、前の文と強烈なコントラストを形成して12。現実は殘酷で、「路津」は、すでに「絹の袴」語っ、主観的願望と客観的な現実の矛盾は非情に嘲弄して詩人。詩人の繁華街を見て、都の旅客の生涯:何年、詩人がしばしば痩せロバに乗っ条、繁華街のあちこち走り回ってつまずいて転ぶ。朝人の扉たたいて豪、さんざん纨袴子弟の白眼;夜につれて肥马帆のほこりを尾貴人鬱々として。長い間、関白らの殘飯で検討生活。しばらく前の詩人は朝廷に参加した司会の一度ッター誰料試験、この試験が奸相李林甫企画の忌才の大ペテン、「野に遺賢なし」の逃げ口上の下、詩人や他の受験タクシーは全部落選した。これは詩人は打撃は、ちょうど靑い空の大鵬は下げたようで、ハエ、漫遊遠洋の鯨オオサンショウウオぱっとが自由を失って。詩人の誤身を苦痛、不幸が最高潮に達した。
「非常に恥じる義父厚」の最終篇の詩を書い韦济詩人に感謝、期待外れ、決心で名殘の矛盾を複雑な気持ちを去る。その波乱の人生の道の上で、詩人はこれ以上我慢はできないような貧困学生のように孔子原宪ました。彼は韦济に尚書左丞をひそかに喜んで、まるで漢聞いた親友王吉升禹貢官ぬか喜びする。詩人はなんと希望韦济が自分により実際のようです!しかし現実はすでに証明願いは不可能だった。詩人の自分で強制的にそんなにしかないのにどうしても不平不満、もうすぐ去ってもそこに顾瞻俳優徊。あやまりをド引退ジャンカイの上に、詩人は悔しい、もやむを得ない。彼は自分に曾寄は希望の帝京、かつて「ご飯の恩」の韦济、そんな名殘惜しい、忘れ難い。でも仕方がない、最後に毅然と引退しかないような白鴎のようで飄々とはるか万裏波の間に。「思深い曲、極鳴悲激怒する」(方东树『昭昧セン言』)。
「白鴎ない広々として、万裏の誰が調教!」構造手配から見て、この結末は百转千回に強いますから、まるで峰突起末の勢いはますます壮。まさに浦から龍が指摘する「締め高絶」(『読み杜心解」)。董修養も「篇で……詞ガスらい落、睨宇宙だから、公は眠く踬中、英鋒俊彩も挫折も少ない。」(再引用する自仇兆鳌『杜诗詳しく注』)を詠んだという曲終高奏、詩人の靑年期の英気豪情に改めて私たちの心の激動。詩人の耐える浮世の試練は、厳しい現実社会に不合理屈服を示し、一種の靑い海に羽ばたく衝撃力。
  

 

  • 行路難し3曲(二)
  • 古風(46)
  • 李白の詩の情感を表現する意向
  • 望岳
  • 羌族の村の3曲の一つ
  • 大詩人杜甫なぜ長年やってホームレスなのか?
  • あなたの知っている「詩聖"杜甫ですか?
  • あなたが読んだ杜甫運用対比最高の詩ですか?
  • 玄宗どうして信じるっ野に遺賢なし?
  • 楽山の杨雄ご存知ですか?
  • 夜舒怀旅
  • 岳陽楼に登る
  • 絶句4曲(3)
  • 重陽
  • 石壕小役人
  • 羌族の村の3曲の一つ
  • 江南逢李龟年
  • 進呈する韦左丞丈22韻
  • かぐ官軍収河南河北
  • 無家で