印刷包装業

社会の発展につれて、印刷業界、包装業界製品も高まり、大型の印刷設備が入った浄化ブース内で、このように大いに印刷品質の製品の合格率も大幅に上昇する。これも浄化業界と印刷業界最高の融合。印刷の最も主要な体現製品の塗装の空間の環境の温湿度、微塵粒子の数に、直接製品品質、合格率から制関重要な役割を、包装業界の最も主食品の包装と薬の包装二つの面が空間環境温湿度、空気中の微塵粒子数、水質品質面。もちろん、生産者の規範化の操作プログラムも制関重要な。
      
印刷のクリーンルーム印刷のクリーンルーム
製品の塗装が塵室がない
      無塵塗装は钢质サンドイッチパネル構成独立閉鎖式生産現場を有効にろ過不良空気環境製品の汚染を塗装区内の塵および製品の不良率。クリーン技術の応用をさらに向上した製品外観品質、例えばテレビ/パソコンや携帯電話の外側、DVD / VCD、ゲーム機、ビデオ、PDA掌にコンピュータ、カメラケース、音響、ブロー筒、MD、化粧合、玩具などワーク。
プロセス:上件区→手動集塵→静電集塵→手動/自動スプレー→乾燥区→UV漆固化区→冷却区→乳化区→品質検査区→受け取る区。
経済が発展するにつれて二十一世紀に入って、世界に直面して、日に日に環境浄化を重視して、お客様は製品の表面処理の厳しい要求。弊社から参考に導入の国内外の先進的な環境保護塗装技術及び作製プロセスは、その協力、指導、努力によって、先進技術と長年深い係の工事施工経験、経験して、相前後してユーザーを計画、設計、制セット:自動塗装設備、無塵塗装設備、粉体.液体静電気塗装設備、UV光硬化塗装設備、自動塗装生産ライン、金属塗装生産ライン、プラスチッククリーン塗装ライン、家具.木器塗装ラインなどオートメーション輸送ライン、組立ライン、輸送設備、乾燥設備及び無塵塗装工場全体計画、設計などの工事プロジェクト。

食品包装のクリーンルーム

食品包装のクリーンルームを証明する仕事に満足して、証明しなければその満足した次の準則の要求:

いち.食品包装のクリーンルームの風量は十分で、十分に希釈や室内の発生の汚染除去。

に.食品包装のクリーンルーム内の空気はクリーンエリアに清潔な程度の地域差が流れ、汚染空気の流れを最低レベル、空気は玄関先や室内建築中の流れ方向が正しく。

さん.食品包装のクリーンルームの送風著しい増加は室内汚染。

よんしよ.食品包装のクリーンルーム室内の空気の運動の状態を保証できない高濃度が集まる地域密室。

もし潔净室上記これらのガイドラインの要求に達し、その粒子濃度測定または微生物濃度(必要時)し、その規定のクリーンルームの標準に達した。

食品包装のクリーンルームのテスト:

いち.風量と列ヒータ:もし乱流潔净室ば、その風量を測定すると列風量。もしは片側流潔净室は、その風速測定。

各区の間に.の気流制御:各区の間を証明する気流運動方向が正しく、つまり、クリーンエリアに清潔さ度の地域差が流れ、検出:なければならない(いち)各区間の差圧正確にする(2)の入り口に、床や壁などに開口部気流運動方向が確かに、つまりクリーンエリアからきれいさに差の地域の流れ。

さん:.フィルター漏れ効率フィルターとアウトラインを検査を保証するため、浮遊汚染物質を抜けてない:

(いち)壊したフィルターにする(2)とのフィルター枠の隙間で;(さん)フィルター装置のその他の部位を室内に侵入して。

よんしよ.隔離漏れ:このテストは証明するために浮遊汚染物質を清潔净室建築材料に侵入しない。

ご.屋内気流制御:気流制御テストタイプなら依潔净室気流モード――乱流は単流によって。もし潔净室気流を乱流なければなりませ验明室内は気流運行不足の地域。もし一方流潔净室なければなりませ验明全体の室内の風速と風向きは設計の要求に合って。

ろく.浮遊粒子濃度や微生物濃度:もしこれらのテストの要求は、最後に対して粒子の濃度と微生物濃度(時)を測定するために、验明その潔净室デザインの技術的条件に合緻する。

ななしち.他テスト:上記これらの汚染制御に関する検査を行わなければならない以外、時には下記の一つあるいは若干テスト:

●●●室内温度相対湿度加熱冷却容量●●●振動騒音値光照度値

薬の包装クリーンルーム

1 . GMPを探しに薬の包装工場浄化工程の環境制御要求:

いち、提供の生産に必要な空気浄化レベル、包装工場浄化工程内の空気の塵の粒数と生きている微生物定期検査や記録、レベルが異なる包装の工場間の静圧差を維持するべき規定数値で、

に、包装工場浄化工程の温度と相対湿度により生産工芸の要求に適応すべき、

さん、ペニシリン類、高致敏性や抗腫瘍類の薬物の生産区域設置するべき独立のエアコンシステム、排ガス浄化処理、

よんしよが生じるの部屋は、粉塵を有効に設定された除塵装置、粉塵の交差汚染防止、

ご、倉庫等補助生産室、その通風施設と温湿度とする薬品の生産及び包装要求に応じて。

2 .探して薬の包装工場浄化工程>清浄度パーティションや換気回数:クリーンルームは厳格に制御する空気の清潔さ度、環境の温度、湿度、新鮮な空気量と差圧などパラメーター。

いち、薬品の生産及び包装工場の浄化レベルや換気回数の薬品の生産及び包装工場浄化工程空気の清潔さ度に分けてひゃく級、

いち万級、じゅう万級、さんじゅう万級よんしよレベル。確定クリーンルーム換気回数、必要に各風量を比較を取って、最大値。実際に、ひゃく級換気回数は300~400回/h、いち万級は25~35度/h、じゅう万級をじゅうご—にじゅう回/h。

に、薬の包装工場浄化工程清潔度パーティションの薬品の生産及び包装環境清潔さ度の具体的なパーティションに浄化度標準GB。

さん、包装工場浄化工程網環境パラメータの確定

よんしよ、包装工場浄化工程の温度と湿度潔净室温度と相対湿度に該当するべき薬品の生産工芸。

温度:ひゃく級といち万級をにじゅう~23 ~ C(夏)、

じゅう万級とさんじゅう万級を24~26~C、一般区26~27~C。

ひゃく級といち万級属無菌室。相対湿度:易吸湿薬品45%50%(夏)に、一錠などの固体製剤50~55%、水針や内服液55~65。

ご、クリーンルーム圧力を維持する室内の清潔さ度を保つ必要室内正圧。が生じる粉塵、有害物質、生産ペニシリンアレルギー薬類強性などの生産のクリーンルームを阻止する外部汚あるいは地域の間にまたを相対負圧。清潔度レベルが異なる部屋の静圧染めの流入と内部の空気の流出。室内は正圧を維持するには、隣接する差5Pa部屋より、クリーンルームと屋外の大気の差は10Pa静圧。

  • 電子製造業
  • 浄化工程
  • 医療衛生類
  • バイオ製薬
  • 浄化工程空調冷凍案の紹介
  • 光電光学係
  • 印刷包装業
  • 日用消耗品類食品