太極拳の练習の注意事項がありますか?

二、太極拳の练習の注意事項
いち。太極拳のトレーニング方法
いち)心を静めて意図を自然に呼吸、すなわち拳法を習得する要求に導く思想静かに集中し、動作、呼吸平穏で、深い均等な自然は、無理して息が詰まる、

に)で正安舒、ゆっくり体を柔らかく、すなわち舒松自然、片寄らないよう、動作行雲流水、なめらかに均等に緩、

アクション弧さん)、圆活完備、すなわち動作が弧形スパイラル、転換圆活鹿をしないと、腰を軸について、全身全体構成、

よんしよ)一貫して協調、虚実がはっきりしているが、すなわち動作スルスルと、接続、至る所に見分ける虚実、重心安定を保つ、

ご)霊瀋着、剛柔、すなわち一つ一つの動作も軽い瀋着、浮き気まずくない、外柔内剛しなければ、ばかり、完全な弾力があり、使用できない拙力。  

太極拳の练習の要領に。
いち)虚領頂力向上に:首を維持するように、正直、松を回転することができる、

胸に)を抜いて背中、瀋んで肩垂肘:つまり胸をくわえなければできないでとても、肩竦めて瀋んで、肘を上げないで垂れて、全身自然リラックス、

さん)手眼に応じて腰を軸に、足を伸ばしていいよう猫、虚実見分けることに呼応しなければならない上に、一体になって、要求のアクションから意に発して、腰に手を動かし、目についでに回転して、両下肢弓步虚と歩と交代して、足にまじめで、遅いから軽く置いて音がない、

よんしよ)動に求静、動静の結合:つまり肢体動で頭が静かに集中し、思想上、

ご)式は平均して、連綿と続くことがすべての動作速度一式均一で、各種の間は連綿と、全身の各部位の筋肉舒松協調を緊密に接続、

ろく)太極拳を要求を意図的に運用腹式呼吸呼吸の深さを改善して、それによって呼吸器がと血液循環、

ななしち)の太極拳の练習は天から和尚にはなれぬの過程で、根気よく続けてする必要があります;同時、練習している時はよろしく参観、相互の勉強と交流を通して、信じて真剣に练習と不断の努力をしても、トレーニングの効果を受け取ることができる。

  • 太極拳の基礎の入門編
  • 陳太極拳74式ビデオ
  • 太極拳はどう進む?
  • 太極拳の基礎の入門するビデオ
  • 24式太極拳全動画分解動邱慧芳モデル
  • 太極拳の拳には空拳は実拳?
  • 太極拳の実戦の用法に絡ん進歩引っ越しをたたく
  • 太極拳の拳には実拳は空拳
  • 呉アミン48式太極拳分解教育
  • 独立托掌式どうやって、慎重で伸びやかに勢いがある?