退歩跨虎式の特徴やポイント?

退歩跨虎」式の特徴やポイント?
48式の「後退式クロス虎」から呉式太極拳、姿勢や動作を要求二者は基本的に同じ。その特徴は独立歩バランス、右側に座って腕立掌を支え勾手前、左手を挙げては、左の背後には、両手とともに高い肩平(呉式太極拳は左腕平肩より左腕、右手は、軽微な違い)、左足よう直非直、膝を持って、体の前最高にできるひざ股)、右手以上と左足をほぼ下に対し、つま先に抱きつき必要はない。目を左に。
この動作時の注意以下のいくつかのポイント:
(いち)左向け左腰、頭を。
(に右手を右に掌を支えて、左手勾手左後方中段、対称牽引、上体を広げる。
(さん)と右手左足に対し、足首は少し内に掛けて、左ひざ正面へそ(図5-28)。

  • どのように打ち出す六時のような直球?
  • パルクール新米どれらの力が必要とされる素質の訓練?
  • フットサル運動の特徴は?
  • テコンドーの基本的な動作
  • 何で部位のドリブルのですか?違う部位はどんな特徴がありますか?
  • どう戦士第二式?
  • 詠春拳の特徴は?
  • 龍鳳茶の実行の標準のものがありますか?
  • 独立托掌式どうやって、慎重で伸びやかに勢いがある?
  • フットサルの特徴は?
  • 太極拳の基礎の入門編
  • 陳太極拳74式ビデオ
  • 太極拳はどう進む?
  • 太極拳の基礎の入門するビデオ
  • 24式太極拳全動画分解動邱慧芳モデル
  • 太極拳の拳には空拳は実拳?
  • 太極拳の実戦の用法に絡ん進歩引っ越しをたたく
  • 太極拳の拳には実拳は空拳
  • 呉アミン48式太極拳分解教育
  • 独立托掌式どうやって、慎重で伸びやかに勢いがある?