24式太極拳の用法を乗せる雀尾

太極拳先达谭孟贤さん曾著『八法歌诀」、その中で刺す、しごき、込んで、別の各力法の記述は次の通り:
掤法歌:掤義解ばかりか、水のようにマイナス舟行;実丹田ガス、回きつい直属の懸;全身スプリング力、開閉きっと間、任彼方千斤の力も難しくない、漂う。
しごく法歌:しごく力義はなぜ、案内を任せるまで;て勢力を取引の延長を舎てない、軽くて頂、力を尽くして自然の空、重心は維持され、敵には。
絞り法歌:混んだ義はなぜ、時には2方;単純な意味に迎合して;間接反応力、例えば球衝突壁、またお金を投げドラム、活躍铿然躍声。
歌:ばかりに法に義はなぜ、運用水行;柔らかい中にすでに寓剛、急流の勢いを伴い;遇高则澎満、逢窪潜水波が起伏に、、孔必逃げ回っ人。
以上の形式で歌诀解釈4フォアハンドの使い方や意味、要領が简括。いくつかはっきり言われているが:
いわゆる掤(いち)は、1種の守備法門は、人との手伝う時には必ず用の全部、腕の弧円アーチ力で敵を防ぐよう相手に圧力を加え。特にプロモーターのときに、キャッチャーは須まじめ、例えば無掤勁、つまり相手に乗って。タイミングにも使えるし、掤力を人。力発人を選ぶのは適切なタイミングと接触点発力。チャンスは私ばかりされた相手の重心動揺した刹那、力点最高は相手の関節。その要領は、形式上でし掤腕、実は上は足腰で工夫を意気。必ず「先に実丹田ガス、回きつい直属の懸」は、全身のスプリング力に集中して
で。
(いわゆるしごくに)は、一種の化を積極的に受動的、化守を攻めの法門。形の上では私の手をそれぞれ接続相手の腕と肘関節、自分の抗を相手に合わない、進撃の力と方向でのホメオパシー取る、先方が重心することを少し力を加える前傾向きに前に倒れて、身の斜め後ろには。動作の要領で、全足腰と意気は腕の力の形式上。まず自分の重心安定しなければならない、「順其て勢力を取引の延長」の目的は、相手が「力を尽くして自然の空」。
(さん)という押し合いをして、は進撃の法門。近くで腕腕端で相手を。混んでタイミングは相手から自分を尽くす所で押し合い勢になって。一は落ち着いて自分はされる前に取引の重心が押し合い、二に傾倒させる方向後ホメオパシー。相手がしごきまで私に最も尽くす時、その重心亦必一番後ろに座って、ほとんどに含み、私は頑張る、さらにつぶしやすい。時を相手の姿も背中勢に、突然の短い爆発力をつぶして相手ばかり、発。だから、絞りの使い方が両方:側は「間接反応力」がされ、しごき精彩を欠くをで「球衝突ホメオパシー——壁”;一方は自発的に押し合いを――「お金が、投げ太鼓」と、短い爆発力突然つぶして相手。
わりこむ時は手の腕は前に、一方の手で後に圧力を加えることができないが腕の力で、足腰でなければ、イタリア、ガス、力をあわせて。絞りの姿勢にもあるが円満に。瀋んで肩垂ひじ、かげでは、頭上が容、くわえて胸を背中、川下内転、臍に力を入れる。上体が前のめり。
(いわゆるよんしよ)には、攻撃の法門であり、人の攻撃本能乃以片手や手ツイ相手の簡単な方法。しかし普通の真っ直ぐにツイ押す、よく作用は大きくない。太極拳の押しするが、開閉の意味が進む後退昇降の勢い。時間どおりに利用できない腕猛で短い切れにツイ撃力、その作用は大きくなくて、足腰の力を借りでなければ、足腰を前に伸ばしては長くて瀋んでばかりの内を通じて、腕を発揮、相手に長い緩。時間どおりにしなければならないので、5指グリップ、頂懸の体は、瀋んで肩垂肘を抜いて、胸を集め、松股尻。

  • 太極拳は、身法はどれらの要求か?
  • スロー練習は運動量が小さいので、ない若い人向きの?
  • 纏糸--太極拳の共通の遺伝子
  • 小天球――普及版=v=
  • 太極拳はどう進む?
  • 『太極拳論』釈義
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳内功ですか?
  • 太極拳はどれらの利益があり
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • 太極拳の基礎の入門編
  • 陳太極拳74式ビデオ
  • 太極拳はどう進む?
  • 太極拳の基礎の入門するビデオ
  • 24式太極拳全動画分解動邱慧芳モデル
  • 太極拳の拳には空拳は実拳?
  • 太極拳の実戦の用法に絡ん進歩引っ越しをたたく
  • 太極拳の拳には実拳は空拳
  • 呉アミン48式太極拳分解教育
  • 独立托掌式どうやって、慎重で伸びやかに勢いがある?